1歳~3歳児 子供の健康・食事

なかなか食べてくれない!1歳児の食べムラに困った時の対処法5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

母乳やミルクが中心だった赤ちゃんも、1歳を過ぎると離乳食の量が増えてきますね。

でも、そんな時に困るのが「食べムラ」

同じものばかり食べたがったり、逆に心配になる程食べてくれなかったり。

それが朝・昼・晩と1日3回続くと、ママのストレスもたまってきます。

そんな1才児の食べムラに困った時の対処法をお伝えしていきます。



1歳児の食べムラ 原因

まずは、何故食べムラがおきるのか?その原因を見ていきましょう。

①食べることに飽きる

ミルクから離乳食に変わったばかりの時は、自分の口に食べ物を入れることや、固さやのどごしがあることに興味を持ち、食べることが楽しい時期が続きます。

それに飽きてしまうと、楽な母乳やミルクに戻りたくなったり、食べること自体に興味が持てなくなることも。

また、好物だからと同じものばかり出していないでしょうか?そのメニュー自体に飽きている、ということもあります。

②お腹がすいていない

月齢によって平均的に食べる量が目安としてありますが、赤ちゃんによってはよく食べる子、食の細い子もいます。

その子にとっては今食べているもので充分で、それ以上たべることが苦痛なのかもしれません。

また、お腹がすく程動いていないという可能性もあります。

③食事に集中できない

まだまだ生活リズムが整っていない赤ちゃん。

まだ遊びたかったり、逆に遊んで疲れている時は、なかなか食事に集中できないこともあります。

遊んでいるのに食事で中断されてしまうと、それもストレスになっているのかも。

時間を決めて椅子に座って食べることを苦痛に感じる場合もあります。

また、食事中テレビをつけているということはありませんか?

他の刺激があると赤ちゃんはそちらに気持ちが無いてしまい、食事に集中できなくなってしまいます。

1歳児の食べムラ 対処法5選

では、具体的に食べムラが始まった時にどうすればいいのか、その対処法を見ていきましょう。

①無理に食べさせようとしない

ママの方が食べてくれないことにイライラして、無理に食べさせようとしていませんか?

逃げる子供を追いかけてでも食べさせたりなど、ママからプレッシャーがあると、余計に子供は萎縮して食べづらくなります。

無理に食べさせられた、という記憶が残ってしまうと、ますます食べることが嫌いになってしまいます。

時間を決め、それでも食べないようなら食事を切り上げましょう。

②全部食べれた!という達成感を大切に

たくさん食べて大きくなって欲しい、きちんと栄養をとって欲しいと思うあまり、赤ちゃんが食べきれないほどの量を盛りつけていませんか?

たくさん入れて残ってしまうより、少量を盛りつけて「全部食べれた!」という達成感を感じられるようにしましょう。

まだ食べられるようなら更に少しずつ盛りつけていきます。

一回に少量を作るのは大変なので、まとめて作って残りはフリージングしておくようにしましょう。

③離乳食の固さ・味を変えてみる

月齢が進めばこれくらいの固さは大丈夫、という目安はありますが、そこまで赤ちゃんの口が発達していないと、飲みこみにくかったり、食べた時に違和感を感じることがあります。

とろみをつけてのどごしを良くしたり、やわらかめにしたり、逆に大きく固めにして噛みごたえを楽しむようにするなど、変化をつけるようにしましょう。

また、慣れ親しんでいるミルクの味付けにしてみたり、いつもとっているだしの種類を変えてみたり、変化をつけて興味をひくように工夫してみましょう。



④自分で食べる

お母さんから食べさせられるということが嫌なのかもしれません。

思い切って自分で食べさせてみましょう。

小さく一口大にしたおにぎり、サンドイッチ、野菜スティックなどが食べやすいメニューになります。

最初は遊んでばかりかもしれませんが、自分で自由にしたい欲求が充分満たされると、「食べようか」という声掛けにも素直に応じます。

周りにシートなどをひいて、汚れることを気にせず、自由にできる環境を整えましょう。

⑤ママがおいしそうに食べる

人が美味しそうに食べていると、それを食べてみたいなぁと思うようになります。

赤ちゃんにご飯を食べさせてから自分のご飯を食べるママが多いですが、一緒に食事をとることで、食べることは楽しいというイメージを持たせましょう。

ただ、その時には、大人の濃い味付けのものを欲しがっても、くれぐれもあげないように。

赤ちゃんの離乳食をママが美味しそうに食べると、興味を持ちやすくなります。

女の子ならおままごとを一緒にして、用意してくれたものを「おいしい!」「ありがとう!」と喜んで食べるところを見えると、いいイメージングになります。

1歳児の食べムラ ママががんばりすぎないことが大切

その時同じものばかり食べたり、逆に全然食べようとしなかったりと、食べムラが多くなる1歳児。

その度にママがイライラしたりしがちですが、あせる必要はありません。

ママはがんばりすぎず、ゆったりと子供の様子を見るよう心がけることが大切です。

1週間を通してバランスがとれていればOK!ぐらいに考えて、おおらかな気持ちでこの時期を乗り越えましょう。

この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします