妊娠中期 妊娠後期 妊婦の健康・食事

胎児に音楽を聞かせる効果とは?胎教に良い音楽5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「胎教」を始めようとした時に、まずはクラシックや胎教関連のCDを聞いてみようかな、と思う人もいるのでは。

音楽を聞かせることにどんな効果があるのか、どんなジャンルの曲を選べばいいのか、まとめてみました。



胎児に音楽を聞かせる効果とは

28週頃から外の音や声が聞こえるようになる

妊娠4週頃に、胎児の耳の溝ができます。8週頃、三半規管などの耳の原型、鼓膜などがある「中耳」という部分ができ、20週頃、ママの血液が流れる音や心音を聞くこともできます。

28週を過ぎると聴力は更に発達し、腹壁を通じて、外の音や声が聞こえるようになります。

胎児に音楽はこもったように聞こえてる

残念ながら、赤ちゃんは子宮の中から外の音を聞いているので、こもったような音になります。私達が聞いている音楽が、そのまま赤ちゃんにも聞こえているわけではありません。

ママがリラックスするために音楽を聞く

胎教とは、赤ちゃんに音楽を聞かせるというよりも、音楽を聞くことでママがリラックスして穏やかな精神状態を保つことで、赤ちゃんによい環境を整える、ということに大きな意味があります。

音楽を聞いてリラックスすると、ママの脳にα(アルファ)波という脳波が表れます。自分にとってα派が出やすいリラックスできる音楽を見つけていきましょう。

胎教に良い音楽①胎教の定番 クラシック

「1/fゆらぎ」を持つクラシック

人の生体リズムや自然界には「1/fゆらぎ」というゆらぎがあります。この1/fのゆらぎの波長が脳に働きかけ、自律神経の調整によって感情や情緒が安定し、脳からα波が出やすくなる効果があると言われています。

クラシック音楽は、この「1/fゆらぎ」を多く持っているので、ママのリラックスにつながり、胎教にもよい効果があるのです。

モーツァルトを聞かせると天才に育つ?

「モーツァルトを聴かせると天才に育つ」という説がありますが、どうしてそう言われるようになったのでしょうか。

1993年にアメリカで行われた実験で、被験者にモーツァルトの曲を聞かせた場合、ほかと比べて「空間的思考能力を測る知能検査の成績が、一時的に目立って良くなった」という結果が出ました。

このことから発展して「乳幼児にモーツァルトを聴かせると知能の発育と発達に効果がある」と言われるようになり、更に拡大解釈されて「胎教にもいい」と言われるようになったそうです。

「モーツァルトを聞かせる=天才が育つ胎教」とは一概には言えませんが、モーツァルトの曲にはバイオリンなどの高周波音が多く含まれ、一定の安定したリズムで自律神経のバランスをとるので、ママの癒やし効果が高いとは言えます。

クラシックが合わない人は自分がリラックスできる音楽を

「クラシックは単調で、聞いても退屈。逆に落ち着かない」そんな人はα波を出しにくい状況になります。生理的に受け付けない場合は、クラシックにこだわらず、自分のリラックスできる音楽を見つけていきましょう。



胎教に良い音楽②知っている歌手の曲 ポップス

ポップスの中でも「1/fゆらぎ」を持つものがあり、代表的なのが、宇多田ヒカルの曲です。

夏川りみも優しく語りかける歌声が胎教にピッタリ。赤ちゃんをあやすママの大らかな愛が描かれている「童神(わらびがみ)〜ヤマトグチ〜」という曲が胎教によいと評判になり、プレママを対象にライブが行われたこともあります。

日本語だと歌詞が気になってそちらに意識が向いてしまう人は、海外アーティストでエンヤの曲が、ヒーリング効果が高く評価されています。

胎教に良い音楽③ママも懐かしい 童謡

子供の頃自分が歌った童謡、母親がよく歌ってくれた童謡を覚えていますか?童謡は長い年月にわたって語り継がれてきたメロディーで、ママのリラックスにプラス、聞きながら歌うことで、赤ちゃんにママの声を聞かせて上げることもできます。

なんとなくは歌えるけれど、歌詞が思い出せなくて…という人は、この機会にCDやYou Tubeなど聞いて、思い出してみましょう。

胎教に良い音楽④親しみがわく ディズニー・ジブリ

ママ自身ディズニーが大好き、ジブリの映画をよく見ているという方だと、曲を聞くことでリラックスすることができます。

ディズニー・ジブリに共通しているのは、耳にする機会が多く、子供から大人まで愛されるメロディーであること。親しみのある曲から聞き始めてみましょう。

胎教に良い音楽⑤赤ちゃんに届く音色 オルゴール

これまで紹介してきたのは、ママがリラックスするための音楽でしたが、唯一、赤ちゃんに聞こえやすい音楽があります。それが、生のオルゴールの音色です。

オルゴールの持つ生の響きを高度な周波数測定器で測ると、人間の可聴域を超えた3.75ヘルツの超低周波から100キロヘルツを超える超高周波まで含んでいるそうです。羊水の中にいる胎児は、低・高周波を持つ音楽が届きやすいと言われています。

CDなど録音されたものでは効果が得られないので、生のオルゴールの音を赤ちゃんに聞かせてあげましょう。

胎教に良い音楽はママが好きな音楽

色々上げた中で、試してみたい音楽はあったでしょうか?

あなたの好きな曲、リラックスできる曲を聞いて、ママの脳にα波がたくさん出る状態を作って下さいね。


この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします