女性の健康 子供の健康・食事

便秘に乳酸菌が良い理由と効果を上げる摂り方3つ!タイミングは食後がベスト!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

誰でも「便秘解消に乳酸菌がいい」と耳にしたことが1度や2度はあるでしょう。そして「乳酸菌≒ヨーグルト」という認識が定着しているかもしれません。

ところが乳酸菌は種類も豊富で、最近は乳製品メーカーや飲料メーカーがこぞって新しい乳酸菌を開発しています。

乳酸菌とは一体どんなもので、本当に便秘解消に効果が期待できるのかをこれから見ていきたいと思います。正しい乳酸菌の摂り方を知ることで、毎日スッキリした朝を迎えられるかもしれません。



乳酸菌の働きと種類について

人間や動物の腸には元々たくさんの常在菌(悪玉菌や善玉菌)と呼ばれる細菌が住んでいます。悪玉菌が多いと腸内環境が悪化し、正常な働きが出来なくなってしまいます。

そのため乳酸菌は善玉菌のエサとなり、腸内の環境を整える助けをしているのです。

2種類の乳酸菌と、含まれる食品は?

乳酸菌は大きく2つに分類できます。それは動物性と植物性で、それぞれ異なる糖を養分にして生育します。

動物性乳酸菌

哺乳類の乳に含まれるラクトース(乳糖)の中に存在します。乳糖を養分に生育します。代表的なものにブルガリア菌、LG21乳酸菌、ラクトパチリスロイテリ菌などがあります。

・動物性乳酸菌を含む食品・・・乳酸菌飲料・ヨーグルト

植物性乳酸菌

植物の中に存在します。ブドウ糖、果糖、ショ糖や麦芽糖を養分にして生育します。代表的なものにラブレ菌、L・プランタルム、T・ハロフィルス、P・ペントサセウスなどがあります。

ラブレ菌・・・京都のすぐき漬けの中から発見されました。免疫力UPや発がん予防の効果もあります。

L・プランタルム・・・ぬか漬けのぬかに含まれます。

T・ハロフィルス・・・耐塩性の強い乳酸菌です。味噌に多く含まれ、発がん予防効果もあります。

P・ペントサセウス・・・耐塩性、耐酸性に優れた乳酸菌です。漬物やキムチに多く存在し、野菜の青臭さをまろやかにしてくれます。



ヨーグルトを食べても便秘に効かないって本当?

ヨーグルトによく含まれているビフィズス菌はもともと腸内に生息していますが、年齢とともに減少してしまいます。

そして酸素や胃酸に弱いため外から摂り入れても、腸に届くまでに死滅してしまいます。また、人によって整腸作用に効果のある菌が違うので、自分に合ったヨーグルトを選ばなくてはなりません。

その他ヨーグルトの難点として東洋医学でいう「陰性食品」、つまり体を冷やす食品ということが挙げられます。

たくさん食べすぎると代謝が落ちて逆に便秘を引き起こす恐れもある、という見方もあるため、食べ方に気を付ける必要があるのです。

教えて!便秘に効果のある乳酸菌の摂り方3つ

乳酸菌が便秘に効くのは、腸内を酸性にし、悪玉菌が増殖しづらい環境を作るためです。それによって腸内が正常化し、便秘解消につながります。そんな乳酸菌を確実に腸まで届けるにはどうしたらいいのでしょう。

1、いつ食べるの?食前ではなく食後に食べよう!

乳酸菌は胃酸に弱く、タイミングが悪いと胃酸に溶かされ死んでしまいます。胃酸が盛んに分泌されるのは極度の空腹時です。ですから朝起きてすぐ、ではなく食後やデザートとして食べましょう。

2、どのように食べるの?色んな食品から乳酸菌をとろう!

乳酸菌が含まれるいろいろな種類の食品を、偏ることなく食べるようにしましょう。例えば朝はヨーグルト、昼は納豆、夜は漬物といったように、違う食品で乳酸菌を摂ると長く続けることができるでしょう。

3、相性のいい食品はあるの?オリゴ糖は相性◎

オリゴ糖は乳酸菌の働きを活発にする作用があります。ですからヨーグルトを食べるとき、砂糖の代わりにオリゴ糖で食べるのは相乗効果が期待できます。

また酵母菌にも乳酸菌を活発にさせる働きがあります。ですから納豆にキムチやかつお節を入れるのはお勧めです。

まとめ

・乳酸菌は腸内を酸性にし、悪玉菌の住みにくい正常な腸内環境を作るため、便秘に効きます。

・乳酸菌は胃酸に弱いものの、食べ方に気を付ければ種類も豊富なので毎日続けられて便秘解消に役立ちます。

・乳酸菌は腸内環境を整えるために役立つ菌です。そして乳酸菌が含まれる食品は一種類ではありませんので、共通の摂取量はありません。ですから自分のペースに合った摂り方で、無理せず便秘対策が立てられます。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします