妊娠中期 妊娠後期

母親学級に通う時期はいつ?3タイプある母親学級の違いについて

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

病院や自治体の窓口で渡される「母親学級」のお知らせ。行ってみたいと興味はあるものの、開催されている時期やタイプが色々あるので、どれに行けばいいのか迷ってしまいますよね。

それぞれの特徴を知って、自分に合った母親学級に参加してみましょう!



妊娠「初期」「中期」「後期」それぞれの時期に合わせて参加しよう

妊婦さんへの詳細な情報を提供している母親学級では、妊娠の週数などで参加者の対象を限定している場合があります。妊娠期間は長いので、時期によって必要な情報が違ってくるためです。

今の自分の状態に合うプログラムの母親学級に参加して、リアルタイムで必要な情報を得るようにしましょう。

①妊娠初期の時期!テーマは「妊娠」について

妊娠中の過ごし方や栄養管理、これからのお腹の赤ちゃんの成長過程について説明があります。トラブルがおきやすい時期なので、注意する点を教えてくれることも。
つわりがあったり、体調を崩しやすいなので、無理をせず、気分転換になるなら行く、ぐらいの気持ちで参加してみましょう。

②妊娠中期の時期!テーマは「育児」について

安定期に入ってからは、出産後の知識を学んでいきます。赤ちゃんのお世話の仕方、オムツ替え、沐浴体験など、実際に体験してみることで、出産後の生活をイメージしていきます。

③妊娠後期の時期!テーマは「出産」について

陣痛がおきた場合の連絡方法、出産の流れ、呼吸法など、具体的な内容が多くなります。育児を中期に先に学んでおいて、後期は出産関連したプログラムとりあげています。

時期に特にこだわらない母親学級もある

自治体主催のものなどは、特に時期にこだわらず、妊娠・出産・育児に関して全般的な内容を取り扱い、いつでも参加できるようにしているところもあります。同じ内容を定期的に行っている場合もあるので、今回都合がつかなくても次回参加するなど、参加しやすい形をとっていることが特徴です。

仕事をしている人は産休に入ってから参加しよう

母親学級は平日の昼間に行われていることが多いでため、仕事をしていては、参加はなかなかできません。産休に入ってやっと参加できた、という人もいるので、無理せず行ける時に参加するようにしましょう。



母親学級は3タイプある事を知っておこう!

母親学級にはタイプが3つあります。それぞれ特徴があるので、内容をよく知り、「ここが知りたい!」「これを体験したい!」という目的を持って、参加する母親学級を選ぶようにしましょう。

タイプ①病院主催の母親学級

その病院の方針がわかる

出産する病院は、総合病院から個人病院まであり、その方針は様々です。母子同室の考え方、立ち会い出産の方針など、その病院独自の考え方をあらかじめ母親学級で聞いて理解することができます。

基準がわからないままいきなり出産に入ると、「こういうものかな」と無理をしてしまいがちです。どんな方針かわかっていれば、心構えもできますし、柔軟な対応をしてもらえるよう交渉する余地もあります。

また、立ち会い出産の場合、両親学級としてパパの参加を義務付けているところもあります。

入院した時にはすでにママ友ができている!

母親学級で会った友達と出産日が近く、産後同室だった!という場合もあります。初めての出産で心細い場合は、顔見知りがいるということが安心感につながります。

ママ友だけでなく、看護師さんや助産師さんと検診以外で話をしておくことで、更に親近感がわくというメリットもあります。

金額はプログラムの内容と病院次第

金額は無料の場合が多いものの、有料のものもあり、プログラムごと、病院ごとに違います。

例えば、講義形式のものは無料・マタニティビクスは有料というところももあれば、すべて無料・ヨガなど他のプログラムも数種類あり内容が充実しているけれど、その分妊婦検診の金額自体が高いという場合もあります。

サービスのよい病院はその分もともとお金がかかっている場合もあるので、一概に無料がお得という訳ではありません。

タイプ②自治体主催の母親学級

母子手帳を交付する時に案内がついていることが多い、市や区が主催する母親学級。内容は全般的なことが多いので、主に近所のママ友作りに役立てる形になります。

母子手帳には、母親学級(両親学級のことも)に参加したかどうかのチェックがあり、「必ず参加しなければならないもの?」と思うこともありますが、そんなことはありません。あくまで体調と相談して参加するようにしましょう。

タイプ③企業主催の母親学級

ベビー関連企業の宣伝と集客も兼ねているので、おみやげがたくさんついたり、そこでしか体験できないプログラムがあるので、大変人気があります。

ベビー関連ショップでは、母親学級が終わった後にそのまま店舗で買物を楽しめます。何が必要かわかってすぐ後に、ピンポイントで買い物ができるのが嬉しいですね。

人気があるので、受付開始日にすぐ予約がいっぱいになることも。以下に人気メーカーが行っている母親学級をまとめましたので参考にしてみてください。

開催日や対象年齢、募集枠などをしっかりチェックして、お得なイベントを楽しんで下さいね!

ベビー用品メーカー主催の母親学級

ピジョン プレママクラス

ピジョンプレママクラス

コンビ プレママレッスン

【コンビタウン】コンビプレママレッスン|妊娠・出産&口コミ情報サイト

コンビ プレママレッスン

ベビー服メーカー

ミキハウス

ミキハウス プレママセミナー

ベビー関連ショップ

アカチャンホンポ マタニティースクル

マタニティスクール|ベビー・マタニティ用品のアカチャンホンポ

アカチャンホンポ マタニティスクール


この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします

[…] 出典: 母親学級に通う時期はいつ?3タイプある母親学級の違いについて | mama's up(ママズアップ) […]

Leave a Comment