1歳~3歳児 子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

乳児に多い病気5つは知っておこう!それぞれの特徴と原因と治療法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんは、生まれてから6カ月ほどたつと、お母さんからもらった免疫がなくなり、病気にかかりやすくなります。

赤ちゃんが病気にかかってしまったときに、冷静に正しい対処をしてあげられるように、赤ちゃんがどんな病気にかかりやすいのかを知っておきましょう。

そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気をまとめてみました。



突発性発疹

突発性発疹とは、突然、高熱とそれにともなう赤い発疹が出る病気です。

ほとんどの赤ちゃんがかかる、と言われるほど乳児には多い病気で、略して「突発」と呼ばれることもあります。

特徴

突然38℃から40℃の高熱が出て、3日ほど経つと胸やお腹、背中などを中心にからだ全体にたくさんの赤い発疹ができます。

せきや鼻水などの風邪の症状はなく、高熱の割に、赤ちゃんは元気そうにしていることが多いのも特徴です。

発疹にはかゆみはありません。

原因

突発性発疹は、「ヒトヘルペスウィルス6型」というウィルスに感染することでかかります。

お母さんからもらった免疫がなくなる6カ月ごろから、1歳半くらいまでの赤ちゃんが特にかかりやすい病気です。

一度、突発性発疹にかかると、二度とかかることはありません。

治療法

現在、突発性発疹には、有効な治療法や薬はありません。

高熱が続く場合は、脱水にならないよう、水分補給をこまめにしましょう。

熱が高いのでびっくりしてしまうと思いますが、赤ちゃんが元気で食欲もあれば、特に心配はいりません。

発疹も3日ほどで自然と消え、痕も残りません。

ただし、高熱でけいれんが出ることもあるので、注意しましょう。

風邪症候群

せきや発熱、くしゃみ・鼻水、のどの痛みなどの症状が出る病気です。

特徴

せきや発熱、くしゃみ・鼻水、のどの痛みなど様々な症状があります。

熱は38℃以上出ることもあり、赤ちゃんは不機嫌になります。

鼻づまりでおっぱいやミルクが飲みにくくなることもあります。

乳児の場合は、中耳炎や肺炎になりやすいので、「ただの風邪」とあなどらずに赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

原因

風邪のウィルスは200種類以上あります。

赤ちゃんには免疫がないので、一つのウィルスに免疫ができても、また別のウィルスに感染してしまいます。

治療

症状が軽ければ1週間ほどで良くなります。

熱があっても、食欲があり機嫌も良ければ、自宅で様子を見ても良いでしょう。

ただし、高熱でぐったりしている、おっぱいやミルクを飲めない、という場合は、解熱剤を使うこともあるので、病院に行きましょう。



急性中耳炎

急性中耳炎とは、耳の奥の「中耳」という部分に膿が溜まる病気で、耳に痛みが生じます。

耳の中に炎症が起きるので、合わせて熱が出ることもあります。

特徴

中耳にたまった膿が、鼓膜を圧迫して炎症を起こすので、鼓膜に痛みが生じます。

赤ちゃんは、自分で「痛い」と伝えることができないので、発熱やせきなどがないのに、赤ちゃんの機嫌がずっと悪い、耳を頻繁に触る、ミルクを飲むのを嫌がる、というときは、急性中耳炎かもしれません。

鼓膜が破れて「みみだれ」と呼ばれる膿が出ることもあります。

原因

風邪をひいたときなどに、細菌やウィルスが鼻から耳に入り込むことで、急性中耳炎にかかってしまいます。

風邪をひかせないように気を付け、もし風邪をひいてしまったら、鼻水をこまめに吸ってあげてください。

赤ちゃんの耳は、構造が未熟で、中耳に菌がたまりやすいので、気を付けましょう。

ミルクをあげるときに、赤ちゃんが水平になる体制で飲ませてしまうと、ミルクが鼻の方に入って中耳にたまり、急性中耳炎を起こすことがあります。

なるべくおっぱいをあげるときと同じ大勢でミルクをあげてください。

治療法

軽度の急性中耳炎の場合は、鼻水をこまめに吸ってあげることで対処します。

耳の後ろを冷やし、水平にならないように座らせてあげましょう。

痛みがひどい場合は、病院で処方される痛み止めや抗生物質で鼓膜の炎症を抑えます。

抗生物質でも治らないときは、鼓膜切開の手術をする可能性もあります。

ロタウィルス

ロタウィルスというウィルスに感染することで起こる嘔吐・下痢症で、発熱をともなうこともあります。

「白色便性下痢」「冬季下痢症」と呼ばれることもあります。

重症化すると、けいれんやてんかんを起こすことがあります。

特徴

6ヵ月から2歳くらいまでの乳児が必ずと言っていいほど経験する病気で、秋から冬にかけて多く発生します。

乳児の急性の嘔吐・下痢症の8割以上を占めます。

ウィルスの影響で、便に色をつける胆汁がうまく分泌されず、米のとぎ汁のような白っぽい下痢が1日に何度も出ます。

原因

ロタウィルスが唾液や便、嘔吐物などの排泄物から口に入ることで起こります。

1日から3日の潜伏期間を経て激しい嘔吐・下痢が始まります。

治療法

ロタウィルスには特効薬がありません。

ウィルスを体外に排出しなくてはならないので、下痢止めは有効ではありません。

激しい嘔吐・下痢で脱水になりやすいので、水分補給をこまめにしましょう。

嘔吐でミルクが飲めないときは、点滴が必要になります。

自宅治療の注意点

ロタウィルスに感染すると、約1週間便中に排出されるので、看病をする家族も手洗いをこまめにし、感染しないように気を付けましょう。

予防接種

ロタウィルスは生後2ヵ月から予防接種を受けることができます。

感染力が強く、感染すると脱水症になったり、重症化することもあるので、予防接種を受けておくことをおすすめします。

百日せき

3ヵ月ほどの長期間せきが続く病気です。

生後6ヵ月以下の赤ちゃんに多く、重症化すると肺炎や死亡の危険性もあります。

特徴

コンコンと短いせきが長期間にわたり続き、息を吸い込むときにヒューヒューと音がします。

発症から1ヵ月ほどでピークを迎え、3ヵ月ほどで収まることから「百日せき」と呼ばれています。

原因

「百日せき菌」と呼ばれる細菌に感染することでかかる病気です。

保育園などの集団生活で感染することが多いようです。

治療法

百日せきの治療には、強いせき止めが必要ですが、乳幼児の場合は副作用で呼吸が止まる危険性があるので使用できません。

抗生物質を使った治療が一般的です。

生後6ヵ月未満の乳児の場合は入院治療が必要になります。

予防接種

百日せきに一番有効なのは、予防接種を受けておくことです。

百日せきの免疫が含まれる「四種混合ワクチン」が生後2ヵ月から受けられます。

赤ちゃんのために冷静に!

赤ちゃんが病気になってしまうと、お母さんは心配で慌ててしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんにはお母さんの不安が伝わります。

赤ちゃんを不安にさせないためにも、お母さんは冷静に、適切な対処をしてあげましょう。

もしも救急で病院に行くべきか悩んだときは、「#8000」小児救急電話相談に電話して、相談してください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします