1歳~3歳児 4歳~6歳 生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問 育児・子育てイライラ

子供が散らかす部屋をキレイで快適な部屋にする方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

片づけても片づけてもきりがない!

育児中の方なら、誰でも1度は思ったことがあるのではないでしょうか。おもちゃであふれた部屋をスッキリきれいにしたい!とは思うものの、用事が多くて部屋の掃除にばかり時間がとれない。

一体どうしたらよいのでしょう。



部屋の空間を空けよう

空間ができると、おもちゃをきれいに収納することができますよね。

おもちゃを一か所にまとめて収納できるスペースを作る

一か所におもちゃがまとまっていると、部屋全体におもちゃがあるよりもすっきり見えます。

おもちゃ以外の、大人の持ち物を減らす

どうしても空間が作れない場合は、1度持ち物を見直してみることをおすすめします。意外と、もうずっと使ってないのに部屋にあるもの、もう使わないのに収納していたもの、出てくると思います。

おもちゃや絵本などを収納するものは、できるだけ大きさや色を揃える

部屋をキレイに見せるためには視覚的にスッキリしていることが大事です。

カラーボックスは、おもちゃの収納に向いています

カラーボックスであれば、必要な段数を選べますし、形も画一化されているのでスッキリ見えます。また、大きさに合う箱を買えば、そのまま収納できます。

100均などで、同じ種類のかごを揃える

100均であれば、気軽に揃えやすいですよね。ポイントは、白やベージュなど淡い色あいに揃えることです。

こうしておくと、部屋を見たときに視覚的にスッキリしますし、おもちゃ以外のインテリアの部分がより際立ちます。



おもちゃの数を見直そう

いくら空間と収納スペースができても、おもちゃの数が多いと、収納できず、部屋にあふれるということになってしまいます。

しばらく使っていないおもちゃは、別の箱に

おもちゃ箱の中に入っていても、必ず遊んでいる訳ではありません。

子供の行動を見ていて、使っていないおもちゃは、よけて別の箱にいれ、しばらく子供の目に触れないところに置いておきましょう。

子供があのおもちゃがない!などと言ってこない時は、もう忘れている場合がありますので、様子を見て捨ててもいいかもしれません。

子供に、大事なものはどれか聞いてみる

大事な物からおもちゃ箱に入れて、と子供にお願いしてみます。すると子供は好きな物から入れることでしょう。

おもちゃ箱がいっぱいになった時に、あふれたおもちゃがいるかどうか聞いてみると、別にいらない、と答えるかもしれません。

使ってないおもちゃは捨ててしまう!?

飲食店などで、おまけとしておもちゃをもらう機会がありますね。それらは、得てして壊れやすかったり、子供もすぐに飽きてしまうことが多いです。

それらのおもちゃを全部置いていませんか?子供がもう遊んでないおもちゃは捨ててしまっても大丈夫かもしれません!?

こどもと一緒に片づけをしよう!

子供が散らかしたものを、親だけで片づけると大変です!子供にも自分で片づける習慣をもってもらいましょう。

とは言っても、子供に片づけをさせるのは難しいですよね。何かいい方法はないものでしょうか。

親と、どちらが早くかごをいっぱいにできるか競争する!

子供は遊ぶことが大好きです。特に大好きな親とたくさん遊びたいと思っています。そこで、片づけ自体を遊びにします。競争という形なら、子供は結構本気になってくれます。

子供がわかりやすいように、かごにキャラクターや、車などの絵を描いたものを貼る

例えば、アンパンマンのおもちゃがたくさんあったなら、それらをしまうかごには、アンパンマンのシールや、絵を描いたものを貼っておきます。

そうすると、まだ字が読めない子供でも、収納場所が分かりますね。車のおもちゃがたくさんあるなら、車の絵を貼ったりしておきます。

子供が分かりやすいように工夫することで、自分でも片づけようと思ってくれるかもしれません。

部屋がスッキリすると、心にも余裕ができますよね。とは言え、育児中では、時間も限られています。できることから、始めてみるといいかもしれません。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします