子供の行事

お年玉はいつからはじまった?意外と知らないお年玉の歴史とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

そろそろ今年も残すところあとわずか…。大掃除に忙しい毎日を送っていることと思います。

さて新年になり「あけましておめでとう」と親戚に会う機会がありますよね。そして子供たちが楽しみにしているお年玉をもらう習慣。

そんなお年玉をあげる習慣はいつからはじまったのでしょうか。

意外と知らないお年玉に込められた意味や歴史をこれからお話していきたいと思います。



お年玉の歴史はとても古い

日本では中世からお年玉という習慣があったと言われています。まだその頃はお金ではなく武士は太刀を、町人は扇を、そしてお医者さんは丸い薬を…といったその職業に象徴されるものを目上の人から目下の人に贈っていたということです。

新年を祝う品物のことだった

このように昔はお年玉というと新年を祝うために贈られる品物のことを言っていたのですね。長い年月を経て今のお金に変わっていったということになります。

お年玉はお餅だったという説もある

お年玉とはお餅のことだったという説もあります。

昔お餅というのはとても大きな意味を持っていたのです。それは「魂」。お餅は「魂」を象徴するものでした。新年に年神様(としがみさま)から「魂」を分けていただき、その年の気力を授けてもらうと考えられていたのです。

どうやってお餅で魂を分けてもらうと考えていた?

新年、家に訪れた年神様は鏡餅に依りつき、鏡餅にはその御魂(みたま)が宿ると考えられていました。

その神様の魂が宿ったお餅を家長が「御年魂」「御年玉」(「玉」には「魂」という意味がある)として家族に分け与えていたということです。

お雑煮を食べることで魂を体に取り込んだ

お正月のお餅料理といえば「お雑煮」ですよね。

神様の魂が宿ったお餅を食べることで、その年の気力となる魂を体に取り込んでいたのです。

お雑煮を食べるという習慣は今でも続いています。とてもおいしくお正月には毎日のように食べるお餅ですが、とても意味のある習慣だったのですね。



お餅だったお年玉…お金に変わったのはいつ?

昭和30年代後半の高度経済成長期くらいから、お年玉といえばお金という習慣に本格的に変わっていったと言われています。

目上の人から目下の人へと老若男女関係なくお年玉をあげていたそうですが、子供だけにお金をあげると変わったのもこの頃になります。

なぜ子供だけになったのか

お年玉とは元々、目上の人から目下の人にというものでしたが、対等な関係にある大人のやり取りには「お年賀」や「お年始」といったものが用いられるようになりました。

このことから大人同士のやり取りにお金をあげるという習慣が減っていき、子供にお金をあげるという習慣が残ったと言われています。

大人には年賀

こうみてみると「年賀」には大人のお年玉という意味合いがあるのですね。新年の挨拶だけというのではなく大切な意味合いがあったのです。このことを知ると、年賀に込める思いが一層強くなりますね。

お年玉を入れる「ポチ袋」にも意味があった

最近ではお年玉を入れるポチ袋のデザインも豊富ですよね。あげる子供のことを考えてデザインを選んでいるかと思います。そんなポチ袋にもちゃんと意味があったのです。

ポチ袋の発祥は関西

「ポチ」とは関西の方言で「心づけ」や「祝儀」という意味があるそうです。元々は舞妓さんに与えられていたお祝儀袋の事を言っていました。

また「これっぽっち」という小さなという意味もあることから「少ないですが…」と謙虚な気持ちで渡すことからも由来されているようです。これがお年玉を渡す時にも定番となったということです。

さいごに

あげる物は変わっていったけれど、昔からある「お年玉」の習慣はとても大事な意味があることがわかりましたね。やはり素敵な行事や習慣は受け継がれていくものなのです。

このような古くからの習慣を大切にし、永遠に続けていけたら幸せですね。それでは良いお年をお迎えください。新年が皆様にとって良い一年となりますように…。


この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と5歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします