子供の健康・食事

子供の野菜嫌いを克服する方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供のために栄養バランスを考えて食事を作っているのに、なかなか野菜を食べてくれなくて困っているお母さんはたくさんいると思います。

味やにおいが嫌いという理由のほかに、食べたことないから嫌といった原因もあります。

野菜をおいしく食べるというたくさんの経験でゆっくりと時間をかけて野菜嫌いを克服していきましょう。

ここではちょっとした工夫でパクパク食べてくれるようになった方法をご紹介します。



無理やり食べさせない!

まずやってはいけないのが、何とか一口だけでも!と怒ったり、無理やり食べさせることです。これではもっと野菜が嫌いになってしまいます。

トラウマになってしまうといつまでも野菜を受け付けなくなってしまいますので注意してください。

楽しい食事の時間を作る!

1日3回の食事の時間を楽しい雰囲気にすることが大切です。野菜が食べられなくても大丈夫だよという安心感と“おいしいね”と笑顔で食卓を囲める雰囲気作りが子供の体にも心にもいいことなんです。

野菜嫌い克服  野菜の食べ方!

子供は甘いものをおいしいと感じます。甘みのある野菜から始めて好きな野菜を増やしていくことが効果的です。

温野菜がおすすめ

温野菜にすると、食感が柔らかく色が鮮やかになり、甘みも増します。さらにビタミンやミネラルも逃げにくいです。

温野菜に最適野菜

ニンジン・かぼちゃ・じゃがいも・さつまいも・かぶ・ブロッコリー・カリフラワー・ミニトマト・キャベツ

ソースにもひと工夫

温野菜は蒸せばそのまま食べられますが、さらにおいしく食べるにはディップやソースを子供が好きな味にしてみてください。カレーのソースは我が家の鉄板です!

野菜のお菓子

野菜が苦手な子供でもおやつは大好き!ですよね。そんな子には野菜を使ったお菓子がおススメです。



野菜チップスが簡単

野菜を薄くスライスしレンジオーブンで焼くだけで簡単にできます。パリパリした食感がやみつきになりますよ。

ホットケーキミックスは変幻自在

蒸しパン・パウンドケーキ・ワッフルなどいろいろアレンジできておススメです。苦手意識の強いほうれん草も細かくしてチーズやミックスベジダブルなどと合わせれば、おやつにも朝食にもなります。

野菜嫌い克服  野菜を身近に!

野菜を育てる

畑や田んぼなどが身近になく、野菜はスーパーで作っていると思っている子も少なくありません。

野菜がどのように育ち、どう収穫できるかを理解する為にも、家で野菜を作ってみましょう。ミニトマトやキュウリはプランターでも簡単に育てることが出来ます。

野菜を育てるには手間暇がかかることや、旬があることを学ぶことが出来ます。

食事を一緒に作る

安全面を確保して一緒に料理をしましょう。餃子やハンバーグのタネをこねたり、サラダにトマトやキュウリを添えたり、楽しみながら進めたいですね。自分の作ったものならおいしいと食べられることもあります。

型抜きで可愛くアレンジ

小さな子には型抜きがおススメです。ハートや星、動物など子供の好きな型抜きで野菜をかわいくしてあげましょう。

野菜嫌い克服  見た目も忘れないで!

せっかく手間をかけた料理も見た目でおいしさが半減なんてことは避けたいです。

ワンプレートにする

少量をワンプレートのお皿に乗せてみましょう。自分の食べる量、食べられる量も把握できます。苦手な野菜もプレートに乗ったこれさえ食べればいいならと、頑張ってくれることもあります。

盛り付け方

盛り付け方も工夫しましょう。野菜をお皿のふちに飾ったり、ご飯もただお皿に乗せるだけではなく、おにぎりにしてみたり、型抜きしてみたり、見た目が変わるだけで食欲もアップします。子供がおいしそうと思えるように、すこし大げさくらいに華やかにしてみましょう。


この記事を書いたママ

ゆいはるママ

3歳の女の子と1歳の男の子のママです。いつまでも可愛いママでいたいなぁと思ってます!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします