妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊婦の健康・食事

妊娠中に食べてはいけないもの全てまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠中は食べ物に気を遣わなければいけない時期だということは、きっとみなさんご存知ですよね。

栄養バランスに気を付けたり、なるべく3食きちんと摂るように努めたりと気を付けているママもきっと多いでしょう。

しかし、栄養バランスや食事の回数だけではないんです!実は妊娠中には「これを食べたらいけない!」という食べ物が多く存在します。今回は妊娠中に食べてはいけないものを全てまとめてみました!



妊娠中に食べてはいけないものとは?

寄生虫に感染する恐れのある食べ物

妊娠中に気を付けたい病気として、トキソプラズマという寄生虫による感染症があります。生肉や土の中、感染している猫の糞などにいて、健康な状態であれば感染しても特に問題のない寄生虫です。

しかし、妊娠してから初めて感染すると、胎盤を通して胎児にも感染する恐れがあるのです。もし胎児が感染すると水頭症などの奇形を招いたり、流産・死産することもあります。

感染を予防するために土のついた野菜はしっかりと水道水で洗い流し、生肉は中心までしっかりと火を通しましょう!

レアなお肉が好きでも、妊娠中の今だけは我慢です!また、焼肉やBBQなどでは、生肉を触った箸で食事をしたり、生肉に触れたトングで焼けたものを取り分けたりしないように注意してくださいね。

ヨウ素の多い食品

体重の管理が難しい妊娠中は頼りになる食材である海藻。カロリーが低く、食べ応えもあるのですが注意も必要です。

わかめや昆布、ひじきなどの海藻には「ヨウ素」と呼ばれる栄養素が含まれています。このヨウ素は過剰摂取すると、赤ちゃんに「クレチン症」という病気を引き起こすことがあります。

これは生まれてからの発達遅延や知能に影響することもあり、注意が必要です。

特に昆布には多くのヨウ素が含まれているため、毎日の食事で昆布だしばかり使うのは過剰摂取の恐れがあります。妊娠中はかつおだしや煮干しだしなどに変更すると良いでしょう。

しかし、ヨウ素を完全に食事から排除すると今度はヨウ素欠乏症になってしまいます。海藻の食べ過ぎには注意しつつ、バランスよく食事に取り入れていきたいものですね。



ビタミンAを多く含む食品

レバーやうなぎにはビタミンAと呼ばれる栄養素が多く含まれています。ビタミンAは肌や髪の状態を整える、体に必要不可欠な栄養素です。

しかし、ビタミンAの過剰摂取によって胎児の奇形を招くことがあるのです。特に妊娠3か月ごろまでの過剰摂取は特に避けたほうがよいとされています。

しかし、体には必要不可欠な栄養素ですから食事のバランスを考えると摂取しなければなりません。そんな時には植物性のビタミンAを野菜や果物から摂取しましょう。

実はビタミンAは動物性の「レチノール」と植物性の「ベータカロテン」の2種類があります。過剰摂取によって奇形を招くのは動物性のビタミンAである「レチノール」だけ。

「ベータカロテン」には過剰摂取の心配はありませんから、ぜひ積極的に摂取しましょう。

水銀を多く含む魚

妊娠中はDHA摂取のためにも積極的に魚を食べたい時期ですよね。しかし、魚の種類によっては水銀を多く含むものがあるのです。

水銀を過剰摂取した場合には、胎児の脳の発達に影響が懸念されます。特にクロマグロやミナミマグロ、金目鯛などに水銀が多く含まれ、食卓に並ぶ機会も多いため注意が必要です。

頻繁に食べるわけでなければマグロ類や金目鯛も食べてよいのですが、妊娠中に魚を食べるなら、イワシやサンマ、カツオなどの水銀の含有率が低い魚がおすすめです。

リステリア症を起こす可能性のある物

ナチュラルチーズや生ハム、スモークサーモンなどの加熱処理されていない食品にはリステリア菌が潜んでいることがあります。

リステリア菌による食中毒を起こすと、ママの体への影響はほとんどなかったとしても胎児は流産や死産、早産などを起こすことがあります。

このリステリア菌は加熱により死滅しますから、生ものは避け、チーズも加熱処理されているものを選びましょう。

生卵

卵は栄養価が高く、素晴らしい食品です。しかし、妊娠している場合は注意が必要です。

卵の殻にはサルモネラ菌がついていることがあり、このサルモネラ菌は食中毒を引き起こします。

ママの体に起きる症状は下痢や嘔吐などで、胎児への直接的な影響はないのですが激しい下痢や嘔吐などは子宮を収縮させるため、流産や切迫早産を招くことがあります。

卵は加熱されたもの、また半熟ではなくしっかりと中心まで火を通したものを食べるようにしましょう。

スパイス

カレーやシチュー、食事を作る際にいろいろなスパイスは欠かせません。ですが、スパイスの中には子宮の収縮を促す効果を持つものがあります。

カレーには欠かせないターメリックや、肉料理にはナツメグやセージ、アップルパイにはシナモン。

彩りのパセリ、バジルをたっぷり使ったパスタ、これら全てのスパイスには子宮収縮を促します。

ごく少量であれば影響がないことがほとんどですが、妊娠中に積極的に摂るべき食品ではありません。

まとめ

今回、妊娠中に食べてはいけないものをまとめてみましたが、特に注意すべきは「生食を避けること」ですね。

また栄養のバランスに注意し、偏った食事を避けることで過剰摂取を避けることができます。

妊娠中はママの健康だけでなく、おなかの赤ちゃんのことも考えて毎日の食事を摂りたいものですね!


この記事を書いたママ

ケイ

6歳の娘と2歳の息子を育てているママです。親の思惑通りになってくれるわけもない子どもたちと毎日バトルしています(笑)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします