女性の健康 妊婦の健康・食事 子供の健康・食事

2015-2016年のインフルエンザ!流行の時期と症状の特徴は?予防接種の料金は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

11月に入り、すっかり紅葉も進み、空気も乾燥してきました。この時期になると気になるのが、風邪やインフルエンザのウイルス感染です。

特に今年の傾向として、寒くなる時期が早く、インフルエンザにかかる人も例年より早い流行になるのではないかと懸念されています。

現に、インフルエンザによる学級閉鎖が、東京都や神奈川県で9月だというのに発生している事も分かっています。

なぜこんなに早い季節にインフルエンザが流行しているのか?2015年の流行の時期や症状、「今年はワクチンが新しくなった!」というのも含め、インフルエンザについて皆さんもしっかり理解しておきましょう。



毎年やってくるインフルエンザの症状と予防方法

この季節になると、沢山のウイルスが飛び交うようになり、風邪なのか流行性のウイルスなのか(ノロやロタ等)、果たしてインフルエンザなのか?ただのアレルギーなのか?本当に見分けがつかない時ってありませんか?

今回は、インフルエンザと風邪の見分け方についてご紹介します。

インフルエンザと風邪の違い

初期の症状はほぼ同じではないかと言われているインフルエンザなのですが、流行している時期であれば、すぐ判断も付くと思います。

初期症状は、どのウイルスでも同じ、咳や鼻水・くしゃみ・発熱といった風邪の症状になります。

インフルエンザの場合、感染していると、一瞬で高熱まで上昇します。そして関節が痛くなります

ただの風邪であれば、熱の上昇スピードは緩やか!インフルエンザについては熱があるなと思ったら、1時間位で上昇してしまうので、そこが見分けのポイントになると思います。

特に、小さなお子様は意思を伝えることが出来なかったりするので、注意すべき症状ではないでしょうか??

かからないための予防法!!

流行にはどうしても逆らえない、インフルエンザなのですが、やはりかかってしまう前に予防はしておきたいですよね。

とにかく、手洗いうがいは習慣に!!

特に、子供達は普段学校という集団生活をしています。インフルエンザだけでなく、日頃から手洗いやうがいでしっかり殺菌し、体力を保つような運動や食事に心がけましょう。

早寝早起き

これも、当たり前かもしれませんが、生活の乱れは体力や免疫力を落とす原因です。
この時期だけでも、睡眠はしっかりとっておきましょう。

インフルエンザワクチンの投与

やはり、一番はワクチンを接種しておくこと!今年は特に新しいワクチンになったという情報もあります。

2015-2016年流行時期は?

先述しましたように、2015年は9月に東京都の小学校で、すでに集団感染(学級閉鎖)しています。

なぜ、9月に?と言われるかもしれません。
今年は、早くシーズンが到来しているという事なのでしょう。実際には全国的に広まっているという情報は少ないのですが、今回のインフルエンザは流行り出した時期が早く、長引き傾向があります。

かかりやすい時期は、急激に気温が下がり始める11月下旬から2月下旬頃!なので、これからの季節は要注意です。



今年の抗ウイルス薬(タミフル等)の効果が?

今年のインフルエンザに抗ウイルス薬が効かないという情報があります。いったいそれはどういう事なのでしょうか?

タミフルやイナビルのような抗ウイルス薬が効きにくくなってきている

誤解しないで頂きたいのは、効かないのではなくて、効き目が薄いという事なのです。
ウイルス自体、変化をしているのです。毎年のように薬の開発・改良は進んでいるので、使用については、医師の指示通りで大丈夫です。

ウイルス薬よりもワクチン?

ただ、今年については、メディアでも伝えられているように、新しくインフルエンザB型にも対応出来る、ワクチンの開発が進んだという事です。

今年はワクチンが有効!!

A型と同時にB型も流行し始めるのですが、今まではB型についてはワクチンはなく、ウイルス薬の効果も期待できませんでしたが、今回のワクチンが効果が期待出来るようになりました。

 

妊婦さんや授乳中のお母さんはワクチンを打っても大丈夫?

普通、かかってしまった場合はウイルス薬を使用しますが、妊婦や授乳中のお母さんについての薬の安全性はまだ確実ではありません。

ワクチンに関しては、妊娠期間中において可能とされているので、もし上のお子様がいらっしゃるのであれば、しておくことをお勧めします。

 

今年は値上がり!?ワクチンの値段は?

今年に関しての情報では、新ワクチンの開発という事もあり、若干の値上がりが予想されます。詳しくは各市町村や医療機関にお問い合わせ下さい。

値上がりはするけど、効果は期待!!

今年のワクチンの値上がりは免れないと思います。その分の効果の期待を買うと思って是非、予防接種される事をお勧めしたいと思います。
この冬、元気で過ごしましょう!!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします