子供の健康・食事

○月生まれは○○の病気にかかりやすいことが判明!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

誕生月によりかかりやすい病気がある!それだけ聞くと本当だとは捉え難いものですが、きちんと調査されたうえでの統計で示されると、科学的に事実だと疑うことはできないかもしれません。

1985年~2013年の約30年間に、ニューヨークのプレスビテリアン病院とコロンビア大学医療センターで診療した約170万人の患者のデータを基にした論文が、今年6月にアメリカ医療情報学会の機関紙で発表されました。

その論文によると、55種類の病気と誕生月には相関関係があることが確認されたということです。詳しく説明していきましょう。



月別に見るかかりやすい病気

何月がどのような病気にかかりやすいのか、またかかりにくいのかを、具体的にご説明します。

1月生まれ

なりやすい病気…高血圧、心筋梗塞

なりにくい病気…中耳炎、喘息、嘔吐

2月生まれ

なりやすい病気…肺がん、気管支がん、喉の異物感

なりにくい病気…急性細気管支炎、視覚不良、胃の機能障害、発熱、喘息増悪(発作)

3月生まれ

なりやすい病気…前立腺がん、心房細動(不整脈)、冠状動脈硬化症、鬱血性心不全、僧帽弁疾患

なりにくい病気…ADHD、月経痛、急性扁桃炎

4月生まれ

なりやすい病気…狭心症、急性心臓病(心臓発作)、慢性心筋虚血症

なりにくい病気…急性喉頭炎、非感染性腸炎、近視、遠視、アザが残りやすい

5月生まれ

なりやすい病気…病気のリスクは最も低い

なりにくい病気…風邪(急性上気道炎)、結膜炎、社会性未発達

6月生まれ

なりやすい病気…心筋梗塞前症候群、喘息憎悪(発作)

なりにくい病気…性的感染症

7月生まれ

なりやすい病気…病気のリスクは2番目に低い

なりにくい病気…下痢、非炎症性の膣疾患、妊娠・出産・産褥期の合併症

8月生まれ

なりやすい病気…結膜炎

なりにくい病気…特になし

9月生まれ

なりやすい病気…急性細気管支炎、喘息、中耳炎、適応障害、嘔吐しやすい

なりにくい病気…狭心症、心筋症、急性心臓病

10月生まれ


なりやすい病気
…風邪(急性上気道炎)、急性喉頭炎、近視、胃の機能障害、月経痛

なりにくい病気…心房細動、冠状動脈硬化症、高血圧、前立腺がん、喉の異物感

11月生まれ

なりやすい病気…ADHD、急性扁桃炎、非感染性の腸炎、下痢、非炎症性の膣疾患

なりにくい病気…肺がん、気管支がん、慢性心筋虚血、僧帽弁疾患

12月生まれ

なりやすい病気…アザが残りやすい

なりにくい病気…特になし



母体が受ける季節の影響

病気の発症率は、赤ちゃんがお腹にいる間に大きく影響を受けることからではないかと推測されます。

心臓疾患が春生まれに多い理由

春生まれの人は、1年の中で最も日照時間が長い夏にはつわり、反対に日照時間が短い時期に妊娠後期を過ごすことから、母体にビタミンDが不足しやすく、血中の鉄分濃度が低くなり、赤ちゃんに充分な栄養が行きわたらないことが原因ではないかと考えられるようです。

秋生まれはダニの影響が大きい

8~9月生まれに多い病気には、喘息や結膜炎、気管支炎があります。

妊娠後期や誕生直後がダニの繁殖期にぶつかるため、その影響を受けたのではかと論理づけられています。

母体の栄養から受ける影響

今回の統計はニューヨークで行われた調査の結果ですが、日本人にも通じる部分が大きいようです。

東京大学医科学研究の上昌広特任教授は、公表されたこの論文について「人間の体質や成長に、産まれた季節が関係するということは大いに考えられること」だと評しています。

四季折々の物を食べる習慣がある日本。

旬の物を食べるママほど、胎児に与える影響も大きいと言えるでしょう。

夏の食生活が赤ちゃんに悪影響

旬の食材が体に良いと言われても、夏に旬を迎える物には体を冷やす性質があります。

スイカやメロン、パイナップル等の果物、トマトやレタス等の野菜は、妊娠中に大敵となる“冷え”を引き起こします。

そのため、冬~春生まれの赤ちゃんにはなりやすい病気が多く、夏生まれの赤ちゃんには病気が起こりにくいという調査結果にも頷けます。

データはあくまでも参考です。

データや論文として公表されたものには、そう至るまでの明確な調査結果があるわけで、決して推測だけではありません。

しかし、そればかりに翻弄されて精神的ダメージを受けることはさらに病気を引き起こす可能性を高めます。

データはあくまでも参考程度に受け止めることが大切です。

生活習慣を見直すきっかけに!

誕生月に当てはまる病気は、必ず起こると断言できるものではありません。

また、あくまでも迷信などと安易に考えすぎることも良くないでしょう。

例え自分や子供の誕生月に心配のある病気が関わっていたとしても、生活習慣が引き起こす病気よりも可能性はかなり低いものだと捉え、毎日の食事や運動を欠かさずに病気に対する免疫力を高めることに目を向けて行きたいものですね。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします