ベビー用品

抱っこ紐買って失敗したなぁという声集めてみました!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

抱っこ紐を買ってみたものの、いざ使ってみると「あれれ?」と感じたり、「失敗したかも」と後悔してしまうこともあります。

せっかくの赤ちゃんに買ったのに結局数回しか使わなかっただともったいないですよね。抱っこ紐の良い点は良く調べるけれど、なかなか失敗した話は調べないものですね。

今回は、抱っこ紐を買ったけど、こんなことで失敗したなあと感じた生の声を集めてみました。



抱っこ紐を買って失敗した理由は?

1.使う場面を想像して買わなかったから

2.事前に検討せずに、衝動買いしたから

3.値段が安かったからつい購入してしまったから

4.ママの体に合わせて買わなかったから

5.使いたい時期に使いこなせなったから

大きく分けるとこのような理由が抱っこ紐を購入して失敗してしまった理由でしょう。

ではそれぞれ、実際にあった失敗談を踏まえてより詳しく失敗の原因を見てみましょう。

1.使う場面を想像して買わなかったから

抱っこ紐を購入する際とっても大切なのは、その抱っこ紐をいつどういったときに活用したいかなのです。

家事の時だけ?移動手段として?寝かしつける時だけ?などなど、ママそれぞれのスチエーションがあるはずですね。

でも漠然ととりあえず、抱っこ紐を買っておこうかな?では、商品の持つ、デザイン、機能、特徴を見落としてしまいがちです。

そういった理由から、購入前に、使う場面をある程度想像しておく必要があります。

おんぶしながら食事の支度、洗濯、掃除・・・
たいていのことはできます。
子どもが寝たら、イナバウアーでベッドにおろします(笑)
他にも利点はあります。
外出時にくるくると畳むだけなので軽くてかさばらないのと、
おかあさん、おばあちゃん達に懐かしいと声を掛けられます!(^^)
購入で迷っておられるようですが、
一度昔ながらのおんぶひもも検討してみてくださいね。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3349450.html

2.事前に検討せずに、衝動買いしたから

ふらっとお店に入り、なんとなくかわいいし、使いやすそうだから購入したというのでは、必ず抱っこ紐の場合は失敗します。

事前にこのメーカーでこのデザインで、特徴は○○というところまで調べてから店頭で手に取り、実際に体に装着してみてようやくその品物が良いものかがわかるのです。

抱っこ紐の衝動買いは避けたほうはいいでしょう。

この口コミはエルゴの場合です。

「ママと密着しているため、夏場はママと赤ちゃんの密着面の空気の入れ替えをこまめにしないと…結構暑いです。 肌の弱いママはお腹に汗疹ができてしまうこともあるのでご注意を! 」

出典: http://www.akakomi.com/type/carrier/1/



3.値段が安かったからつい購入してしまったから

抱っこ紐はたいてい1万円から2万円するところですが、なかにはお手頃の価格なものもあります。

コスパ最高。装着が簡単。生地の風通しがいい。

たたむとコンパクトになるなどの利点もたくさんありますが、値段に比例してくる失敗ポイントがあります。

やはりそれは「作り」でしょう。そんな口コミを上げてみます。これはグレコの口コミです。

作りが安っぽい。足がかなり開いているせいか子供が寝心地悪そう。軽さや通気性を追求している分、生地が薄くメッシュも荒いので、安っぽく感じる。デザインはいまいち。数回洗濯するとメッシュ部分がぼろくなった。ヨダレパッドがなく、仕方なく自分で作った。収納ポーチがないので欲しかった。

出典: http://kuminboblog.com/blog/dakkohimoosusume

4.ママの体に合わせて買わなかったから

ママの背格好も様々。肩こりの人もいれば腰痛持ちの人もいますよね。

そのママの体の特徴に合わせて抱っこ紐も選ぶ必要があります。

腰をしっかりとホールドしてくれて、ママの腰痛も軽減されるタイプや肩にかかる重さを腰と肩に分散してくれるタイプなど様々です。

商品の特徴をよく理解してから購入しましょうね。

「元々腰が悪く、娘の体重が増えるに連れて体を反らす様になり痛みが激しくなったのでエルゴを購入しました。(中略) ほぼ腰で支えているので、コルセットみたいな使用感で肩で支えるタイプより全然楽です 最初からエルゴにすれば良かったと若干後悔しています。」

出典: http://www.akakomi.com/type/carrier/1/

5.使いたい時期に使いこなせなったから

今もなお、人気のある抱っこ紐それは、スリングです。

数年前は大流行したスリングですが、使いこなすのに、ちょっとテクニックが必要だったり、赤ちゃんが落ちそうで怖いといった声が多く、慣れたベテランママには人気がありますが、いまいちなのがスリングタイプの抱っこ紐です。

その失敗したなあという口コミを上げてみますね。

スリングのいいところは、何より布だし軽いです。ベビーカーと併用して持ち歩くならとても便利だと思います。そしてその辺の近所へ買い物という際には使い勝手がいいと思います。しかし、慣れるまでは装着が大変だということ(最初は赤ちゃんが嫌がって泣いていました)、長時間は使用できないなどのデメリットがあります。
新生児から使えますが、新生児にこのスリングを使うには怖い、、ということで生後二ヶ月くらいになって使い始めました。

出典: http://mama-hack.com/dakkohimo

失敗しないポイントは「必ず試して、手に取ってから決めること」

これらを踏まえて、店頭でいろいろ試せるように販売しているところが多いので、ぜひ購入前に試すことをお勧めします。

実際赤ちゃんを入れてみて試すともっといいと思います。

いかがでしたでしょうか?

失敗した経験談はとっても役に立ちますよね。

何個も買わない抱っこ紐だからこそ、吟味して失敗なく、購入したいものですよね。

きっとあなたにぴったりの抱っこ紐がみつかるはずです。

購入の際はぜひ参考になさってみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします