夫婦・家族

まだ早い!ママの離婚のメリットとデメリット理解している?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。今年に入ってから夫と家庭内別居をしているママライターです。

最近、夫との離婚を成立させるために、着々と準備を進めているところです。

財産分与や親権問題、離婚後の生活など、具体的にどう変わるのでしょうか、考えるだけでなかなか離婚の手続きまで踏み出せません。

いったん離婚が成立すると、女性側にどんなリスクがあるのでしょうか

ここで、離婚のメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。



離婚のメリット

まず、離婚するメリットですが、何より大きいのは自由になれることでしょう。

特に離婚の理由は夫の家庭内暴力(DV)や借金によるものならば、そういったマイナス要素が生活から排除され、苦しみや不安から解放されます。

人生をやり直すチャンスとなります。好きな人と再婚することも、自分の望むライフスタイルで人生を送ることもできます

一方、いったん離婚が成立すると、金銭面、生活面、精神的な負担、子どもへの影響など、多方面にわたってデメリットが現れてきます



離婚のデメリット

金銭面に対する離婚のデメリット

離婚を準備する際、慰謝料、養育費、財産分与、離婚成立するまでの調停費用など、多くお金の話が出てきます。

それぞれの費用は、結婚年数、離婚の原因、子どもの年齢などによって変わります。

そのなかに、注目したいのは、財産分与ですね。それは結婚後に2人で築いた資産を公平に分配するもので、基本的に裁判所の2分の1ルールに基づいて行われています。

不動産、年金、貯金額、自動車、証券、保険、家具家電、退職金などはすべて財産分与の対象となります。反対に相続した財産や、結婚前に与えられた財産は分与の対象外となります。

不貞行為や借金など、離婚する理由は夫にある場合、離婚準備の段階から写真や日記などの証拠を集めましょう。親権をはじめ、慰謝料や養育費などの金額にかかわってきます

離婚を考えるとき、不利にならないように、お金のことはきちんと計算して管理した方がいいかもしれません。

生活面に対する離婚のデメリット

子どもの人数や年齢によりますが、親権はママに与えるケースが多いです。しかし、女性ひとりで子どもを育てながら生計を維持することは、想像以上に大変です。実家や行政のサポートを活用しながら、仕事と育児を両立させることになるでしょう。

離婚による精神的な負担

たとえ離婚の理由は夫側にあるとしても、離婚による精神的な負担は大きいです。

周りから「離婚した人」と指摘され、自分はダメな人間だと自己否定をし、精神的に追い詰められてうつ状態になるケースも少なくありません。離婚までその一歩を踏み出すには、相当な勇気とサポートが要るでしょう。

子どもへの影響

離婚は夫婦2人だけのことだと思っているカップルが多いようですが、実に子どもにもメンタル的にダメージを受けています

子どもは親の離婚を原因に、学校でいじめされたり、不登校になったり、非行に走ったりするケースがあります。さらに、将来子どもの結婚観にも大きい影響を与えるでしょう。

離婚のリスクを慎重に考えよう。

このように離婚のメリットとデメリットをまとめてみると、二人の婚姻関係を絶つことは、結婚よりはるかに大変なことがわかりますね。

しかも、好きか嫌いかといった気持ち的な問題だけではなく、財産、親権、法的地位(戸籍)など生活上にさまざまなことにかかわっています。

こうすると、離婚するとき女性側にとって不利にならないようには、リスクを慎重に考えなければなりません

離婚を考えている主婦のみなさん、現在の状況や資産をリストアップして、冷静に分析してみてください。いい答えが見えてくるかもしれません。





お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします