子供の行事

わが子へのお年玉あげる?あげない?金額はいくらぐらい?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

もうすぐお正月。

年始に会う親戚の子供に、いくらぐらいお年玉を渡そうかしら。新札の用意をしておかなくては。そろそろそんな季節がやってきます。

でも、人にあげるばかりで、わが子にはお年玉ってあげていない。我が家はそれが当たり前だと思っていました。

ところが、親戚などからもらうお年玉とは別に、パパママからのお年玉をあげている家庭もあると知ってビックリ!

あなたのご家庭では、わが子へお年玉をあげる派、あげない派、どちらでしょうか?

あげるとしたら金額はいくらぐらい?あげないのは何故?気になるママ達の声を分析してみました。

参考サイト:mama★sta(ママ★スタジアム)



あげる派の声

金額を一律にする

0才から中1まで姪甥、我が子、一律3000円にしてる。

差をつけたくないという気持ちから、親戚から我が子まで全部一律というルール。あらかじめ親戚でそのように決めておくと、毎年悩まず済みますね。

年齢関係なくみんな一万

これはかなりの太っ腹!近所に他にお年玉をくれる人がいないのかもしれません。

好きなことに使えるようにする

年少1000円
1歳500円

その中で正月買い物いったときに好きなもの予算内で遊ばせたり買ったり普段我慢させてる分少し高めかも

1歳や年少だと、まだ物の値段と手持ちのお金の兼ね合いがわからにので、そこは親がコントロールしていると思いますが、普段は急に何か欲しがっても「ダメ」と言われるのが、お正月だけはOKしてくれる、お子さんのそんな楽しみになりそうですね。

一部を貯金する

5,000円だけど、そのうち3,000円は毎年子供が欲しいと言っている福袋を買って、残り2,000円は貰ったお年玉と一緒に貯金。

家族でこう使うというルールを決めているケース。一部だけれど、自分で自分のために「貯める」という楽しみを教える、そのバランスをとっています。

他からもらう額と兼ね合いを考える

小2 2000円
年長 1000円

貧乏義親が多分3000円、2000円だからそれを越えないように設定してる。

おじいちゃん・おばあちゃんがもらう額より、パパ・ママが渡す額の方が多かったら、立場がなくなりますよね。そのあたりを考えて金額設定している気遣いが感じられます。

あげない派の声

親からもらったことがない

あげない。私も親からは貰ったことない。旦那にもなにも言われてないから、多分貰ってなかったのだと思う。祖父母、親戚からで良い。子供は中学生と小学生。

あげないし、私自身親からもらったことないけど、何とも思わなかった。通常のおこずかいはあげるよ。

親からしてもらったことというのは、自分が家庭を築く時の基準になるので、自分が親からお年玉をもらったことがないと、そのまま同じことをする傾向があるようです。



親戚からたくさんもらえる

あげない。双方のジジババ、いとこの親とかからもらえるから。なんだかんだ3万近くになる。

パパママの兄弟が多かったり、近くに親戚がいると、自然と他からお年玉をもらう額が増えますよね。それで十分と考える人が、あげない派には多いようです。

普段十分お金をかけてる!

あげない!!普段から、お菓子買ったりしてんだし我が子には、あげない!!

これはちょっと厳し目の意見。かなり普段からお菓子をねだったりしているお子さんなのかも。子育てには何かとお金がかかるので、親の本音中の本音と言えますね。

その分貯金している

毎月貯金してるから我が子にはあげない。1月分の貯金はじじばば親戚などにもらうお年玉。

「貯金」という形で、我が子へのプレゼントをずっと毎月続けているご両親。だからあらためてお年玉をあげる必要はない、という考え方です。

クリスマスプレゼントで十分

パパ・ママともに自分の親からもらったことがないので、あげるという発想がありません。

お正月はクリスマスプレゼントをもらった直後なので、それ以上はもういいかなと。

親戚からもらったお年玉の一部を、自由に使えるようにはしています。

こちらは我が家の声です。昔から、お金に関しては厳しくする!というのが我が家ルールなので、あげない派です。

「ケチ!」とよく我が子から言われますが、親が厳しいぐらいで育った方が、将来自分でお金を稼ぐようになった時に、その有り難みがわかると思っています。

前は全額貯金だったのですが、ちょっとぐらいは使いたい!という子供たちの要望から、一部を使うというルールを小学生から始めました。

大きくなるにつれて、すべて親の方針通りにはいかなくなってきますが、自分なりの使い方を主張する子供を見ると、それも成長の一つかなと思います。

色んな声を参考に、我が家ルールを

あげる派、あげない派、それぞれに、自分の家族に合うやり方をちゃんと持っていますね。

子供が成長するにしたがって金銭感覚も変わってくるので、どちら派であっても、その時々で今の我が家に合うあげ方や金額や見極め、我が家ルールを見直すようにしましょう。

その際には、お子さんが小学生以上になってきたら、お子さん自身の意見も聞いて尊重することが大切です。

ご家族で、よい新年が迎えられますように。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします

[…] Refer to this site:http://mamasup.me/articles/30096 […]

Leave a Comment