妊婦の健康・食事

逆子体操が危険といわれる理由について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんがお腹のなかでコロコロと動き回ってくれることは元気な証拠!

しかし、体が大きく成長する妊娠中期が終わりに近づくにつれ、「このまま逆子のままだと・・・」と心配されるママも多いのではないでしょうか。

逆子は妊娠30週前後で診断されることが多く、出産までに逆子を治すために『逆子体操』をされる方も多いと思います。しかし、その逆子体操が危険!という説もあります。

それは本当なのでしょうか?理由も含めてご説明します。



腰痛悪化の原因に・・・

四つん這いになった状態で胸を床にぴったりと付けて、お尻を高く上げる『胸膝位(きょうしつい)』、腰の下にクッション等を挟み込んで仰向けになる『ブリッジ法』。

2つのパターンがありますが、どちらも腰痛を悪化させます。

産後にまで悪影響を!

胸膝位は腰を反らせる形になるので、腰痛を引き起こしやすくなります。それでなくても妊娠後期は腰痛に悩まされているママが多いことでしょう。

それが悪化し、産後の育児にまで悪影響を及ぼしかねません。

腰痛悪化の原因に・・・

逆子体操は1日10分~15分を毎日行う必要があります。誤った体勢になると、ママの体に負担がかかります。

胃が圧迫されます。

胸膝位は一見楽な姿勢のように見えますが、ママの胃が持ち上げられる形になるため、胃への圧迫感から胸やけ、胃もたれという症状が出たり、胸が圧迫されて呼吸が苦しくなることもあります。

破水や早産を招く危険性

逆子の赤ちゃんは、足やお尻が骨盤にハマっています。逆子体操とは、骨盤を広げて赤ちゃんをはずすことが目的です。

骨盤に負担がかかると・・・

骨盤に負担をかけることは、破水を引き起こす原因となります。そのため、早産になってしまう可能性が高まります。

ママの体に負担がかかると、子宮が収縮するためにお腹に張りを感じると思います。少しでも張りを感じたら、すぐに中止してください。



逆子体操は本当に効果があるの?

数年前までは、逆子体操には効果が期待できるとして、多くの病院で推奨されていました。しかし、現在は禁止する病院もあるくらいです。

逆子体操には期待できないの?

実際に、妊娠30週前後に逆子だと診断を受け、逆子体操をして効果があったママもいます。

しかし、何もしなくても自然と治るママもいますし、体操をしても治らないママもいます。そのため、治ったからと言っても、逆子体操の効果か否かを確かめる術がないのです。

医学的に証明するものも、統計もありません。たまたま逆子のママが逆子体操をして、その後に逆子が治ったから「逆子体操のおかげ!」と感じているだけのことと言っても過言ではないでしょう。

正しい姿勢になっていますか?

逆子体操をするのであれば、姿勢には充分注意してください。

本来、無理のかからない体勢のはず・・・

逆子体操は、きちんと正しい姿勢で行えば楽で安らげる姿勢のはずです。どこか少しでも苦しさを感じることがあれば、それは正しい姿勢にを保つことが出来ていないと考えられます。

自分だけの判断で、考えで進めず、必ず医師の指示を仰いで行いましょう。また、逆子体操をしてはいけないママもいます。

体の状態、赤ちゃんの状態を把握して、逆子体操を実践したい場合は、必ず医師に相談してください。

不安やプレッシャー解消のために

もし逆子が治らなくても、医療の力を借りて赤ちゃんを無事に出産できる時代です。

ひとつの安心材料だと捉えましょう。

逆子にはリスクがあるから・・・と出産に向けて不安を抱えて続けることは良くありません。

逆子体操を実践することで、ママの気持ちに余裕ができたり、プレッシャーを解消できればそれも良い効果です。

体に無理がかからない程度に行いながら、「逆子の赤ちゃん、治ってね~」と声をかけてあげることでママが安心できれば、体操をする意味はあるかもしれません。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします