妊娠中期 妊娠初期

妊娠中期の破水の原因とリスクと見分け方!「破水かも!?」と思ったらすぐに病院へ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠中期は、妊娠5~7か月にあたります。

いわゆる安定期に入り、つわりやお腹の張り・頭痛・貧血などが比較的楽になってくる頃ですね。

中には気分転換に旅行に出かけたり、なんて方もいます。でも安定期は決して『安全な時期』ではありません。妊娠中はいつだって何が起こるかわかりません。

特にもしも破水してしまった場合は、すぐに病院に行くようにしてください。



破水4種類!「前期破水」と「高位破水」は要注意

破水には、以下4つの種類があります。


【適時破水】 
陣痛が始まり、子宮口が最大になった分娩間近に起こる正常の破水。

【早期破水】
 陣痛が始まり、子宮口が最大になる前に破水すること。

【前期破水】(要注意) 
陣痛がくる前に起こる破水。

【高位破水】(要注意) 
子宮の上部が破れて起こる破水。


このうち妊娠中期に気を付けたいのは【前期破水】【高位破水】の2種類。

まだまだ正産期には遠く、起こってしまうとリスクが伴うので早期に対応することが大切になります。

妊娠中期の破水の原因3つ

妊娠中期の破水の原因は以下の3つです。


原因1、感染症

原因2、子宮頚管無力症

原因3、重たいものを持ったときなど、腹部に強い刺激が加わったとき


特に②の子宮頚管無力症は初めての妊娠・出産では気づきにくいものとされ、破水とともに子宮口も開いて切迫流産・切迫早産に繋がってしまうこともあります。

妊娠中期の破水によるリスク:感染症

まず1つ目のリスクが、感染症です。

破水により赤ちゃんを包んでいる膜が破れると、赤ちゃんは子宮の中にいるとはいえ膣を通して外界と繋がりができてしまいます。

時間が経つほどに膣を通して少しずつ子宮の中に雑菌が増え、赤ちゃんが感染症にかかってしまう恐れが出てきます。

妊娠中期の破水によるリスク:羊水の減少

破水すれば、赤ちゃんを包んでいる羊水が少しずつ減少していきます。

羊水は赤ちゃんにとって無くてはならないもの。

羊水がないと赤ちゃんは子宮の壁に圧迫されるようになり動きづらくなったり、臍帯が壁と身体の間に挟まれて窒息してしまうこともあります。

苦しくなれば当然赤ちゃんの心拍も下がります。

妊娠中期の破水によるリスク:早産

早産の兆候の代表的なものが破水です。

早産は赤ちゃんの身体が未発達の状態での出産になります。無事に産まれたとしても、しばらくは保育器の中で過ごし、障害や後遺症が残る可能性もあります。

妊娠中期の破水によるリスク:死産

破水していることに気づかずにいると、最悪の場合お腹の赤ちゃんが亡くなってしまうこともあります。

特に高位破水のように少しずつ破水が起こっていると、おりものや尿漏れと勘違いをして対応が遅くなりがちです。



「破水したかも…?」と思ったら

もしかして…と思ったら、早めの対応が大切になります。何もなかったらそれで一安心。赤ちゃんのことを最優先に考えて行動できるようにしたいですね。

羊水の特徴

一般的に羊水は【生臭い】【透明、もしくは黄緑か黄色】【自分の意思で止められない】という3つの特徴があります。

対しておりものは【酸っぱい匂い】【透明、もしくは白っぽい】【水っぽい】【アンモニア臭】という3つの特徴です。

実際に破水が起こっても「わからなかった」という人も多いですから、もしも自分で判断がつかないときには病院へ行きましょう。検査をすれば破水しているかどうかはすぐにわかります。

病院へ連絡

そのまま放置しておくのはもってのほか。まずは病院へ連絡して相談してみましょう。

多くの場合、1度診察を受けるように指示が出されるはずです。

気づいたときにすぐに連絡・相談することが大切です。様子を見ているうちに羊水がどんどん減ってしまったり、感染が進んでいることもあります。

病院での処置

病院に着くころには破水が治まっていた、ということであればいいですが、破水が止まらない場合には管理入院になります。

早産を避けるために1日でも長くお腹の中に赤ちゃんがいられるよう、ママは絶対安静。

細菌感染が起きていたら抗菌薬、陣痛が始まっていたら陣痛抑制薬を投与します。子宮頚管無力症の場合には、子宮頚管を結んで赤ちゃんが出ないようにする手術を行うこともあります。

破水かも?と思ったら気を付ける事2つ

1、移動は車やタクシーで

家族に車を運転してもらうか、タクシーを呼んでの移動にしましょう。

1人で行くのは途中で何かあったときに心配ですし、歩く距離が長いと更に羊水が流れ出てしまうこともあります。

2、シャワーやお風呂は避けて

破水していた場合、シャワーやお風呂に入ることで感染症にかかる可能性が高くなります。

いつもと違う感覚を見逃さないで

破水には必ず兆候がありますから、それを見逃さないように、どこかいつもと違うことがある時には注意してください。

臨月まではまだまだ。やっと折り返し地点を通り過ぎたくらいですからね。油断せずに日々を過ごしましょう。


この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします