妊婦の健康・食事

子宮頸管ポリープとは?原因と症状と手術について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

受精卵が着床し、出産に至るまで赤ちゃんが成長するのは子宮の中。その子宮に起こる弊害のひとつに『子宮頸管ポリープ』があります。

女性であれば、妊娠に限らず発症する病気のひとつですが、自覚症状がないまま過ごし、妊娠を機に発覚することも多くあります。

妊娠中に子宮頸管ポリープが発見された場合に慌てないよう、妊娠継続への影響や、切除方法、症状などを知っておきましょう。



子宮頸管ポリープとは?

子宮頸管の仕組みを知り、ポリープがどのような状態で発生しているかをご説明します。

子宮頸管ってどこ?

子宮の構造を簡単に例えると、手の親指と人差し指のそれぞれ第一関節から指先部分だけをくっつけて、Oの字を作ったものだと考えてください。

丸い部分が、赤ちゃんが過ごす子宮の中。第一関節部分が『内子宮口』、指先部分が『外子宮口』です。

この内子宮口と外子宮口を繋ぐ部分が『子宮頸管』で、膣へと繋がっています。子宮頸管は、妊娠中はしっかり閉じられており、赤ちゃんが下がるのを防ぐという大切な役割を担います。

子宮頸管ポリープとは!?

子宮頸管にイボのような異物が発生し、それが子宮頸管に収まりきらなくなると、子宮口から膣側へはみ出します。

この、飛び出したイボ状の突起を『子宮頸管ポリープ』といいます。大きさは5mm前後で、最大でも1cm程度になります。

子宮頸管にポリープができる原因

発生原因は明らかにされていませんが、30~40代に多いことがわかってきました。

女性ホルモンの影響!?

子宮頸管内は粘液を分泌する線細胞に覆われています。その粘液が異常に分泌され、イボのような突起(ポリープ)が形成されます。

この粘液が異常に分泌してしまう理由は明らかにされていません。

ただ、出産回数が多い30~40代の女性ほどかかる傾向にあることがわかり、女性ホルモンや細菌感染による炎症が関係しているのではないかと推測されています。

子宮頸管ポリープによる症状

痛みは伴いませんが、刺激を受けやすい、とても弱いポリープです。

出血が見られる場合があります

このポリープはとても弱い組織からなるものです。従い、膣内の菌に接触することで炎症を起こしたり、運動や性交渉、妊婦健診の内診で刺激を受ければ簡単に出血します。

妊娠中に不正出血があった場合は、子宮頸管ポリープが原因であることも充分に考えられます。また、オリモノの量も増えることがあります。

悪性腫瘍の心配は100%近くありません!

このポリープは良性であり、癌化する心配は100%近くないと言われています。

ごくわずかな確率で悪性腫瘍がポリープ化していることがあるため、切除手術した後は必ず病理検査で確認することになります。



妊娠中でも治療はした方が良い!対処法は?

切除手術は簡単にできます。しかし、その必要性の有無には2通りの考えがあります。

切除はした方が良い!?

ポリープが出血すると細菌に感染しやすく、予防として切除した方が良いというのが、まずひとつの考え方です。実際に、絨毛膜羊膜炎を合併する事例も少なくないようです。

切除する必要はない!?

良性ポリープであることから、早急に切除する必要がないと考える医師もいます。

また、切除治療の際に子宮内に悪影響を与えることがあることは否定できず、流産や破水を誘発するという考えもあります。

手術方法はポリープの状態により異なります。

一般的な大きさであれば、外来手術で麻酔を使わず、簡単に切除できます。しかし、根が深く子宮内膜から繋がっている場合もあります。

通常、そのような場合は全身麻酔が必要であり、妊娠中はそこまでの手術は危険を招く恐れがあります。ポリープの状態をよく観察し、手術が必要か否かは医師と相談して決めましょう。

定期健診を受けましょう。

本来なら妊娠を望み始めた段階で婦人科検診を受け、このような疾患の有無を調べることが理想的です。

再発することもあります。

実際には妊娠発覚と同時に子宮頸管ポリープを持っていたことが発覚するママが多くいます。一度ポリープが見つかり切除手術をしても、根が残って再発することも多い病気です。

決して心配のある稀な病気ではありませんが、不安なく妊娠生活を送るためには定期健診を受け、事前に不安を取り除くことが大切です。

これから妊娠を望んでいる方は、自覚症状のない部分も一度検査してみることをお勧めします。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします