小学生・小学校

8.1%の親が希望する小学受験のメリットとは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

現在、小学受験を希望されている親御さんが全体の8.1%(第80回日本社会学会大会資料)という統計が出ているようです。

この数値は決して多いわけではありませんが、中学受験に関しては、全体の23.8%を希望されているので、学歴社会と言われていた日本の受験に対する親の希望は、今も変わらないのかなという結果でしょう。

学歴だけではこの世の中を渡って行けない日本の社会。就学前の子供を受験させようとする親の本音は一体どこにあるのでしょうか?!



中学受験ではなくなぜ小学受験なのか?

実は、ライターの私の娘も中学受験をさせました。しかし、小学受験とは少し内容も親の希望も違うのかなと今回調べてみて色々分かったように思います。

私の娘の場合は、地域の公立中学に進学させるつもりで育てていました。

その中学を悪く言う訳ではありませんが、学力的にとても低い中学校だったので、少しでも良い大学を目指すには、とても大変だという認識のため、進学させることを辞めたわけです。

そもそも、高校の進学率が高ければ中学受験には至ってはいませんでした。結果的には、国立の中高一貫校に通う事となり、学費的にもかなり安く済んでとても助かっています。

しかし、小学受験の場合、こんな理由で受験させている親御さんはいない!!という事も分かっているのです。

8.1%の親が希望する子どもの将来とは?

まず、第80回日本社会学会大会資料によると、関東のデーターではあるのですが、小学受験をさせている地域を見ても東京都の都心部がとても多いという所が目に入ります。

つまり、難関校が多く、しかも有名国私立の小学校を受験させているという所です。

小学生から入学すると長い場合、大学までエスカレーターで上がれるという学校が多いのではないでしょうか?

これは、どういう意味を示しているのでしょう!!

どんな小学校生活を希望している親が多いの?

まず、子供自身は小学受験など望んではいないと思います。

近所のお友達と同じ小学校に通いたいのが普通だとは思います。

やはり決めるのは親であり、しかも母親だという統計も出ているようです。

母親は、子供を可愛がるの延長で、少しでも良い環境の所に置いて置きたいという母性が働くのです。

傷を負わせたくないという気持ちが働くのではないでしょうか?私自身、娘に対してそんな感情を抱き、環境の良い中学に通わせたかったからなのですが。。。

子供の将来の希望などは、もう考えている?

親の意向というより、母親の意向を示す確率が父親の3倍位を示す小学受験なのですが、その子供にどんな夢を抱いているのでしょう。

小学受験をさせた方の話しによると、私国立関係なく住んでいる所が都会でお金持ちというのもあるのでしょうが、むしろ上流階級を目指させたいとい親御さんが多いと聞いた事があります。

その理由の一つに、人間関係の最低ラインがこの小学校で形成され(親同士の付き合いなどから)上流階級へのステップとなるというメリットがあると言うのです。

子供達にしてみれば、「何が?」と思うのでしょうが、親達、主に母親達の戦いが、ここでもしや繰り広げられているのでは?と思ったりもします。



中学受験と小学受験の違い

では、小学受験をせずに、中学受験から考えているご家庭はどうなのでしょう?

同じような理由の家庭もあるとは思いますが、ほとんどは子供の大学進学のための通過点に考えている親御さんが多いのではないでしょうか?

私もその親の一人で、少しでも良い大学に進学させるために難関中学を受験させました。

やはり、有名大学進学率はかなり高いので、親としては良かったのかなと思っています。

小学受験には親の年収や学歴に関係している

そして、大きく関わる小学受験を希望する親達は、自身が経験していたり、高学歴。家柄も年収もかなり高いというデーターも。

8.1%の親が希望する親の年収

第80回日本社会学会大会資料のデータによれば、世帯年収が1000万円以上のご家庭が受験する確率が半数以上という結果も出ています。

親の経済資本や文化資本を動員するというのがお受験の現状とも言われているようですね。

8.1%の親が希望する親の学歴

学歴を見た場合は、父親の高学歴は勿論ですが、母親については公立出身者と私立出身者の学歴差が大きく違い、自身の経験から子供を早い段階で高学歴取得の為に受験させている事が伺われます。

つまり!!
小学受験の殆どは母親が実験を握っている

という事になるのでしょう。。

8.1%の親は高学歴な父親と母親の希望だった

全体の8.1%という数字は少ないように思いますが、実はとても重たい数字なんだなと思いました。

経済的に大変で小学受験が出来なくてもどこかで子供の将来を思う気持ちは同じです。

データーで見ただけでは一部の人間しか評価できませんが、子供の未来や可能性は沢山あるので、色んな方向から導けば良いと思います。

でも、結果的には小学受験って

やっぱりお金持ち

なのかもしれませんね!!


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします