1歳~3歳児 子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

コイン型リチウム電池・ボタン電池誤飲を防ぐ方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供との日々の暮らしの中で気になる≪誤飲≫の問題。

口に入れそうなものはないから大丈夫!と思っていても、不思議なことに何か見つけてきては口に入れようとするんですよね。

中には多少飲み込んでも大丈夫なものもありますが、ボタン電池は危険度トップクラス。

ニュースでも取り上げられており、東京都が関係団体に改善を求めているほど。

参考:乳幼児のボタン電池誤飲、大事に至る可能性…東京都が改善案提案

誤飲は起こらないのが1番です。小さいお子さんがいる家庭ではあらかじめ、何故危険なのか、どう防げばいいのかをきちんと理解しておきましょう。



ボタン電池の誤飲が危険なわけ

ボタン電池を飲み込んだ場合、体内ではどういった変化が起こると思いますか?何も起こらない?…いえ、残念ながらそうではありません。

食道やそこに接する気管などに穴が開き、最悪の場合、動脈が傷つくこともあります。ようは入院が必要なほどの重篤な症状になってしまう恐れがあるのです。

体内で起こる症状

ボタン電池が体液に触れると、そこに電流が発生して化学反応が起こります。すると体液がアルカリ性に変化します。

アルカリ性はたんぱく質(体内においては皮膚や骨の成分・筋肉の繊維にあたります)を溶かす性質を持っていることから、短時間でも食道や気管が傷ついてしまう、ということです。

ベーコンやハム、鶏肉の上にボタン電池を放置する実験の様子が動画サイトに上がっていますが、その様子は衝撃的でした。

【ボタン電池でベーコンが焼ける動画】

最も危険なリチウム電池

ボタン電池には、リチウム電池・アルカリ電池・酸化銀電池・空気亜鉛電池という4種類があります。

どの電池を誤飲しても危険ですが、最も危険なのがリチウム電池。放電能力が高く、電池の寿命がきれるまで一定の電圧を維持する特性を持っています。

鶏肉を使った実験では、置いた直後から反応があり、10分もするとダメージがはっきり確認できるようになったそうです。

一般的なボタン電池よりも大きく直径は2cmほど。この場合、胃には落ちずに食道の中間に引っかかりそこで放電することもあります。

また、未使用のものだけでなく使用済みのものでもダメージは起こります。

誤飲を防ぐ3つの方法

①ボタン電池が使われている製品を把握しておく

小さな赤ちゃんも、少し大きくなった子も、おもちゃじゃないものでも何でもおもちゃにしちゃいますよね。

子供が触って簡単に電池は取れないか、電池蓋が外れやすくなっていないか、などをチェック。

すぐに電池が外れるようなものは、決して子供の手の届くところには置かないようにしましょう。



主な製品

おもちゃ・携帯ゲーム機・キッチンタイマー・置時計・リモコン・LEDライト・ミニ懐中時計など

②ボタン電池の保管は子供の手の届かない・見えないところで

未使用・使用済みともに、電池は子供の手の届かないところに保管しておきましょう。

1か所にまとめておくとわかりやすいですね。

また、1度子供の目に触れてしまうと「それで遊びたい!」と子供が欲しがってしまうこともあるので、子供の見えないところにしまう、というのも大切です。

パッケージを開けてしまう恐れも…

未使用でパッケージに入っているから、と安心するのは危険。

ある調査では、1~3歳の乳幼児に電池のパッケージを持たせ開けられるかの実験をしたところ、2歳以上の子供になると開けられるケースが多かったそうです。
そのまま口に入れてしまうことも十分に考えられますから、やはり子供には触らせないのが1番ですね。

③電池交換は子供がいないところで

電池交換の様子を見せると、それを子供が覚えて真似をする恐れがあります。

少しの間だけ、と置いておいた電池を誤飲してしまうこともあるので、子供がいない場所や寝たあとなどに変えるようにしましょう。

電池が見当たらない時は誤飲を疑って

あるはずの電池が見当たらない場合は、医療機関を受診しましょう。レントゲンを取れば誤飲したかどうかを調べることができます。

乳幼児の保護者3,200人を対象としたアンケートでは、ボタン電池の誤飲・もしくは誤飲したかも知れないという恐れがあったケースが418人もいたそうです。

それだけいつ起こってもおかしくない事故だというのも忘れないでください。

事故を防ぐためにきちんと対策を

起こってしまってから「何故こうしておかなかったんだ…」と後悔しても、子供の身体は傷ついてしまっています。辛い思いは親も子供もしたくないですよね。

きちんと対策をしていれば十分に防げる事故です。今一度、ご家庭内を見直してみてくださいね。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします