1歳~3歳児 4歳~6歳 子供の健康・食事

夜型幼児急増!3歳~6歳の約10%!全国30万人!その理由とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

夜型専業主婦の私もびっくりの夜型幼児が増加中だとか。間もなく12月、クリスマス、サンタクロースの季節ではありませんか。

夜型幼児がぱっちり目を開いていたら、サンタクロースも煙突を前にお手上げです。

サンタクロースの活動を妨げる夜型幼児の謎を、サンタクロースに変わって調べてみることにしました。



夜型幼児とは

夜に活動し、早起きが苦手な夜型生活の生活習慣を持つ幼児のこと。その増加が問題になっています。

幼稚園、保育園に通う幼児の10%が夜型幼児

埼玉県の国立保健医療科学院等が2013年に行った調査によると、全国の幼稚園、保育園に通う三歳~六歳までの幼児のうちの10%、なんと少なくとも30万人もの幼児が夜型幼児であるという結果に。

厚生労働省の「21世紀出生児縦断調査」でも、2001年生まれの4万人以上のうち四歳半の時点で21:00前に就寝するこどもは1/5以下となっていました

夜型幼児の危険性

夜型の生活習慣はこのような危険性があると言われています。

成長の妨げ

体の成長、修復、回復に重要な働きをする成長ホルモンは夜の睡眠中に分泌され、もっとも多く分泌されるのは夜の22:00頃~2:00の間。そのため、質の良い睡眠を充分な時間とる必要があるのです。

8時間~10時間は必要だと言われています。夜型の生活では成長ホルモンが正常に働かず、成長が妨げられるおそれがあります。

セロトニン不足で学力低下・問題行動

セロトニンとメラトニンという二つの物質があります。

それぞれ対になって分泌されるホルモンで、睡眠不足によって生活が乱れるとセロトニンが不足し、セロトニンが不足するとセロトニンを材料として分泌されるメラトニンが不足し、メラトニンが不足すると睡眠不足になり生活が乱れ・・・という関係です。

セロトニンは三大脳内伝達物質の一つといわれるもの。セロトニンが不足すると、いわゆるキレやすい状態になったり、鬱を引き起こします。これが学力低下や問題行動へつながってしまうおそれがあります。

メラトニン不足で身長の伸び止まり

メラトニンは睡眠ホルモン。抗酸化作用で細胞の新陳代謝を促し、疲労回復効果があるなど、健康を保つのに重要なホルモンです。またタイミングの合わない性的成熟を防ぐ役割があり、早期の身長の伸び止まりを防ぎます。

肥満

睡眠が不足することで、成長ホルモンによる脂肪の分解が不十分になります。また、食欲を押さえるホルモンの分泌も不足してしまい、肥満になりやすくなってしまいます。

生活習慣の乱れ

夜型だとどうしても朝の起床が遅くなり、朝食を満足に食べない事が増えてしまいます。また、授業中も眠く、話が聞けない、ぼーっとする、集中力がない、さらに怪我や事故が増えるなど問題は尽きません。



夜型幼児の原因

夜型幼児増加の原因は、次のように考えられています。大人の生活にこどもが巻き込まれることで、夜型になっているようです。

スマートフォンやゲーム機の存在

時間を選ばないで使用できる便利なスマートフォン、いつでもすぐに遊べるゲーム。これらで夜遅くまで遊ぶこどもが増えたことが、原因のひとつだと言われています。便利な道具は便利に使ってこそ、ゲームは日中一時間!

深夜まで明るい街

24時間営業のコンビニエンスストア、スーパー、ファミリーレストラン。助かることも多いこれらの店舗ですが、深夜まで明るい環境は正常な体のリズムを奪います。また、遅い時間に幼児を連れてこれらを利用することも、夜型幼児の原因です。

両親の帰宅が遅い

共働きなどで両親の帰りが遅いことも原因のひとつとされています。

夜型幼児の改善

夜型幼児の生活改善はどのようにすれば良いでしょうか。まずは、早く眠ることよりも早起きをすることです。そして、朝の日の光を浴びます。

夜は部屋の明かりを暗めに、静かな環境を心がけてみましょう。そうすることで、自然に体内時計のスイッチが入り、正常な睡眠習慣へと体が働きはじめます。

まとめ

夜型幼児問題ですが、両親の就労による遅い帰宅が原因のひとつにあげられています。育児休暇や育児サポート制度の充実も、社会全体による夜型幼児の改善および予防策であると思いました。

サンタクロースが来る頃には、みんなすやすや眠っていますように。


この記事を書いたママ

厥日績

ゆったり系私立小学校へ通う娘とゆったり生活中のマイペースな専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします