ママ友 保育園・幼稚園・小学校の行事

保育園・幼稚園で本当にあったママ友トラブル4例

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

周囲に恵まれているのか、ゆるい性格ゆえか、いわゆる「ママ友トラブル」とは無縁で生きて参りました。

ところが、インターネット上には数々の体験談が・・・

自分では何事もないつもりでも、ひょっとすると気づかぬうちに周囲に迷惑をかけて「ママ友トラブル」の原因になっていたりはあるまいか。またはそうならないためにはどうすればいいか。

その辺を実例から学んでみようと思い、インターネットで見つけた「ママ友トラブル」を4つまとめてみました。



ママ友トラブル原点編

こども同士の関係とお母様同士の関係を切り離せないのが、ママ友トラブルの難しさだなと感じるケース。相談者は、つかず離れずの関係をすすめられています。

子供と親の関係

お友達に子供同士の関係にすごく過敏な方がいらっしゃいます。 とても愛情深く、いい方なのですが、子供のお友達には優しく、良い子と一緒にいさせたいとのことで、

少しきついお子さんのことはあまり良く思われない様です。 子供に悪影響なのでと言う事でした。わからなくもないのですが。 そしてその関係が親同士の関係にまで波及します。

そしてご自分のお子様とは関係ない所でおこっているトラブルにも敏感で、 お話の中のいわゆるいじめっ子の事をいろいろおっしゃったりもします。

いじめなど大きな問題は別ですが、日常の子供同士のことは子供で、、とも感じています。 我が家もいつ悪影響と思われるかはらはらしてしまいます。

親と子は別の関係で、、と考えるのは甘えでしょうか?

出典:inter-edu.com

噂話編

噂話に左右されたり、噂を振りまかれたり。相談者は噂で孤立されてしまいましたが、四月のクラス替えから心機一転を決めたとのこと。いつまでも同じ環境に固執するより、変化を求めた方が良いのかもしれません。

どこの幼稚園でも同じですかね・・・・

子供が今年2年保育でご縁を頂いた幼稚園に通っています。 今までママ友トラブルを経験&みてきたのでお母様同士のお付き合いは慎重に、距離を置き過ごしてきました。

先日親子遠足があったのですが、同じクラスだけど面識も無い方から声をかけられました。 詳しくは書けませんが、当たり障りの無い私の会話が、膨らんでしまって私が悪い噂を流しているとの事・・・

しかも噂を膨らませて流していたのは、一番親しいママ友でした。 一番親しいといっても行事の時に世間話をする程度で、普段は連絡も取りません。

他のお母様ともその場だけのお付き合いでした。 遠足の帰りに後ろから「頭おかしいんだよ」みたいな声が聞こえてショックでした。

皆さんも楽しそうに見えて、実は大なり小なり色々あるんですかね・・・ 誰にも言えなくてここに書き込んでしまいました。

出典:inter-edu.com



ガールズママクラブ編

女の子のお母様グループが、男の子を持つ相談者に対して仲間外れ行為をしているというケース。

部外者が聞けば別段魅力的でもない「ガールズママクラブ」ですが、幼稚園やマンションという狭い世界では気になってしまうようです。

私も女の子の母ですが「ガールズマ・枕部」ならともかく「ガールズママクラブ」は、ちょっと・・・

幼稚なママ

1年生と年少の男の子2人の母です。 同じ幼稚園のママのことなんですが、接し方に悩んでます。

同じクラスにこどもの学年が上も下も一緒で、上の子が幼稚園の時から仲良くしてたママ、〇子(女の子2人)がいます。

今年、同じクラスになった△子(女の子2人で、上が年少で下が1歳)がいます。△子は〇子と同じマンションで、 入園のことなどを〇子に相談して入園を決めたようです。

△子は、中心になってし切りたいタイプで、園のママでランチに行くときも「ガールズママクラブ」というのを作り同じマンション の女の子のママだけに声をかけ、

家にも女の子とそのママだけ呼んだり、買い物もそのグループだけで出かけ、買ってきたものをグループのこどもみんなで「おソロにしたのお」とか「こんなかわいいバッグ(女の子用の)発見~~!」と見せびらかします。

仲間はずれにして楽しんでいるようなところもあります。

挙句に園で、わたしに聞こえるように、「なんか男の子ってえ、遊びも乱暴そうだし、食事も食い散らかしそうだから一緒にはいたくないわあ」 と言ってるのを聞いてしまいました。

〇子とは上の子が幼稚園だった時、ランチ行ったり買い物行ったり結構仲良くしていました。でも今は私は完全に仲間はずれです。

〇子に聞いてみたら、「○○(相談者)には、悪いと思うけど、△子が男の子は家に誘いたくないっていうし、男の子のママは話題が合わないし、買い物も見たい店が違うし、男の子の服とか見るのに付き合いたくないとかいってた、と。同じマンションだから△子と波風立てたくないから・・・」

(△子自身、三姉妹で、それぞれ女の子しかいない環境らしいです。)

ということでした。夏休みに入って、顔を合わさなくてほっとしてますが、新学期が憂鬱です。同じクラスに男の子のママもいますが、お仕事をされててほとんど園に来られなかったり、全く私とはタイプの違う方だったりで、親子ともども親しくなれそうなかたがいません。

出典:inter-edu.com

北風と太陽編

ママ友トラブル、怖い・困った・嫌だではしょうがないので、最後にこんな「北風と太陽」を。もしもの時の参考になればと存じます。

子供の関係で、Aさんとクレクレとかセコケチの悪い噂しか聞かないBさんと三人で、 近所のカフェで話し合いをすることになった。

子供の関係で、あまり親しくないAさんと、クレクレとかセコケチの悪い噂しか聞かないBさんと三人で、近所のカフェで話し合いをすることになった。

Aさんはおっとりふんわりした雰囲気の人で、オーダー取りに来た店員さんにも「ありがとう、よろしくね、お願いします」って言葉を使いながら、終始ニコニコしてた。

そしたらBさんが、「こっちは客なのになんでそんなにへこへこしてんの!?」と切れた。

「あっちは仕事なんだからメニューもってくるの当然でしょ、(もってきてくれて)ありがとうとか馬鹿じゃない!?恥ずかしいからやめてよ!」ってね。

そしたらそれまでニコニコしてたAさんがキッと表情を変えて「何それ勿体ない!」って切れ返した。

「笑顔と言葉はタダだよ!使えば使うだけいいことがあるのに使わないなんて損じゃん!」って。

BさんはAさんの勢いに押される形で「ええ…まあ…うん、そう…」みたいに静かになった。

話し合いは滞りなく終わり、会計の時に、Aさんがレジ打ちしてくれた店員さんに、「ありがとう、ごちそうさま」って言ったら、その子がケーキセット割引チケットをくれたよ。

そこのカフェ良く行くからくれるのは知ってたけど、普段は行った人数分しかくれないのね。

今回なら三人だから三枚。だけどその日は、「次回はぜひご家族様でお越しください」って言って、五枚ずつくれた。

お店出てからAさんがBさんに、「ほらね、いいことあったでしょ!」って勝ち誇ったように言ってた。

ついでに、「コツはあまりしつこくしないことと、欲張らないことだよ」とも言ってた。その日を境にBさんの悪い噂を聞く頻度がかなり減った。

後日Aさんとゆっくり話す機会があって、「あの時はびっくりしたけどBさんの行動が改まって良かった」的なことを言ったら、「Bさんみたいな人にはああいう言い方をした方が伝わると思って」ってまたニコニコしてた。

今ではBさんもAさんと同じく毎日ニコニコしている。悪い噂も全然聞かなくなった。なんか分かりにくいけど、Aさんすげーと思った出来事でした。

出典:mammatomo.blog.jp


この記事を書いたママ

厥日績

ゆったり系私立小学校へ通う娘とゆったり生活中のマイペースな専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします