ヘアケア 産後

産後抜け毛を食べ物で対策!どんな栄養を摂ると効果的?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠出産を経て、産後2~3か月を迎えたママに訪れる「産後抜け毛」

多くのママが経験する産後の抜け毛ですが、少しでも抜け毛を少なく、そして少しでも早く大量に毛が抜ける時期を終わらせるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ヒントはいくつかの栄養素!毎日の食事の中で気軽に取り入れることのできる、抜け毛対策に重要な栄養素をご紹介します。



毎日の食事で抜け毛対策

毎日の食事で抜け毛対策、と言われてもピンとこないママも多いかもしれません。

しかし、髪をはじめとしたママの体のすべてはあなたが選び、そして食べた食べ物からできています。

栄養のある食事は体の健康はもちろん、肌のハリ、髪のツヤやコシにも影響してくるのです。

また、多くのママが母乳を与える時期ですから、栄養が母乳にとられがちです。

髪や頭皮へも必要な栄養素も賄えるよう、しっかりと栄養を確保しましょう!

どんな栄養素を摂ればいいの?

抜け毛対策を毎日の食事でする場合、どんな栄養素が必要なのでしょうか?

タンパク質

髪の主成分であるケラチンはタンパク質(アミノ酸)からできています。

良質な髪を作るためには欠かせない材料であるタンパク質は毎日の食事に欠かさず取り入れましょう。

産後のこの時期であれば、脂肪の少ない鶏肉や大豆、卵や納豆、魚、牛乳などがお勧めです。

これらは母乳にも良い影響を与えるため、赤ちゃんにとっておいしい母乳を作ります。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を高め、抜け毛の予防や正常なヘアサイクルの維持には欠かせないビタミンB2。

このビタミンB2は納豆、レバーや海苔などに多く含まれています

ビタミンB6

皮脂の正常な分泌を助け、頭皮の炎症を抑える働きをするビタミンB6。ビタミンB6はニンニクやマグロ、レバーやきな粉などに多く含まれています

ビタミンE

ビタミンEには抜け毛を抑制する働きを持っています。アーモンドやイクラ、たらこなどに多く含まれています

カルシウム

産後、特に必要な栄養素と言われるカルシウム。髪にもツヤやコシを与えてくれますから、ぜひ意識して摂取したいものですね。

煮干しや干しエビ、しらすやひじき、チーズなどに多く含まれています

ベータカロテン

ニンジンやカボチャ含まれる栄養素の代名詞であるベータカロテン。頭皮の健康を保ってくれます。

ニンジンやカボチャ以外にもシソやモロヘイヤ、海苔などにも多く含まれます



大豆イソフラボン

女性の抜け毛に特に効果のあると言われている大豆イソフラボン。名前の通り大豆に含まれる栄養素で、豆乳や納豆、豆腐に多く含まれています

亜鉛

髪の主成分であるケラチンを生成するために必要不可欠な亜鉛。牡蠣やレバー、煮干しやゴマに多く含まれています

亜鉛は単独で摂るよりも、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすいため、ピーマンやブロッコリーと一緒に摂取したり、デザートに果物を摂ると良いでしょう。

どんな献立がおすすめ?

これまで登場した栄養素を積極的に摂るにはどんな献立が良いのでしょうか。一日の献立を考えてみました!

朝ごはん

ご飯、納豆、味付けのり、野菜の卵とじ、煮干し出汁のお味噌汁(豆腐とわかめ)

昼ごはん

キャベツと干しエビのパスタ、鶏ときのこの豆乳スープ

夜ごはん

ご飯、千切りニンジンとツナのサラダ、ブロッコリーのゴママヨ合え、レバーと野菜の甘味噌炒め、煮干し出汁のお味噌汁(かぼちゃと玉ねぎ)

間食

きな粉とはちみつ入り牛乳、煮干し、ナッツなど

毎日の食事で様々な栄養素を取り入れて!

産後で慌ただしく日々の食事に気を遣うには大変時期ではありますが、ぜひ無理のない範囲で毎日の食事に髪に良い様々な栄養素を取り入れることを意識し、産後の抜け毛予防に役立てていただけたらと思います。


産後用


この記事を書いたママ

ケイ

6歳の娘と2歳の息子を育てているママです。親の思惑通りになってくれるわけもない子どもたちと毎日バトルしています(笑)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします