育児の悩み・疑問

思春期の中学生の子育てが難しい3つの理由

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

現在、高校2年生の女子と中学3年生の男子を育てています。

毎日が、イライラ!子供とのコミュニケーションがうまく行かない!この子何考えてるんだか…!と思われているお母様方に是非、参考にしていただけたらなと思います。

まずは、思春期ってなんだろう?という所から、自分の思春期時代を思い出し、現在との比較も含めて考えてみたいと思います。



思春期の子供の変化

思春期を簡単に説明するのであれば、身体が子供から大人に変わることを指します。

女の子であれば、初潮が始まり、身体つきが丸くなり、肉付きも良くなってきます。

男の子であれば、声変わりをしたり、髭や体毛が濃くなり、筋肉も付いてくる時期であったり、初潮と同じく精通し、男性機能が発達し始める時期です。

つまり、第二次成長期という意味になります。ここまでは学校の教科書にも書いているような内容になりますが、思春期はこれだけではありません。

思春期に起きる心の変化

身体は、第二次成長期を経て、どんどん大人になり順応します。周りの大人達に聞けば子供達も対処できるでしょう。

しかし、心の成長までは身体のようにうまく順応できないのが、思春期だと私は思います。

つまり、身体は大人になるのに、“心は子供のまま”という状態になる事だと子育てをしていて思った結果です。

大人になりきれない子供の心

現在、思春期の子供達に限らず、色んなところからの情報が満載過ぎて子供達は混乱も招いていると思います。

昔は、携帯もパソコンもなく、インターネットなども勿論ありませんでした。

情報源はテレビや雑誌位でしたので、大人になる為の材料は少なかったように思います。

しかし、現在は大人や親に聞く事もなく、情報元をそのまま自己処理して、大人になったように思っている子供達が多いように思うのです。

親や先生達も忙しくて、中々構ってあげれないのが現状かもしれませんが、特に思春期の子供達には、せめて親、母親が目を光らせておかないと、とても大変な事になると思うのです。

子育てが難しい理由1 子供への情報が多すぎる

とにかく、情報が悪いという訳ではなくて、全てを鵜呑みにさせないように、母親はコントロールしてあげないといけないという事です。

スマホでの情報はなるべくチェックしておきたい

母親や周りの大人が、全てスマホを取り上げて、チェックしなければならないのではなく、会話の中で、「今何流行ってるの?」とか「何を見てるの?」位で良いと思います。

現在その子の興味が何に行っているかという確認だけでも、随分子育ては楽になるものです。

そこから生まれる会話で、思春期時に起きる反抗的な態度も、意外や忘れて行くようなので、是非試して頂きたいです。



子育てが難しい理由2 会話をしたがらない

これも、典型的な思春期の症状で、私自身がそうだったので、そのことを振り返り、現在の自身の子供達に接するようにしています。

子供の隙を見て観察

とにかく、親とは話ししたくないんです。だから、最低限の会話しかないのが、現状だと思うのです。

しかし、彼らにも隙が必ずあって、先程も書きましたように、スマホを触っている時間帯は逆に会話のチャンスだと思って下されば良いと思います。

(スマホが無い場合であれば、子供さんが好きな事をしている時間帯と思えば良いと思います。)

ささいな時間、隙をみて彼らに話しかけてあげれば、きっと少しずつ学校の事や友達の事を話してくれる、会話が弾むきっかけになると思います。

子育てが難しい理由3 構い過ぎない事

大人になろうとしている思春期の子供達に、親が余り手出ししないという事です。

つまり、自立心を持たせてあげるという意味になります。

見守ることも大切

先程書きました、スマホをチェックしてという所では、少し干渉しているのかなと思われるかもしれませんが、それは会話を作るための材料です。

見守るというのは、自分で出来ることは自分でさせるという意味です。

まだまだ心は子供ですが、全てを親や大人任せにさせるのではなく、家の手伝いや身の回りの事、勉強の計画などは、反抗期で親の言う事を聞かないかもしれませんが、しっかり本人に任せ、やらなければならないという事を理解させましょう。

ここで、親が手を貸すといくつになっても自立出来ません。出来てなくてもガミガミ怒鳴るのではなくて「しておかないと、知らないよ!」位の気持ちで接すると、彼らもすんなり受け入れることが出来ます。

信頼してあげる事

思い出してみて下さい!大人でも上司や周りの人間に、ガミガミ怒鳴られてはやる気を失うものです。思春期の子供達だって同じです。

大人になる為に、自立しなければならない事を理解させ、信頼して任せることも時には必要です。

まとめ

思春期に限らないのかもしれませんが、特にこの時期の子供達の心の成長はとってもナーバスだと私は思います。

大人がイライラすると、そんなナーバスな気持ちを持った子供達にすぐ伝わってしまうので、そこは気をつけてこの

時期を親子で楽しんではいかがでしょうか?

男の子でも女の子でも数年で終わってしまう思春期ですので、ちょっとだけ見方を変えて接してみて下さいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします