1歳~3歳児

3歳児の言葉が遅い!出ない!原因と改善方法について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

3歳児の育児楽しんでいますか?

色々なことができるようになってくる3歳児ですが、言葉が遅い、出ないとお悩みのママもいらっしゃるかと思います。

3歳児はどの程度しゃべることができていればいいのか、原因には何があるのか、また遅いと感じた場合の改善方法など詳しく調べてみましたのでご覧ください。

3歳児平均的な言葉の程度

最もたくさん言葉を覚える時期が3歳だと言われています。周りの大人や子供とコミュニケーションをとりたがる3歳です。その中からたくさんの言葉を覚えていくのでしょう。

話す言葉も主語・述語などを器用に用い、助詞などを使ったりして従属文が話せるようになるのもこの頃です。例えば「夜ごはんを食べ終わった後にいちごを食べたよ」などです。

お友達との交流やテレビなどの影響で悪い言葉も使ったりします。おしゃべりが段々と上手になることで、おしゃべりを楽しむようになります。

言葉が遅れる原因と改善方法

平均的な3歳児の言葉の程度を見てみましたが、育っている環境などでも個人差が出てきます。今までぜんぜんおしゃべりをしなかったのに3歳半を過ぎてから爆発的に言葉を発したという話もよく聞きます。

個人差があるとわかっていてもついつい周りの子と比べてしまいますよね。言葉が遅れる原因があるのなら改善したいところです。どんな原因があるのかみてみることにしましょう。

その子の個性である場合

まずはその子の個性である場合です。

こちらの言っていることがきちんと理解できているのであれば、頭の中には言葉がたくさんインプットされていることでしょう。それを口に出して言えるか言えないかの違いなのだと思います。

個性である場合の改善方法

自分の気持ちをどの言葉を使ってどう言ったらいいのか…その時間がかかっているだけなのかもしれません。このような子の場合、ある時を境に爆発的に言葉を発する時がくるものです。

まだ3歳です。ゆっくりその時を待ってあげるのも大事なのかもしれません。

きちんと話しかけていますか?

考えられる原因として、親がきちんと子供に話しかけていない場合があります。

たくさんの言葉を聞いていなければ当然子供の頭の中にも「言葉」がインプットされません。子供にも理解しやすい簡単な言葉で話しかけることは大事です。

話しかけていない場合の改善方法

これはとても簡単です。

ちょっとしたことでもたくさん話しかけることです。言葉を繰り返し聞くことによって、子供の頭の中にもたくさんの言葉がインプットされます。インプットされなければ子供も話すことはできません。

外遊びの時でも家の中でも物の名前やどんな感触がするものかたくさん話しかけてあげてくださいね。

テレビばかり観させていませんか?

今はテレビやDVD、スマートフォンなどでたくさんの映像を観ることができます。家事をしたい時などとても便利ですよね。

映像を観せていれば家事をしている間、子供は静かに見続けていてくれます。

でもちょっと待ってください。一方通行のコミュニケーションが言葉をしゃべらない原因になっているのです。

テレビばかり…の改善方法

ちょっとした時間であればそのような映像を観せることは良いと思います。子供向けの番組から教わることも多いでしょう。

しかしママの手があいたら、きりのいい所まで見せて「何して遊ぶ?」と他の事に意識を向けてみましょう。話しかけながら一緒に遊んでみてください。

テレビなどを見続けてもいいのですが、そんなときはママも一緒に観てみましょう。観ながら「〇〇だね」「すごいね」など話しかけながら観るとお子様の頭の中にもたくさんの言葉がインプットされるはずです。

さいごに

いかがでしたか?

3歳児の言葉の遅れにはその子の個性や環境が影響している場合が多いのですね。

私たち親がしてあげられることは、たくさん話しかけることだけなのかもしれません。話しかけていれば自然とその覚えた言葉をきっと使えるようになりますよ。

この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と5歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします