育児の悩み・疑問

乳児が風邪に!対処法は?熱は?鼻水は?咳は?薬は?お風呂はどうする?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

免疫力の低下している赤ちゃんは風邪がつきものですよね。病気をして免疫を自分で獲得していくためには風邪をひくことは必要なことです。

赤ちゃんが風邪をひいた場合、どのように対応していくのがよいのでしょうか?



なんで熱がでるの??

ウイルスが体に侵入すると、免疫活性食細胞とウイルスとの戦いが始まります。するとその時産生された物質は体温調節中枢に働き、体温を上げるようにという指令が出されます。

この命令に基づいて、皮膚の血管が収縮したり汗腺が閉じるなど、熱放散を抑える活動が開始されます。発熱は熱に弱いウイルスの働きを弱めて、免疫活性食細胞の機能を高めます。

熱は下げないほうがいい!?

熱が出るのは免疫力を高めるのに必要なことであり、熱を慌てて下げてしまわないようにすることが大切です。子供の状態を観察し、機嫌や水分摂取の状況が良いのであれば、解熱剤を使わずに様子をみます。

無理に解熱役を使ってしまうと、自己防御反応を弱めて、病気の治りを遅らせてしまうのです。ただし、「熱性けいれん」を起こしやすい子供の場合は医師の指示に従いましょう。

38.5℃以上の高熱が出た場合は子供の体力消耗が著しくなるため、脱水、食欲不振につながります。その場合は解熱剤を使用することが多いです。熱が下がったすきに水分補給を積極的に行いましょう。

熱が出た時のおうちでの対処法

機嫌がよく、食欲があるときは、熱がこもらないように薄着にして、こまめに着替えをしてあげましょう。熱が上がっているときは寒さを感じますので、厚着にして布団をかけ、部屋を暖かくします。

氷枕や、保冷剤などで頭、両脇、内ももを冷やしてあげると楽になるでしょう。微熱であればお風呂も大丈夫。入浴後は水分補給を忘れずに行います。



赤ちゃんの鼻水どうする!?

赤ちゃんは自分で鼻水をかめません。ママが吸ってあげましょう。放置すると副鼻腔炎や中耳炎になってしまうこともあります。

鼻が詰まってしまった場合は、ミルクを飲むときに呼吸する場所を失い、赤ちゃんはミルクが飲めません。気づいたときにこまめに吸ってあげることが大切です。

風邪を引いたときの鼻水は黄色や緑っぽい色をしており、体がウイルスと闘っている証拠です。鼻水があまりにもひどく、呼吸がままならない場合はお薬もありますので医師に相談しましょう。

鼻水のおうちでの対処法

めん棒・・・鼻水が乾いてこびりつきがあるとき大活躍です。ベビーオイルをつけためん棒を回しながら鼻のこびりつきを取ります。

鼻水吸引器を使う・・・これは必需品。直接吸うのは避けて、吸引器を使います。

おすすめはこれです↓↓


¥ 667
アマゾンボタン

いろいろな製品を試しましたが、これが一番取れます。本当に助かっています。

・小児科、耳鼻科で吸引してもらう・・・吸引器でダメなときは病院でがっつり吸ってもらえます。

赤ちゃんの咳が出た時の対応

赤ちゃんは言葉が話せないので、できるだけ楽な体制を取らせてあげます。タオルで傾斜をつけて、頭を高くして寝かせてあげましょう。

咳きこんだときは起こして背中をとんとんしてあげます。ミルクを飲んだ後咳きこむと吐いてしまうので特にこの時は注意してあげます。

咳がひどければ気管支を広げるお薬などを使用し咳を和らげてあげるとよいでしょう。速やかに医療機関を受診しましょう。

赤ちゃんの風邪は戸惑うことばかり

苦しそうでかわいそうで、ゆっくり寝ることできないですよね。寝てる途中で呼吸できなくなったらどうしよう。。。なんて考えたり。

でも大丈夫。その時の赤ちゃんの様子を観察して適切な対応をすれば、赤ちゃんは回復していきます。

今はお薬もいいものが出ていますし、病院の指示に従って服用すれば症状を和らげることができるでしょう。

赤ちゃんは免疫を獲得し、どんどん強くなっていきます。病気は赤ちゃんの仕事、と考えて、病気と前向きに付き合っていきましょう。


この記事を書いたママ

あやと

0歳児の育児に奮闘中の新米ママです。薬剤師で仕事をしている傍ら、その経験や薬のお話などについて、ためになるような情報をお届けしたいです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします