ママ・主婦

もしや老化の始まり?30代女性が老けたなぁ~と思う瞬間

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。一人娘を育てている30代後半のママライターです。

「35歳を境目に体の老化現象が始まります。」という、あるエイジンケアのサプリメントのキャッチフレーズが気になりました。

「老化」。とてもリアルでシビアな言葉ですね。でも、誰でも年をとるので、いつか自分も老化必ず老化します。



私の「老けたなぁ」と思う瞬間

みなさんは「老けたなぁ」と思う瞬間がありますか?

春、子どもと散歩しながら花見をするとき、景色がよかったから、2人でツーショットを撮ってみたら、自分の老けた顔にびっくりしました。

「このおばさんって誰?」と思いました。普段、あまり自分の顔をじっと見ないから、そんなに気にならなかったけど、写真をみると、本当にがっかりでした。

それ以来、日常生活にどんなところで老化が現れてきたかなぁと考えると、私は体的にも精神面にも確実に老化を進めているのがわかりました。笑。

今日は、それをまとめてお話したいと思います。



老けたなぁ~と思う体の変化

体に起きる老化現象をご紹介します。

新陳代謝・修復力がドンドン落ちる

老化現象は、体のいたるところで小さな変化が現れます。年をとるにつれ、新陳代謝が徐々に下がり、体の修復力がどんどん落ちていきます

たとえ長期的に健康を維持するため、どんなに運動や食事制限をしても、老化を緩やかにすることはできますが、止めることはできません。

髪のツヤが無くなる・肌のハリが無くなる

まず髪ですね。つやがなく、バサバサです。髪質が乾燥気味で、なかなかヘアスタイルが決められません。

顔にも色々なサインが出てきます。肌のハリ、弾力性がなく、乾燥・シワ・くすみ・法令線も気になります。

年をとると、自然に増えるシミやソバカスが目立つようになります。肌全体の透明感がなく、化粧のもちも悪くなります。

それに、手足もシワシワで乾燥気味で、一年中ハンドクリームが手放せないくらいガサガサしています。

ケガやキズなどの修復力が落ちているので、小さいキズでも、なかなか治りません。痕が残るでしょう。大人ニキビの痕もなかなか消えません。

体力が落ちる・生理量も減る・太りやすい体質になる

また、新陳代謝が下がっているため、20代に比べて体力がたいぶ落ちたでしょう。疲れはなかなか取れません。生理前後の時期はイライラしやすく、生理の量も減るでしょう。

体型にも変化があります。昔はどんなに食べても太らない、いわゆる太りにくい体質でした。しかし、出産を境に一気に太り始め、なかなか産前の体系には戻れません。

太りやすく、痩せにくい体質に変わりました。必死にダイエットしてもとの体重には戻ったものの、ダルダルなボディラインになってしまいます。

若いファッションが似合わなくミセスファッションが似合うようになる

年をとるにつれ、雰囲気が変わったせいか、昔の服やコーディネートが似合わなくなりました

流行のフリフリスカートやショートパンツ、生足で履くサンダルなど、自分でも「無理かも…」と感じてしまいます。どちらかというと、落ち着いたミセスファッションが似合ってきます

話題は恋バナから現実的な話になる

自分はまだ20代のままだと思いながらも、子どもの将来や自分の老後を考え始めることが増えるでしょう。

とくに親の介護問題を話すたびに、「自分の老後もこうなるのかなぁ」と想像するでしょう。

昔、仲間とワイワイで恋愛話を盛り上がったけれども、いまは恋愛話より、投資や子どもの進学、夫婦2人の定年生活などに関心をもつようになるでしょう。

こういった小さな変化からみると、体の老化は確実に進行していますよね。でも、無理に若作りすることもないでしょう。

年をとることを恐れずに、その年齢にしかできないことをしたり、その年齢にあうファッションを楽しんだりするのがいいでしょう。ママたちもステキなミセスになれるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします