ヘアケア 産後

産後抜け毛ひどい!すぐにできる3つの対策とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

出産してから、抜け毛がひどい!と感じたことはありませんか?

出産した7割のママが感じる「産後の抜け毛」ですが、特に抜け毛がひどい場合はいったいどうしたらよいのでしょうか?今回はそんな場合の最善の対策を探っていきます。



産後の抜け毛はなぜ起きる?

妊娠中に多く分泌される女性ホルモンは髪の成長を助け、本来抜け落ちるはずだった髪も維持します。

しかし出産すると女性ホルモンが急激に減り、増えた髪をはじめ多くの髪が抜け落ちます。この抜け落ちる期間は一般的には2~5か月程度で、それが終わると再び髪は成長を始めます。

抜け毛がひどくて困ってしまうことも…

産後に起きる多少の抜け毛は一般的な症状です。排水溝がよく詰まるとか、ボリュームが減ってしまった、などよく聞く話です。

しかし髪がスカスカになってしまったり、地肌が見えてしまうまでに抜け毛がひどくて困っているママも決して少なくありません。

抜け毛がひどいときの対策は?

1.ストレスを避ける

人間はストレスを感じることで、自律神経が乱れると血管を収縮させるホルモンが分泌され、血管が狭くなり全身の血行不良を起こします。これは頭皮にも起こるため健全な髪の発育を妨げることになるのです。

なるべくストレスを溜めないように夫にも育児を負担してもらって息抜きをしたり、夫婦の会話を増やしたりして悩みも楽しみも共有するようにしましょう。

2.睡眠を確保する

産後は寝不足に陥りがちです。しかし髪を育てるために必要なホルモンは睡眠中に多く分泌されることが分かっており、一日当たり5時間の睡眠は確保したいところです。

夜に睡眠が必要数確保できない場合は、赤ちゃんと一緒にお昼寝をして確保しましょう。



3.食生活を改善する

髪を育てるためには充分な栄養が必要です。栄養バランスが崩れた食事では髪が元気に育ちません。

健康なママでいるためにも、髪や頭皮によい栄養素を積極的に摂りましょう。では、どんな栄養素を摂るとよいのでしょうか。

・ビタミンB2・ビタミンB6

納豆やレバーなどに含まれるビタミンB2、マグロやにんにくに含まれるビタミンB6は皮膚の新陳代謝を高め、皮脂の過剰な分泌を防ぎます。

・ベータカロテン

ニンジンやカボチャに含まれるベータカロテンは頭皮の健康を保ちます。

・ビタミンE

ビタミンEを含む玄米やナッツ、ゴマは抜け毛を抑制する働きがあります。

・タンパク質

髪の主成分のケラチンはタンパク質からできていて、タンパク質が不足しても髪は育ちません。脂質が少ない大豆、納豆、鶏ささみ、卵、牛乳など積極的に摂りましょう。

・大豆イソフラボン

大豆に含まれる大豆イソフラボンは抜け毛を抑えたり髪の量を増やす働きがあります。

・亜鉛

髪の主成分となるケラチンを生成するには亜鉛が必要です。これは牡蠣やカニ、するめやゴマに多く含まれています。

クエン酸やビタミンCと一緒に摂ることで吸収を高めますから、ぜひ柑橘類やホウレン草、ブロッコリーなどと一緒に摂取しましょう。

4.適度に運動しよう

ストレスによる血行不良だけでなく、運動不足による血行不良もよくありません。赤ちゃんとお散歩や買い物、児童館などへ出向きましょう。また、おうちでヨガをしたり、簡単なストレッチをするだけでも効果がありますよ。

5.パーマやカラーはお休みしよう

髪や頭皮を傷めるため、この時期にパーマやカラーは厳禁!

頭皮や髪を健康な状態に戻すためにダメージを与えないように努めましょう。

最善の対策は、焦らず構えること

ひどい抜け毛が落ち着くまでは個人差があります。急に収まるかもしれませんし、まだしばらく続くかもしれません。しかしこれは一時的なものであり、いつかは妊娠前の状態へ戻っていきます。

早く戻って欲しいと焦っても抜け毛が止まることはありませんし、それがストレスとなって逆効果です。

だから、最善の対策は焦らず構えること、なのです。今回あげた髪や頭皮に良い生活を送るように努めながら、ゆっくりと自分の体が以前の状態に戻るお手伝いをしてあげましょう。


この記事を書いたママ

ケイ

6歳の娘と2歳の息子を育てているママです。親の思惑通りになってくれるわけもない子どもたちと毎日バトルしています(笑)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします