小学生・小学校

私立小学校で広がるアフタースクールについてまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

私立小学校へ通う娘を持つ母ライターです。娘の学校選びの際に話題になった出来事がありました。

放課後のアフタースクールを設置する学校が登場し、人気を集めていたのです。その後も全国で増加しています。



ワーキングマザー支援

これまで私立小学校受験にはワーキングマザーは無理、不利と言われてきました。今もその雰囲気はまだあります。

しかし、少子化の現在、私学もサバイブして行かなくてはなりません。そこで放課後のアフタースクールを設置することでワーキングマザー支援にのりだし、新しいニーズに応えようとしているのです。

広がる私学のアフタースクール

そして、この流れはますます活性化していくなというのが、各校の説明会に参加していての実感でした。全国的に広がるアフタースクール。ここでは主に東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の情報についてまとめました。

就業の有無は問わない

私学の放課後のアフタースクールは、就業の有無は問わないものが多いのが特徴です。そのため、お稽古の一貫として参加している家庭もありますし、お母様の都合に合わせたスポット利用もあります。

これまでの放課後預かりとの違い

これまでも、放課後にピアノや英語のレッスンがあったり、校庭開放がある私学はありました。また、低学年のみの預かりありの学校もあります。

これらの放課後の活動と民間学童をうまく利用してフルタイムで働いていらっしゃるお母様もいます。しかしそれらはワーキングマザーにとっては物足りない内容といわざるを得ません。

アフタースクールでは、長時間の預かりが可能で、多くは軽食があり長期休暇にも対応。学外の学童保育と違い、学校からの移動がスムーズで安全面でのメリットがあります。

主なアフタースクール

私学に設置された主なアフタースクールを設置順に紹介していきます。

和光小学校

和光小学校
和光小学校HP

和光小学校の学童保育の取り組みは非常に古く40年もの歴史があります。自由で革新的な校風にあわせて、当時ではまだ珍しかったワーキングマザーを支援するために誕生しました。

学校自体が父母による運営に近い和光学園なだけあり、学童保育も父母の自主運営。これは全国でも珍しいことで、他には近年始まった明星学園の学童がやはり自主運営です。

系列の和光鶴川小学校でも、学童保育がスタート。やはり父母運営です。革新的な自由教育学校ならではの成り立ちを持つ学童保育だと言えるでしょう。

武蔵野東小学校


武蔵野東小学校HP

2006年に設置された自校運営の放課後事業です。武蔵野市との連携で、四年生までの武蔵野市在住の児童を対象に民間学童も実施しています。

武蔵野東はインクルージョン教育を行っていることから、学童もインクルージョン。また、自閉症児の日中一時支援事業も併せて行っているのが特徴です。比較的早い時期にスタートした、私学自校運営の学童保育のひとつです。

新渡戸文化小学校


新渡戸文化小学校HP

新渡戸稲造の教え子・森本厚吉による創立の新渡戸文化学園。現在は幼~短大まで共学ですが、創立当時は女子の教育と自立を目指した女子校でした。

その理念を受け継いで、ワーキングマザー支援を積極的に打ち出しています。2011年からNPO法人アフタースクールと連携して始まったアフタースクール事業はニュースなどでも盛んに取り上げられ、話題となりました。

アフタースクールの内容は一般の学童保育とは大きく異なり、ワークショップなどを盛り込んだ多彩なカリキュラムが用意されているのが特徴。

もともと完全自校給食であったこともあり、ワーキングマザーの注目を集め、実際、倍率も上昇しているようです。ワーキングマザー支援と多彩なカリキュラムとで、現代のニーズに合った学童保育だと言えるでしょう。

日本女子大付属豊明小学校

日本女子大学 附属豊明小学校
日本女子大付属豊明小学校HP

2015年9月に伝統女子校が独自の学童保育事業を始めたことで話題になった日本女子大付属豊明小学校。

しかし、伝統女子校ではあっても、いわゆる良妻賢母タイプというよりは、先進的な女子教育の学校であるので、必然の流れと言えるのかもしれません。

その伝統を生かしたネットワークで、独自の法人を設置。充実した保育内容が期待されます。



外部委託と自校運営

アフタースクールには大きく分けて自校運営(含む父母運営)と外部委託があります。東急グループの都市大付属小学校は、同グループ内のキッズベースキャンプに委託しており、設置母体を生かした運営をしています。

自校運営

【東京都】
和光小学校(父母運営・和光学童保育)
和光鶴川小学校(父母運営・わくDO!)
武蔵野東小学校(eパル)
菅生学園初等学校(菅生タイム)
むさしの学園小学校(放課後充実化プログラム)
淑徳小学校(淑徳アルファ)
東星学園小学校(とうせいキッズ)
明星学園小学校(父母運営・すずかけの木)
日本女子大付属豊明小学校(一般社団法人 JWUほうめいこどもクラブ)

【神奈川県】
関東六浦小学校(CANAAN)
平和学園小学校(平和クラブ)
横浜三育小学校(放課後児童クラブ)
横須賀学院小学校(キッズスクエア)

【千葉県】
聖徳大学附属小学校(放課後スクール)

キッズベースキャンプ

東急グループの民間学童である、キッズベースキャンプ。
豊富なプログラム、送迎が人気です。

【東京都】
東京都市大学付属小学校
昭和女子大学附属昭和小学校

NPO法人アフタースクー

お父様ご自身がアメリカのアフタースクール事業をモデルに、公民館でスタートしたのがルーツ。
多くの企業とのコラボレーションが特徴です。

【東京都】
自由学園初等部
新渡戸文化小学校
トキワ松学園小学校
帝京大学小学校

【神奈川県】
桐蔭学園小学部
湘南学園小学校

【埼玉県】
さとえ学園小学校

その他

【東京都】
聖徳学園小学校(実績のある業者への外部委託)
文教大学付属小学校(外部委託・四年生まで)

【神奈川県】
横浜英和小学校(YMCA)
相模女子大学小学部(リソー教育)
聖マリア小学校(セリオ・トレジャーキッズクラブ)

【埼玉県】
浦和ルーテル学院小学校(外部委託)

ワーキングマザー支援以外のメリット

ワーキングマザー支援以外でもメリットがあります。私学のこども達はお互い遠方から通っているため、放課後に集まって遊ぶことが出来ません。

アフタースクールを通じて、こども同士で過ごす時間が出来るのは、非常に嬉しいことです。

問題点

まだまだ始まったばかりのアフタースクール。長期休暇中の実施が十分でない、低学年のみ、予想外に費用がかかる、お迎えが必要だ、帰宅時間が遅く距離も遠いので近所の学童保育に移ったなど、問題点もあるようです。

試行錯誤でよりよいものになることを願います。

アフタースクールへの期待

ワーキングマザー支援はますます盛んになっています。ランチのフォローがある私学も増えてきました。しかし、小学校受験の主流はいまだに専業主婦。

受験期間中は休業されたり、受験をきっかけに退職されたりの方が多かったように思います。中断したキャリアをとりもどせる仕組み、または、中断させないしくみ。

これらを構築していかないと、優秀な人材の喪失や、若い女性の非婚、少子化は避けられないのかなと感じています。その中で、キャリアを中断させないしくみとしてのアフタースクール事業には、大いに期待をしています。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします