女性の健康 子供の健康・食事

大きいお尻を持つ女性は「モテる」「健康的」「子供が賢い」とイイこと尽くしだと判明

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小尻に憧れる女性は多く、お尻を少しでも小さく見せるショーツやパンツもありますよね。

しかし、男性は小尻より大きめのお尻に魅力を感じる傾向にあるようです。

さらに、昔から「大きなお尻は安産型」とも言われるように、昔からお尻は大きい方が良いと言われています。

また、糖尿病や腎臓病になりにくい、頭の良い子供が産まれるとした研究結果もあります。

なぜ大きなお尻にはイイことがたくさんあるのか、その結論に至る理由についてご説明します。



大きいお尻がモテる理由

女性の考える理想体型と、男性が魅力を感じる理想体型には違いがあります。

男性はふっくら体型が好き!?

女性、特に若い女性が憧れる体型は、芸能人やモデルのように、とにかく細くて華奢。

お尻は上向きに引き締まっていることで目立たない、いわゆる『小尻』が好まれます。

一方で男性は、ある程度の肉感・丸みがあり、柔らかさを感じるお尻に魅力を感じる傾向にあるようです。

ただだらしなく『大きい』だけではなく、そこに“女性らしさ”を感じるお尻がモテるようですよ!

研究結果で明らかに!

アメリカのテキサス大学オースティン校にて、デビッド・ルイス氏が『男性は丸くて大きな女性のお尻を好む』ことを研究しました。

その結果が医学誌『Evolution and Hum an Behavior』3月号に掲載されています。

男性の心理を探って行くと、脳のどこかに「自分の子孫を残したい」という性質があるそうです。

その性質と、“狩りをしていた時代に生き延びた妊婦が大きなお尻を持っていた”という傾向を結び付けることができるとしています。

さらに、大きなお腹を支えるためのバランスが保たれるのは、背骨から角度45度くらい出ているお尻であり、その角度は男性の嗜好に最も近いという結果も調査により明らかになっているようです。

この研究によると、男性が大きなお尻を好むのは本能であり、歴史が作り出した自然の摂理だと理論づけることができそうですね。

大きいお尻が健康的な理由

お尻が大きいと肥満体=不健康だと考えられがちです。しかし、お尻に付いている脂肪や筋肉は“健康な証拠”であることをご存知でしょうか?

お尻に脂肪や筋肉が必要な理由

お尻についている脂肪は、高血圧などの病気をもたらす心配はありません。

それどころか、健康体を保つために必要な脂肪なのです。また、お尻を鍛えることで大きくなる筋肉にも大切な役割があります。


● 衝撃から子宮や骨盤などを守るクッションとなる。

● 座る際に関節や神経などを保護する。

●不足したエネルギーを補給するために、貯蔵しておく役割がある。

● お尻の筋肉は、下半身全体の骨格と筋肉を支えている。

● 大きなお尻は、骨盤を安定させるため、猫背や肩こりを引き起こしにくい。


これらの理由から、女性のお尻が大きい必要性がわかりますね。

また、女性は妊娠・出産に関わる大切な機能が下半身に備わっているため、男性に比べるとお尻にも脂肪が付きやすいという原理にも納得できます。

お尻の脂肪が病気になりにくい理由

お尻についている脂肪は、お腹の脂肪に比べて体に害を与える要素がありません。

従い、お尻が大きくても他の部分に余分な脂肪が付いていなければ、糖尿病やコレステロールを引き起こす心配はありません。

しかし、お尻が大きく、さらにお腹など体全体が肥満である場合は、お尻の脂肪だけを見て判断することはできない、という点をしっかり覚えておいてください。



大きいお尻を持つママの子供が賢い理由

赤ちゃんの脳の発達と、ママのお尻の大きさには、深い関係があるようです。

『オメガ3脂肪酸』が脳の発達を促進!

イギリスのオックスフォード大学による研究では、妊婦のお尻にたまる脂肪が、お腹の赤ちゃんの脳における発達を促進すると示しています。

お尻の脂肪は『オメガ3脂肪酸』と呼ばれ、青魚に含まれるDHAやEPA、えごまに含まれるαリノレン酸などの総称。脳によく効く脂肪なのです。

アメリカのピッツバーグ大学、ウィル・ラセーク教授もまた、お尻や太もも周りの脂肪は、赤ちゃんの脳の成長を促すDHAを多く含んでいることを研究結果として発表しています。

胎児は母体の脂肪で脳を発達させます!

お腹の中にいる赤ちゃんは、ママから多くの栄養を受け取りながら成長していきます。

特に、脂肪が多く含まれる脳細胞の成長には、ママの脂肪の成分が非常に影響を与えます。

ウエスト周りに付く脂肪は『オメガ6』と呼ばれる質の悪い脂肪。それに対し、お尻に付く脂肪は『オメガ3』。

ですから、体全体ではなく、お尻だけに脂肪が多く付いている体型が、赤ちゃんの脳細胞の成長にも理想的なのです。

そのような体型のママから産まれた赤ちゃんは、賢い頭脳を持った子供になることを、脳科学者の中野信子さんが語っています。

お尻の質を高めよう!

女性にとって外見はとても大切なですよね。

しかし、ただ華奢なだけではなく、細身でありながらも質の良いお尻を保つことが重要であることをお分かりいただけたと思います。

では、質の良いお尻を作るためには何をすれば良いのでしょうか。

美尻を作るコツ

質の良い脂肪を摂取しましょう。オメガ3脂肪酸は、オリーブオイルやえごま油、アマニ油を、火を通さず摂取するのがおすすめです。

おへそを重心にしてお尻を左右に動かす『お尻ダンス』で、お尻の筋肉を強化しましょう。ウエスト周りを引き締め、プリッと高さのあるお尻を作ります。

お尻に力を入れてウエストをひねる歩き方やスクワットも、同様の効果があります。

背筋を伸ばして良い姿勢を保ちながら座る椅子生活を始めましょう。床に座るとお尻周りの筋肉が衰えやすくなります。

根菜類を多く摂取し、コーヒーを控えるなど、体を内側から温めることを習慣づけましょう。

大きく質の良いお尻が魅力的!

お尻につく脂肪や筋肉の質を高めることは、健康を保ち、子供の脳を育て、さらに魅力的な体型を作ることになるのです。

ただ大きいお尻と捉えるのではなく、大きく質の良いお尻と考えれば、お尻に対するコンプレックスも減り、自分に自信が持てる女性も増えるのではないでしょうか。

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします