幼稚園・保育園

我が子が友達を引っ掻きor噛み付いてしまった際の親の対応方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供が保育園でお友達に引っ掻いたり噛み付いてしまったり…お悩みのママもいると思います。

その時の子供はどういう心理なのでしょう。それを知った上で私たち親は次の行動に移らなければなりません。

お友達を傷つけることは悪いこと。やっぱりやめさせなければなりませんよね。それではどのように対応したら子供のそのような行動はなくなるのでしょうか。



なぜ引っ掻いたり噛み付いたりしてしまうのか

お友達の事を引っ掻いたり噛み付いたりするのは何か理由があると思います。

まずはどのようなときにそのような行動をとってしまうのかみていくことにしましょう。

言葉でうまく伝えられない時に

子供は成長とともに自我が芽生えます。

またお友達とも一緒に遊びたいと思い関わろうとする時期でもあります。

「これがしたい」と思った時に言葉で自分の思っていることを上手にお友達に伝えられなかったとき、そのもどかしさから引っ掻いてしまったり噛み付いてしまったりすることがあるのです。

引っ掻いたりすることで意思表示をしているのですね。

喧嘩になった時の攻撃手段

お友達と喧嘩になった時、叩いたり蹴ったりするのと同じように、引っ掻いたり噛み付いたりがひとつの攻撃手段となります。

引っ掻きや噛み付きを未然に防ぐには

成長の過程で意思が思い通りにお友達に伝わらないなど、引っ掻きや噛み付きには理由があることはわかりました。

しかしやはり、お友達を傷つけることは良いことではありません。

保育園など離れている場合はママが未然に防ぐことはできませんが、一緒にいる場合に未然に防ぐ方法をお話したいと思います。

目を離さない

引っ掻きや噛み付きがある時期は目を離さないことが基本です。

おもちゃの取り合いなどが起きないように注意して見守りましょう。

おもちゃを取り合わなくて済むように、なるべく同じようなおもちゃを準備するのも未然に防ぐひとつの手です。

体を使って遊ぶ

おもちゃの取り合いが起こりそうな場合にはおもちゃを使わないような遊びをさせてみましょう。

体を使って遊ぶことでイライラを発散することができます。

追いかけっこをしたり体いっぱい動かすことを心がけてみてください。



それでも引っ掻きや噛み付きが起こってしまったら

注意して見ていてもお友達を引っ掻いたり噛みついてしまう場合もあると思います。

そのような場合どのように対応したらいいのでしょうか。

叱るだけではダメ

お友達を引っ掻いたり噛み付いてしまったら、「そんなことしちゃダメでしょ!」と叱るだけではいけません。

子供は納得することができませんし、余計にイライラが溜まってしまう結果となります。

傷つけてしまったことはいけないことだけど、まずは子供の気持ちを受け止めてあげましょう。

自分の気持ちをわかってくれていると知ることが大事

お友達を傷つけてしまったら叱るのでは何の解決にもなりません。

子供は自分の気持ちを親にわかってもらいたいはずです。

まずは子供の気持ちに共感してから噛み付いたりしたら痛いことを教えてあげましょう。

子供は親が自分の気持ちを理解してくれている…ということがわかると、気持ちが落ち着きます。

気持ちが落ち着くだけで引っ掻いたり噛み付いたりする行為がなくなることもあるのです。

引っ掻いたりしないでどう解決するか教えてあげましょう

「噛み付いたら痛いんだよ」と教えたら、ではそんな時引っ掻かないでどうしたら良かったのかを教えてあげましょう。

たとえば「引っ掻かないでおもちゃ貸してって言ってみようか」と。

落ち着いたところで親に言われた言葉、子供はちゃんと理解して聞いています。

どうすれば良かったのかわかれば、徐々に言葉で伝えられるようになるでしょう。

引っ掻いたり噛みついたりする時期はちょっとだけ

子供がお友達を引っ掻いたり噛み付いたりするのは理由があることがわかったと思います。

お友達との関わりで自分の気持ちが上手に伝えられなったもどかしさから行われる行為です。

成長と共におしゃべりも上手になりますし、自分がしたくても思い通りにならないことを知り我慢することも覚えます。

引っ掻いたり噛み付いたりする時期は今だけ…と考えて、根気よく気持ちを認めてあげることを続けてみてください。

必ずいつか終わりますから。

さいごに

いかがでしたか?

子供がお友達を傷つけてしまうことは親にとっては一大事です。

引っ掻いたりすることが悪い事、「そんなことされたらお友達が悲しむよ」と伝えるだけでも、子供はしてはいけないことと理解するかもしれませんね。

また噛んでしまったらどうしようと、子供同士の距離をおかせるのではなく、見守り未然に防ぐというやり方で子供達の友達関係を楽しいものにしてあげてください。


この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と5歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします