子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

低出生体重児の成長は遅い?発達の特徴について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

お腹の中の赤ちゃんが、すくすくと元気に育ってくれることほどママにとって嬉しいことはありませんよね。

体重も身長も平均に添った成長が見られれば無事に産まれて来る可能性も高くなり安心です。

しかし、赤ちゃんの出生体重は、検診時の予測体重通りにいかないものです。実際に産まれてみると予定より小さかった・・・ということもあります。

低出生体重児』だと診断を受けたら、何か心配はあるのでしょうか?発達に問題は起きやすいのでしょうか?ここでは、低出生体重児の成長に関する特徴についてご説明します。



低出生体重児とは、何g未満の赤ちゃん!?

『低出生体重児』は体重の少ない赤ちゃんのこと。『未熟児』とは分けて考えます。

出生体重が少ない赤ちゃんが低出生体重児

出生体重が2500g未満の赤ちゃんを『低出生体重児』、1500g未満の赤ちゃんを『極低出生体重児』、そして1000g未満の赤ちゃんを『超低出生体重児』といいます。

在胎週数に関係なく、体重で分類されます。

『未熟児』とは違うの?

『未熟児』という言葉を耳にしたことのある方も多いと思います。以前は、低出生体重児も含めて『未熟児』と呼ばれていました。

しかし、現在は機能的に未熟な状態の赤ちゃんだけを『未熟児』と分類します。

低出生体重児でも、在胎週数によっては生きる機能が充分に備わっている場合もあり、そのような赤ちゃんは未熟児には該当しません。

低出生体重児と在胎週数の関係

『低出生体重児』とひとことに言っても、在胎週数によりリスクが生じる可能性は異なります。

早産と低出生体重児の関係

早産になると、赤ちゃんは発育途中で産まれてしまうことになります。体も未発達ですから低出生体重児になる場合がほとんどです。

臓器や体の機能、免疫機能等はまだまだ不十分。生後の成長でもトラブルが生じやすくなります。

正期産と低出生体重児の関係

正期産で産まれたにも関わらず体重が少ない赤ちゃんも、早産の赤ちゃん同様、低出生体重児になります。

この場合、出産時期に相当する赤ちゃんの発育を考えると、低体重になる理由が外的要因から来るのでは?と考えられます。

例えば、妊娠中にママが喫煙や飲酒をしたとか、無理なダイエットによる栄養不足など、生活習慣が原因で赤ちゃんが低出生体重児になります。

在胎期間から見ると、赤ちゃんの体の機能は充分に育っていると考えられます。しかし、外的要因からの悪影響を受けて体重が少ないのであれば、今後の成長過程で何らかの支障が現れてくるかもしれません。

早産の低出生体重児に伴う成長リスク

早産のため低出生体重児として産まれた赤ちゃんは免疫力が弱く、出生から数週間の間に様々な疾患や感染症にかかる恐れがあります。その他、成長するうえで次のようなリスクが生じる可能性が高まります。

将来的な不安を伴う障害とは?

在胎週数が少なければ少ないほど体の機能が未発達なため、将来的には脳神経麻痺、精神発達遅延、視力障害、学習障害、聴力障害、注意欠如多動性障害などが出ることがあるかもしれません。

早産でも35週を過ぎれば安心!?

早産児とは、37週0日未満の赤ちゃんのことをいいます。しかし、35週を過ぎれば正期産児と同じく成長することができます。

ペースは遅めでも大丈夫!

在胎週数が35週~37週未満の出産は早産になります。

この期間の低出生体重児は、正期産児に比べて体は小さくなりますが、発育に大きな悪影響を及ぼす合併症を引き起こしていなければ安心しても良いでしょう。

発育ペースが遅いと感じられることがあっても、将来的にはその成長も正期児に追いつき、小学校に入学する頃には同等の成長を見せてくれると言われています。

2~3カ月ほどの遅れが見られることはあっても、心配するほどではない場合が多いのです。



育ちすぎる心配も!?

低出生体重児は、お腹の中で充分な栄養を得ることができなかった分、本能で大きく成長しようとする傾向があります。

メタボリックシンドロームになりやすい?

栄養不足で産まれた赤ちゃんは、出生後に母乳やミルクからの栄養をより多く吸収しようとしていることがわかっています。

そのため、通常の赤ちゃんよりも体が大きくなるペースが速く、将来的には肥満や高血圧などのメタボリックシンドロームになりやすい傾向にあります。

イギリスでは、低出生体重児が大人になったとき、糖尿病、脂質異常症などの病気になりやすいという調査結果が出ています。

また、オランダでは成人してからの肥満や耐糖能異常の発症を引き起こすという報告がなされています。

小さく産まれても、その成長をゆっくり見守って!

赤ちゃんの成長スピードには大きな個人差があります。それが低出生体重から引き起こされたものなのか否かは、出生後の定期的な健診で見極めていく必要があります。

低出生体重児のサポートが充実!

昔に比べると、高齢出産や妊婦の喫煙率が上昇し、低出生体重児が増えているという現状があります。

しかし、医療の発達により、低出生体重児の救命率も上がっています。つまり、低出生体重児が増加していることは間違いないのです。

そのような現状に対応すべく、病院や保健所、各企業や育児関係のメーカーなどで、低出生体重児の成長を助けてくれるサポート体制が広がっています。

小さく産まれても、成長スピードが遅くても、健康に育つ可能性は高くなっています。赤ちゃんが安心して過ごせるように、周囲のサポートを活用しながらその成長をゆっくり見守ってあげてくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします