子供の教育・成長・遊び 家計・暮らし

学資保険って必要なの?初心者でも分かるメリット3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

お子さんが生まれて、目の前のわが子の将来を思う時、この子の幸せのためなら親としてできる限りのことをしてあげたい。

そんな思いが沸き起こってくることと思います。そんな親心を一つの形として表すのが「学資保険」です。

将来、子供がどんな道に進みたいと言った時にでも、親として応援してあげられるだけの資金は、できるだけ早くから用意し始めたいものですね。

でも、色々検索してみても、あまりに詳しすぎる説明だと理解がついていかず、難しい専門用語や数字がたくさん並んでいると、ちょっと挫折してしまいそう...

今回初めて学資保険について考えてみようと思ったあなたへ、わかりやすく学資保険のメリットをお伝えします。



教育費はどれぐらい必要?

教育費に一千万円必要って本当?

まず、学資保険について考える前に、教育費について考えてみましょう。

よく「子供一人生まれると教育費に一千万円必要」と言われます。それはすべて公立に通った場合で、すべて私立に通うと2400万かかるとも。

そんなの絶対無理!と思ったあなた。

これは、これは幼稚園から換算して、習い事や塾などの費用も含めて、様々な家庭を調査した平均金額なので、実際にはそこまでかからない場合もあります。

義務教育の小・中学校の間はそれほどお金はかかりませんし、高校も支援金制度があるので、やはり、まとまった出費があるのは大学進学時となりそうです。

大学にかかる費用

国立大学では、入学金と4年間の授業料を合わせて、250万程度かかります。

私立大学は、文系か理系か、どの大学かで大きく授業料が変わりますが、大体の平均として文系で320万程度、理系で440万程度と言われています。

国立に受かって授業料は安く抑えられても、家から遠く下宿しなければならない大学に行くとしたら。

家賃、生活費などの仕送りはそれぞれ見積もれない額になります。

特に出費が多いのが入学時。入学金や、遠方の場合は一人暮らしのアパートの敷金・礼金・生活必需品が必要になります。

大学進学時の大きな出費に備えて、まとまった金額が貯まっていれば、安心ですよね。

学資保険である必要とは?メリット3つ

大学進学時にお金がかかるということはわかりました。では、その資金を用意するのに何故学資保険がよいのか。

学資保険のメリットは3つあります。

メリット①親がもしもの時に支払いが免除される

これが学資保険の最大のメリットとも言えます。

「契約者(親)が死亡したり、病気などの事由で収入源が断たれた時、その後の保険料の払込は免除され、契約通り満期金が受け取れる」という保険料免除措置があるのです。

自分たち親に何かあるとは今から考えたくはありませんが、その時に、保険料を払わなくても満期金がもらうことができれば、遺された遺族の負担が少しでも軽くなります。

通常、家計を支えている父親が契約者になるケースが多いのですが、夫婦共働きの場合、収入が多い方を契約者にしておくと、より万が一の時に備えることができます。



メリット②満期に受け取れる金額が多い

銀行の定期預金などでも、満期がきたら利息がつくので、受け取る金額が支払った金額よりも多くなります。

その率が、普通の定期預金などで預けるよりもお得なのが学資保険です。

学資保険の中で返戻率のよいものは110%前後の商品で、この率で契約した場合、約182万の支払いで200万の満期金を受け取ることができる計算になります。差額は18万円。

通常の定期金利では、これだけの利息を得られる商品はなかなかありません。

そして、学資保険の返戻率は契約時の率に固定されているといるので、世の中の金利が低くなっても、影響を受けず、学資保険の返戻率は変わりません。

ただ、世の中の金利がどんどん上昇して、もっとお得な商品が出ても、学資保険は解約すると損をすることが多いので、簡単に乗り換えることができません。その点はご注意下さい。

メリット③強制的に貯められる

学資保険でなくても、銀行の定期でも講座から引き落としされて強制的に貯めることが可能です。

ただ、定期などは学資保険に比べて比較的解約しやすいので、残高にこれだけのお金があると思うと、「じゃぁ、解約したら◯◯に使えるかも」と、今必要なお金に使う気持ちが湧いてきます。

子供の教育資金として必要なのは十年以上後のことです。目先にお金を使う必要に迫られた時、使ってしまうというリスクがあります。

その点、学資保険は解約すると元本割れするケースが多くあります。「だから手をつけられない」と肝に銘じることができるのです。

「学資」と名前がついていることで、「子供のため」という意識を強く持つことができる点でも、計画的に貯めるのが苦手な人には向いていると言えるでしょう。

子供が大学に進学しなかったら?

学資保険は、お子さんが大学に進学する時にまとまったお金が必要という前提がありますが、「でも、我が子が大学に行くかもわからない」と思う方もいるのでは。

確かに、まだ生まれたばかりだったり、小さいお子さんだと、将来どんな道に進むかは未知数ですよね。

もしも満期になった時にお子さんが大学に進学しなくても、学資保険は受け取れます。

その場合は、お子さんの結婚資金や、ご両親の老後の資金にされるなど、使い道を変更することができます。

ただし、高い返戻率を謳って集客し、お子さんが進学しないと満期金が受け取れないというリスクが生じる商品もあるので、要注意!

とにかく子供のためにお金を残したい人に

普段から積極的に資産運用をして、金融商品に詳しい方なら、その時々で一番利率のよい商品を選んで運用すればお得になります。

でも、そういうことは疎い!難しいことはよくわからないけど、確実に子供のために教育資金を貯めたい!という方は、是非、学資保険を検討してみて下さい。

お子さんのためにどれだけの金額が必要かを意識し、毎月少しでも積み立てることが、お子さんの将来のために何かをする第一歩になります。


この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします