4歳~6歳 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

4歳の男の子が妊娠?お腹の中に胎児がいた!世界でも珍しい”胎封入奇形胎児”5つのケース

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

インドで珍しい出来事がありました。それはなんと4歳の男の子のお腹の中に胎児がいた!というのです。いったいどういうことなのでしょう。

4歳で妊娠…しかも男の子です。その真相に迫ってみましたのでごらんください。



お腹に胎児がいるとわかるまで

インドに住む4歳の男の子が腹痛を訴えた為、病院でエコー検査を受けたところ、お腹の中に亡くなっている胎児が発見されました。

すぐに手術で取り出されたのですが、なんとお腹の中の胎児は頭や手足だけではなく爪まで生えていたそうです。

なぜ4歳の男の子のお腹の中に?

そこで気になるのはなぜ4歳の男の子のお腹の中に亡くなった胎児がいたのでしょう。お腹の中にいた胎児は4歳の男の子の双子の弟だと考えられています。

胎封入奇形胎児か?

”胎封入奇形胎児”とは”胎児内胎児”とも呼ばれることもありますが、母親のお腹の中で双子の一方が、成長の過程でもう一方の胎児の中に取りこまれてしまうという症状です。

取りこまれた胎児はへその緒のような器官を作りだし、そこから栄養を取りこむことによってそのまま生き続けることもあるそうです。

通常は取りこんだ方の胎児も、胎盤を共有することによる重圧から亡くなってしまうケースが多いということですが、稀に宿主となった胎児が普通に出産されることもあります。

インドの4歳の男の子も双子の弟を、母親のお腹にいる時に取りこんでいたということになりますね。

※詳細は以下の動画が分かり易いです。

その他にも同じようなケースが

このようなケースはこの男の子に限った症状ではなく、この他にもいろいろなケースが報告されています。

16歳少年のケース

バングラディシュの16歳の少年が開腹手術を行った際、体内に生きた胎児が発見されたというのです。

髪の毛が生えていて歯も2本、足も性器もあり体重は1500gもあったが、手は短く、脳や頭部はほとんど発達していませんでした。

これも16歳の少年が母親のお腹の中にいた時に、双子の弟を自分の体に取り込んでしまった結果のようです。

16年間も少年のお腹の中で栄養をもらいながら生きていたのには驚きですね。



26歳女性のケース

米インディアナ州立大学で博士課程に在籍する26歳の女性は、読み書きが困難になったことで病院を訪れ検査をしたところ、医師から脳腫瘍であることが告げられました。

腫瘍の摘出手術を行うことになったのですが、開頭した結果は腫瘍ではなく脳に胎児がいたのです。

こちらも胎封入奇形胎児とみられ、脳内にいた双子には歯や骨、髪の毛まで摘出されました。

インドの男性のケース

インドに住むバガッド氏は昔から人より大きな自分のお腹を常に気にして生きてきましたが、そのお腹が異常に膨らみ始め、呼吸困難に陥ったため病院で診察を受けました。

その時の彼のお腹は妊娠9カ月の女性のように大きかったといいます。医師は腫瘍であると診断を下し、手術をすることに。

しかし開腹した結果こちらもお腹の中に胎児がいたのです。胎児には髪の毛や骨、腕や足そして性器までありました。爪はとても長くのびていたそうです。このケースも胎封入奇形胎児とみられています。

35歳男性のケース

ロシアに住む36歳の男性には背中に大きなコブがありました。当初は腫瘍であると診断されていましたが、いざ手術をしてみると驚くべきことに小さな足と手をもつ胎児がいたのです。

胎封入奇形胎児の症例は90足らず

”胎封入奇形胎児”の症例は医学書に90足らず、報告されているだけのようです。

お腹だけでなく脳や背中にまで取りこまれてしまうのですね。取りこまれた胎児が栄養をもらいながら成長するので、大きくなった時に発見されることが多いようです。

さいごに

いかがでしたか?

本当は双子としてこの世に産まれるはずだったもう一人の胎児。どうにかして生きたかったという意思を感じるのは私だけでしょうか。

人間の体というのは本当に不思議ですよね。世界にはあり得ないと思われるようなことが実際にこの他にもたくさんあるのではないでしょうか。


この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と5歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします