妊娠中期 妊娠後期

胎動の種類まとめ!ポコポコ・ブルブル・ぐにゅー

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ママにとって、妊娠中に赤ちゃんの存在を大きく感じられる胎動。妊娠5カ月前後から始まり、最初は小さかった動きも次第に強く、大きく変化していきます。

胎動の種類で赤ちゃんが今、どのような動きで何をしているのかを感じることができるのは嬉しいことですよね!ここでは、赤ちゃんの胎動の種類により、何がわかるのかをまとめてみました。



胎動①ピクピク・ブルブル・ダダダダ

比較的最初に感じることの多い胎動は、ピクピク、ブルブル、ダダダダ・・・など、規則的に痙攣を起こしたような胎動です。

赤ちゃんの動きは3つ!

痙攣のような胎動は、赤ちゃんはおしっこをした・しゃっくりをした・手足を震えさせているという3つの動きによるものです。

胎動が始まったばかりの頃は、赤ちゃんの力も弱く、大きな動きを感じることは少ないでしょう。

赤ちゃん自身が意図的ではなく自然に起こす動きが、胎動となってママに伝わってきます。

おとなしい胎動はリラックスしている時に感じやすいため、横になって静かに過ごせるときにお腹に手をあててみてくださいね。

胎動②ゴロンゴロン・グルングルン

妊娠中期には頻繁に感じられる胎動です。

赤ちゃんが転がっている!

羊水の中にいる赤ちゃんは、体を回転させたり逆さまになったり、自由に動き回っています。

そのため、ゴロンゴロン、グルングルンと、赤ちゃんが大きく動いている様子を胎動で感じます。大きな動きなので、しっかりとした胎動として感じられるでしょう。

妊娠後期には治まってきます。

赤ちゃんの体が大きく成長するにつれ、子宮の中が次第に窮屈になってきます。妊娠後期に入ると、子宮の壁と赤ちゃんとの間に隙間が少なくなり、回転することが難しくなります。

そのため、この胎動は妊娠中期にこそ楽しめるものなのです。



胎動③ぐにゅ~、ぎゅーっ!

赤ちゃんの手足の筋肉や骨が発達すると感じられる胎動です。妊娠後期にかけ、次第に力強くなってきます。

赤ちゃんが子宮壁を押している!

赤ちゃんの筋肉や骨が発達すると、手足をよく動かすようになります。

曲げたり延ばしたり、バタバタさせたり!その手足が伸びたときに子宮壁に辺り、ぎゅ~っとお腹の中から押されるような胎動を感じます。

手足は成長とともに長くもなってきますので、妊娠後期になると強い力で、痛いくらい押されるように感じるでしょう。

外から見えることもあります!

妊娠後期、ママのお腹が大きくなると、皮膚が伸びて薄くなってきます。

そのため、赤ちゃんが手足を延ばして子宮壁を押すと、お腹の外からも形が変形するのがわかるようになります。

飛び出たところが足、反対側が背中など、赤ちゃんが今どのような向きをしているのかがわかります。パパと一緒に気を付けて見てみてくださいね!

胎動④ポコポコ・ポンポン

元気な赤ちゃんは、このような胎動が多いかもしれませんね!

蹴ったり叩いたりする動き

ポコンポコン、ポコポコ、ポンポンなど、お腹の中から叩かれているような胎動。手足を元気に動かし、子宮の壁を蹴飛ばしているときの胎動です。

活発な赤ちゃんほどこの胎動は多く、頻繁で辛いと感じてしまうママもいるようです。それほど赤ちゃんが元気な証拠ですよ!

赤ちゃんのペースで動いています!

赤ちゃんは、ママのサイクルに関係なく、自分のペースで動いています。

昼夜関係なく20~30分間隔で!

妊娠8カ月になると、赤ちゃんは20~30分間隔で、睡眠と覚醒のサイクルが出来ます。寝ているときは動かず、起きている時は昼夜関係なく動きます。

ママが寝ていてもお構いなし!夜中に頻繁な強い胎動があって眠れない日や、寝ていても胎動で目覚めてしまうことがあるかもしれません。

胎動は赤ちゃんの元気度を計るバロメーターです。動いている間は元気に育っているのだと安心し、日中に仮眠を取るなどで対応していきましょうね。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします