産後

産前15kg太った体を産後3ヶ月で-15kg痩せれたスープダイエットの方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!4歳と1歳の元気な男の子2人を育児奮闘中のママライターです。

産後になかなか体重が落ちない!または育児ストレスでつい間食が増えて気が付いたら体重がやばい!なんてことはありませんか?

私は長男を妊娠中、臨月に妊娠前より15kgくらい太ってしまいました

原因と言われて思いつくのは、いわゆる食べ悪阻と妊娠中特有の空腹感とでもいいましょうか、とにかく毎日いろいろ食べていたらあっという間に体重が増えていってしまいました。

出産後、子供がいなくなったお腹の皮はたぷたぷで、いくらか減ったとはいえ体重も妊娠前と比べてまだまだ多い状態です。

これではいけないと思い立ったものの、母乳育児中なのと元々のぐうたらな性格から、

運動系や食事を節制するなどのダイエットは無理だなと思っていたので何か簡単で赤ちゃんがいてもできるダイエット法はないかなと思っていきついたのがスープダイエットだったんです。

では私が実際に試したスープダイエットについてのあれこれをご紹介します。



スープダイエットって?

スープダイエットとは、その名の通りスープを飲んで行うダイエットのことです。

このスープダイエットの最大の特徴は、作ったスープをいつでもどのくらいでも食べていいということです。

普通、ダイエットといえば決められた食材やカロリーを守って控え目に食べるのが一般的なので、食べることが大好きな私にはうってつけでした。

作るスープには野菜をたくさん入れるので、野菜がもつ栄養とスープの水分で体の中の余分な脂肪を燃焼させ、貯まった毒素を全部出してしまおうというダイエット方法なのです。

スープの作り方

ダイエット用の脂肪燃焼スープの作り方はいたって簡単です。

【材料】
キャベツ,たまねぎ,にんじん,ピーマン,セロリ,ホールトマト缶

上記の食材を適当な大きなに切って大きな鍋に入れ、たっぷりの水とコンソメの素を入れて煮込み、野菜が柔らかくなったら完成です。

材料の野菜はどのくらいの量というのはあまり考えず、使う鍋に合わせて適当に放り込んでください。

セロリが苦手な方は、無理せずセロリを除いて作ってくださいね。とにかくスープを食べるのがこのダイエット法の目的なので、苦手なものを入れると続きません

材料の野菜はこれ以外でもなんでもいれちゃってOKです。私は大根が安くなる冬場には大根もたくさん入れてました。

もしトマト系スープが苦手な方がいたら、鰹節や昆布、鳥ガラスープの素なんかで和風や中華風の味付けにしてみてもいいですね。

私も毎日食べてトマト系の味に飽きた時は、和風にしたり中華風にしたり、色々味を変えてやっていました。とにかく出来るだけ続けるために、飽きない工夫をしましょう。

大きな鍋に作って冷蔵庫に保管し毎日火を通せば一週間分くらいまとめて作ってしまって大丈夫です。まとめて作れば食べるたびに温めるだけなのでらくちんです。

スープダイエット4つのポイント

脂肪燃焼スープが完成したら、いろいろスープダイエットの開始です。

といっても基本の食べ方を守って食べるだけです。基本的なポイントとしては、以下の4点だけです。

【スープダイエットのポイント】
1、夕食を食べる前に必ず一杯以上食べる。
2、一週間以上続ける。
3、満腹になるまでいくらでも食べていい。
4、夕食以外でも朝でも昼でも食べてOK。

できれば、脂肪の多いお肉などはもちろん、お菓子なども食べないようにしましょう

その代わりお腹がすいたらスープならばいくらでも食べて大丈夫です。

ただし、スープだけを食べているとタンパク質が不足してしまうので、週に2~3回は鳥肉(できれば胸肉かササミ)を蒸したり煮たりして食べるようにしてください。

私は面倒なのでササミを蒸して手で適当に割いてスープに混ぜちゃったりしていました。

スープダイエット中は、できるだけ焼く料理は控えるのがベストですが(油を使う為)、これも無理はしない程度で。



3ヶ月後の効果!-15kg痩せて妊娠前に戻った

私がやったスープダイエットは、あくまで無理はしないのが前提だったので、本来のスープダイエットよりちょっと緩めです。

本格的なスープダイエットは、油や砂糖は一切禁止、焼き魚や焼いた肉も禁止、スープ以外に食べるものも決まっている。

というものなんですが、正直ママをやりながら節制したダイエットするのって結構大変なんですよね。ダイエットをしてるのが自分1人の場合、家族を巻き込むのは可哀想ですから。

なので、私のスープダイエットの場合、私はスープメインの食生活をしましたが、家族には普通の食事を作っていました。家族の食事で作った肉料理があれば、それが焼肉であってもスープの後に食べてましたし、お菓子を食べることもありました。

そんな感じで緩いやり方をしていたものの、スープメインの食生活だったのが功を奏したのか、体重は緩やかですが順調に減り、スープダイエットを開始して三カ月ほどでマイナス15kg程痩せて妊娠前の体重に戻すことができました

緩くても続けることが大事

このダイエットで大事なことは、とにかくスープを食べる習慣を続けることです。続けていればお通じも良くなりますし、体から余分なものが出るためか浮腫みなどもかなり軽減します。

しかし、独身の頃や夫婦二人だけの時のような身軽な頃と違い、ママになってからのダイエットというのはなかなか難しいこともあります。継続することが何より大切なので、多少本来のやり方と違っていたり、少し緩めになったとしても、続くならいいと思うのです。

「お菓子食べちゃったけどスープは二杯飲んだから、まぁいいか」みたいに、あまり自分を追い詰めず程々にやっていきましょう。

無理なダイエットをして体調を崩したり、自分を追い詰め過ぎてイライラしては元も子もありませんからね。

【関連記事】

産後母乳で痩せない方へ!-15kg痩せた母乳ダイエット成功の7箇条


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします