妊娠中期 妊娠後期 妊婦の健康・食事

妊娠高血圧症候群とは?その原因と症状と治療法について

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠が進んだら、中期以降に注意しなければならない疾患のひとつに『妊娠高血圧症候群』があります。2005年までは『妊娠中毒症』という疾患名でした。

以前はこの疾患が詳しく解明されていなかったこともあり、ママや赤ちゃんに様々な障害をもたらすということで、そのように呼ばれていたのです。かかってしまうと早産や流産につながる恐れがある非常に怖い疾患。

ここでは、その『妊娠高血圧症候群』について詳しくご説明します。



妊娠高血圧症候群とは?

どのような場合に、妊娠高血圧症候群だと診断されるのでしょうか。

高血圧が危険!

妊娠20週以降、分娩後12週までの間に、高血圧または、高血圧+尿蛋白のいずれかが現れることをいいます。また、この症状が「単なる妊娠の偶発合併症によるものではないもの」と定義づけされています。

妊娠前から高血圧や尿蛋白があった妊婦さんは「高血圧合併妊娠」「腎疾患合併妊娠」という病名に分類され、そこに高血圧や尿蛋白がそれぞれ新たに加わった場合に『妊娠高血圧症候群』と診断されるのです。

たった1度のみの計測では判断できません。

毎回の妊婦健診では、必ず血圧測定と尿検査を行います。しかし、一度のみの計測で高血圧症候群だと特定するのは難しいため、血圧は6時間以上の間隔を開けて2回以上、尿検査は24時間の尿を集めて1日の蛋白尿を測定します。

原因は解明されていません。

はっきりとした原因はわかっていません。しかし、症状が悪化してゆくには、あらゆる環境が影響していることが明らかになってきています。

悪化する環境とは?

1. 妊娠15週までの胎盤の血管が上手く形成されなかった。(有力な原因説)

2. 胎盤の酸素交換が上手くいかず、胎盤の細い血管が壊れたり、血液の流れが滞ってしまう。

3. 子宮と赤ちゃんが大きく成長することで、血液量が不足する。

4. 血管の収縮率が高く、胎盤が剥がれやすくなる。

このように、様々な環境が重なり、妊娠高血圧症候群の症状を悪化させてしまうと言われていますが、血管に起こる異常が大きく関わっていることは明らかです。

かかりやすい人の特徴

1. 母体年齢が15歳以下、または35~40歳以上である。

2. 初産婦である。

3. 妊娠前から肥満体質である。

4. 多胎児の妊娠である。

5. 妊娠中に体重が増えすぎた。

6. 忙しく、疲れやストレスが溜まりやすい。

7. もともと高血圧・腎臓病・糖尿病のいずれかである。

8. 妊娠初期に高血圧があった。

9. 血縁関係に高血圧の人がいる。

10. 妊娠高血圧症候群にかかったことのある経産婦である。

これらの特徴を持っている妊婦さんは特に、妊娠中の食事や精神面に気を付けながら適度な運動を心がける、生活リズムを整えながら過ごす等、妊娠生活には細心の注意を払わなければなりません。



かかってしまったら!?影響は?

もし妊娠高血圧症候群だと診断されたら、どのような事態が起こり得るのでしょう。

ママへの影響も心配

最も重度な症状として『子癇発作』があります。ママの全身が痙攣し、最悪の事態になると母子ともに命を落とす非常に怖い状況に陥ります。

血液量が不足して胎盤が機能を果たせなくなり、赤ちゃんが栄養不足、酸素不足になり、発育不全や脳障害を引き起こします。他にもHELLP症候群や常位胎盤剥離などの危険性が高くなります。

現在は医療体制が整い、妊娠高血圧症候群にかかっても無事に出産できるママが増えてはいるものの、命を落としてしまう妊婦さんが年間約20人ほどいる非常に危険な疾患であることには変わりありません。

自覚症状や対処法は?

かかってしまう前の自覚症状がないところが、この疾患の怖いところです。

小さな変化に注意して!

血圧が上がる前に気づいて対処することは非常に難しいものです。

日頃の体調の変化として、眠気や倦怠感、頭痛、喉の渇きや尿の減少、お腹の張りがありますが、妊娠中にはよく見られる症状でもあり、直に妊娠高血圧症候群と結びつけることはできません。

気になる体調の変化があれば、すぐに医師に相談することが先決です。

細かな血圧測定が大切

妊婦健診を欠かさないことが最もな回避策だと言えるでしょう。妊婦健診では毎回血圧を測定しますので、少しでも血圧が高めだと指示が出たら、生活を見直して注意をすることが大切です。

また、自宅で血圧測定をして小さな変化を見逃さないことも方法のひとつです。

産後も続くかもしれません!

通常は出産して胎盤を取り出すことで状態が良くなることが多いのですが…

重度の場合は注意が必要です。

症状が重い場合は、産後もしばらく高血圧や尿蛋白が続くことがあります。降圧剤や痙攣予防の薬が必要となり、母乳にまで影響をもたらす可能性は否定できません。産後にまで悪影響を及ぼす妊娠高血圧症候群。

できることには細心の注意を払い、赤ちゃんとママの命を守る心がけを忘れず、健全なマタニティライフを送りましょう。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします