妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊婦の健康・食事 家計・暮らし

妊娠中に医療保険に入る?入らない?両方の意見をまとめてみました

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

これから出産を迎えるプレママさんは、今、赤ちゃんの誕生を楽しみに待っているところですね。

無事に何事もなく出産を迎えられればよいのですが、切迫早産、緊急帝王切開など、出産にはリスクが生じる場合もあるので、楽しみな反面、不安もあるかと思います。

もしも、今の時点で医療保険に入っていなければ、妊娠中の今からでも、入った方がよいのか、入らなくても大丈夫なのか。

そんな疑問を持つ方へ、それぞれの意見をまとめてみました。



妊娠中、医療保険に入らない派

まずは、「入る必要がない」という意見を見ていきましょう。

そもそも、何故医療保険に入るのか。

それは、もしもの時に備えておくためです。そのもしもが今必要なのか、という点から考えていきます。

普通の出産の入院では入院給付金はもらえない

まず大前提として、出産の時に医療保険から何か保障があるかというと、正常分娩による入院では給付金はもらえません。

出産は病気ではないからです。

ただし、出産にかかる費用は30~40万円が平均的な額なので、ほぼ出産一時金でまかなえることが多く、特にそれ以上の保障を備える必要がないと言えます。

妊娠中に医療保険に入れるのは妊娠27週まで

妊娠中でも医療保険に加入することはできます。ただし、「妊娠27週まで」と条件がつく保険が多いのが実情で、それ以降は加入すらできない場合があります。

そして、27週までに加入しても、妊娠していると子宮関連での保障は1年間不担保という条件がつきます。

そうなると、今回の妊娠に関して、帝王切開などの異常分娩に備えて何か保障が欲しいという方は、医療保険に入る意味はないと言えるのです。

そもそも医療保険は必要ない

最近の傾向として、入院しても日数が短くなってきています。

日数が少なければ、そこまでもしもの時に備える必要がない、という考え方もあります。

保険という形ではなく、もしもの出費に備えて普段から貯蓄がしっかりできていれば、医療保険という形をとらなくてもいい、と考える人も増えてきています。

妊娠中でも、医療保険に入る派

では今度は、「それでも今、医療保険に入っておいた方がいい!」という意見を見ていきましょう。

次のリスクに備えるために

今回の妊娠での帝王切開や切迫早産は対象外になることが多くても、今入っておくメリットとしては、「次の妊娠やそれ以外の今後病気になった時のリスクに備えられる」ことです。

例えば、今回もしも帝王切開での出産になった場合、出産後に医療保険に入ろうとしても、その後数年間は妊娠中のトラブルや子宮関連の病気は保障されない(保障されない期間が決まっていることもあり)という条件がついたり、保険によっては、一度帝王切開すると医療保険に入りにくくなることもあるからです。

出産件数のうち、5人に一人は帝王切開をするというデータも出ているので、是非備えておきたいですね。

年齢が上がるごとに増える女性の病気のリスク

妊娠出産など、男性よりも体への負担が多く、その後も年齢が上がるごとに、子宮・卵巣・乳房など、女性だけにある身体の部分での病気のリスクが上がってきます。

30代では子宮内膜症や子宮筋腫・卵巣嚢腫などのリスク、40代に入ると乳がんのリスクが高まり、50代では更年期障害にも注意が必要になってきます。

出典:女性特有の病気はいつかかる? 発症する可能性を年代別にチェック 



元気なうちに加入することが基本

保険の基本は「元気なうちに加入しておくこと」 

何かあってからではその後保障できる範囲が少なくなってしまうので、何もないうちに入っておくというのが一つの考え方となります。

妊娠したということをきっかけに、保険に対する意識が生まれたなら、大きな病気に掛かる前に、一歳でも若く保険料が安いうちに入っておくというのも一つの選択肢です。

すでに加入している人は解約せずに継続を

そして、すでにもう医療保険に加入されている方は、解約せず、是非継続しておきましょう。

今回の妊娠で帝王切開になった場合など、保障をしっかり受けられます。

掛金などの面で見直す場合は、出産後に行いましょう。

今回の妊娠にも適応される医療保険もある!

最近では、妊娠中に加入でき、しかも今回の妊娠中のトラブルにも対応してくれる保険もあります。

それぞれの保険によって細かな条件などが異なるので、よく検討してみましょう。


「EVERYONE」(エブリワン)
 エイ・ワン少額短期保険


ABCおかあさん保険
 ABC少額短期保険


なでしこ共済
 フローラルクラブ
 

もしもに備えてご夫婦で話し合うことが大切

どちらの意見も見てきましたが、いかがだったでしょうか。

考え方はそれぞれなので、よく検討して自分の家に合う考え方を選択しましょう。

一番大切なことは、お子さんが生まれることをきっかけに、もしもの時を考えて、今の保障で備えは充分かどうかを、夫婦で一緒に考えることです。

この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします