1歳~3歳児 ベビー用品 生後0ヵ月~12ヵ月

ベビーカー買って後悔しない為の選ぶポイント7つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

大切な赤ちゃんを乗せるためのベビーカー、高価な買い物ですから、買った後に後悔したくないですよね。

そこで今回は、ベビーカー選びで後悔しない為のポイントを7つご紹介します。

使い方は人それぞれですので、ご自分の理想の使い方を想像しながら、ベビーカーを選ぶ参考にしてくださいね。



使いたい期間

ベビーカーを選ぶうえで、ポイントになるのが、使いたい期間です。

新生児から長く使いたい

新生児のうちから使いたい、という場合は、リクライニングがフルフラットになるA型ベビーカーが必須です。安定感があり、安全性も高く作られています。大型のものが多く、重量もありますが、長期間使えるのが魅力です。

対面式になるものも

A型ベビーカーの中には、ハンドルを動かして、対面式にできるものもあります。赤ちゃんの様子が常に見えるのでママも赤ちゃんも安心です。

何歳まで使えるかもチェック!

同じA型ベビーカーでも、メーカーによって使える期間が異なる場合があります。何歳まで使いたいかを考えて、選びましょう。

大きくなってからはB型ベビーカーも

赤ちゃんが自分で座れるようになってからは、B型ベビーカーも使えます。A型ベビーカーよりも小型で軽いので、持ち運びに便利です。

B型ベビーカーは、A型ベビーカーと比べると造りが簡易的で、リクライニングは座る姿勢のみです。

比較的安価で購入できるので、座れるようになるまではA型ベビーカーをレンタルし、座れるようになってからB型ベビーカーを購入する、という方もいるようです。

安全性

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカー、なんといっても大切なのは、安全性ですよね。

飛び出し防止のシートベルト

赤ちゃんが揺れや衝撃で飛び出してしまわないようにするのが、シートベルトです。

下半身のみを固定する3点式と、上半身・下半身を固定する5点式がありますが、安全面を考慮すると、5点式の方がおすすめです。

フロントガード

フロントガードは、赤ちゃんに周りのものがぶつからないように守るためのものです。フロントガードがあると、他の歩行者のカバンなどが赤ちゃんに当たってしまうのを防げます。

乗り降りでもたつかないように、着脱がしやすいものを選びましょう。

日差しから赤ちゃんを守るサンシェード

日差しや風から、赤ちゃんを守ってくれるサンシェードは、大きさの他に、可動域やかぶせた時に中の様子が見えるか、撥水加工がしてあるか、UVカット機能があるかもチェックしましょう。



ブレーキ

ベビーカーの固定のために大切なブレーキは、手元でブレーキをかけるものと、足元のストッパーでブレーキをかけるものがあります。

用途も、固定だけのものと、減速もできるものがあります、坂道を歩くことが多い方や、赤ちゃんと一緒にジョギングをしたい、という方は、減速用のブレーキが付いたベビーカーがおすすめです。

ベビーカーの大きさ

ベビーカーの大きさはものによって様々です。普段の生活を意識しながら選びましょう。

横幅

ベビーカーの横幅は、広い方が赤ちゃんが乗るシートも広く、赤ちゃんにとっては快適になりますが、横幅が広すぎると駅の改札や狭い通路を通るときに手間取ってしまいます。

電車をよく利用する方や、近くのスーパーなどがせまいという方は、改札や通路、レジの幅などをチェックしておき、スムーズに利用できる幅のベビーカーを選びましょう。

奥行き

家の玄関に入るかや、エレベーターに乗った時にどうか、などを想像して選びましょう。

ハンドルの高さ

ベビーカーのハンドルの高さも様々なので、使う方の身長を考慮して選びましょう。

ベビーカーの中には、ハンドルの高さを調節できるものもあります。身長が高い方は、ハンドルの位置が低いと押しづらいので、調節機能があるものがおすすめです。

ママだけでなく、身長の高いパパが使う時にも便利です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします