1歳~3歳児

3歳児の食事!量はどれくらい?遅い場合どうする?賢いしつけ方は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

3歳児の育児お疲れ様です。3歳は何でも自分でやりたがる年齢です。その成長は微笑ましい反面、イライラすることも多いですよね。食事に関してもスプーンやフォークを使って自分で食べたがるのではないでしょうか?

3歳児の食事について、食べるのが遅い場合の対処法、量やマナーを教えるための賢いしつけ方を、これから詳しくお話していきたいと思います。毎日の食事のことですから、参考にしていただけたら嬉しいです。



3歳児の食事の量はどれくらい?

3歳の1回の食事の量はどのくらいだと思いますか?もちろん個人差があり、たくさん食べる子、小食の子といると思います。小食でも毎食、主食+主菜+副菜と食べていて健康であれば問題ありません。

カロリーでいうと

3歳の食事量をカロリーでいうと、1日あたり男の子は1300kcal、女の子は1250kcalとなります。カロリーで言われてもピンときませんが、ママ世代の食事量から考えてみましょう。

私たちママ世代は1800~2000kcalですので、だいたいママの食事量の2/3程度と考えて良さそうです。

1回にあたえる目安

ご飯…子供の茶碗1杯/1食  

食パン…8枚切り1枚/1食

肉、魚、卵、豆腐など…40~50g/1食

野菜…200~300g/1日

乳製品…300g/1日

あくまでも目安ですので、お子様に合った量を与えてあげましょう。

食べるのが遅い場合どうする?

3歳になると自分でスプーンやフォークを使って食べたがるお子様も多くいると思います。何でも自分でやりたがるのは成長の過程でとても重要なことですよね。

しかし、「時間がかかってしょうがない!」「早く片付けたいのに…」と食事がなかなか進まなくてイライラすることも多いのではないでしょうか。なぜ食べるのが遅いのか…理由別にお話していきますね。

お腹はちゃんと空いてますか?

お腹が空いていなければ当然食べるスピードも遅くなります。おやつを食べさせ過ぎてはいないか、きちんと外遊びなど運動をさせているか、など一度見直してみるいい機会かもしれませんね。

上手に食べられない

自分で食べることを始めたばかりであれば、食べるのにも時間がかかります。初めから上手にスプーンやフォークを使える子は少ないはずです。

こんな時は見守ってあげるしかありません。こぼすのを見ていちいち「こぼさないように」や「早く食べなさい」などと声をかけてしまえば、せっかく食事を楽しんでいるかもしれないのに、食事の時間が嫌いになってしまうかもしれません。

イライラするとは思いますが、初めが肝心ですから。



テレビがついていたり、周りにおもちゃなど出ていませんか?

食事中にテレビがついているご家庭があれば、消してみましょう。お子様の見える範囲におもちゃなど出しっぱなしになっていれば片付けてから与えてみましょう。どちらもお子様の集中力を妨げるものです。

それでも遅い場合は?

何を試しても遅い場合は、思い切ってさげてしまいましょう。食べる練習をしているのだからと大目にみるのは大事なことです。しかし促したりしてもなかなかすすまない時はきっとお腹がいっぱいなのでしょう。

お子様にとって、少し量が多いこともあり得ますのである程度時間が経ったら切り上げ、けじめをつけることも大事です。

食事のしつけはどうする?

食事のしつけは将来、子どもが恥をかかない為にも必要なことです。悪い癖がついてしまうと、それを直すほうが大変です。初めから「楽しく」を念頭において食事のしつけも教えることが大切です。

食事の挨拶は忘れずに

「いただきます」「ごちそうさま」を必ず言うようにさせましょう。挨拶は生活の基本です。パパやママが良いお手本となり、両手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」と楽しそうに言っているのを見れば自然とお子様も真似をしてくれますよ。

食事中は席を立たせない

食事中に立ったり歩いたりすることは、とてもお行儀が悪いですよね。外食に行ったときなど恥ずかしい思いをしないためにも立ち歩かないことをこの時からしっかりと教えてあげてください。

座ったまま最後まで食べることができたら、思いっきり褒めてあげましょう。こんなにママは喜んでくれるんだ、と思ったお子様はこれからもきっとお行儀よく食べることができるでしょう。

良いお手本になる為にも、ママも食事の途中であれこれ取りに行くことが極力ないように心がけてみるのも大切です。

食器をスプーンなどで叩いたりして遊びだしたら

食器を叩いて…これは良く見る光景ではないでしょうか。とても良い音がなりますので、楽しいのはわかりますが、これもお行儀が悪いことです。

「やめなさい!」と言って怒鳴るのではなく、何でしてはいけないのかを説明してやめさせるようにしましょう。お話をきちんと聞いてくれて、最後まで叩くことをしなかったら、たくさん褒めてあげてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?食事の時間は楽しい時間…と教えることがお子様にとって一番大事なことです。

残さずに食べられると、子供も食事に対して自信をもつことができます。そういう意味でも食事の量を考えてあげて、多少行儀が悪くてもガミガミ怒ることのないような楽しい時間をつくってあげてくださいね。

【関連記事】
二度と戻れない重要な時期!0歳〜3歳までのしつけ方

0歳~6歳までにやっておきたい子供のしつけ6選


この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と5歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします