生後0ヵ月~12ヵ月 赤ちゃんの行事・お祝い

ココは押さえておきたい!2児のママに聞くお宮参りの心得と段取り

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

こんにちは!3歳と9ヶ月の息子を育てているママライターです。

みなさんの赤ちゃんは、もうお宮参りはしましたか?お宮参りは、赤ちゃんの初めての大きな行事です。ママとしては、張り切ってしまいますよね。特に初めての赤ちゃんは、わからないこともいっぱいで、不安なこともあるでしょう。

どんな風にやればいいのか、服装ひとつにしても、悩んでしまいますよね。今回は、お宮参りの心得や段取りなどについて書いていきます。2人の息子のお宮参りを終えた私が、実体験で感じたことを書きますので、参考にしてみてください。



お宮参りって何?

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃に、初めて神社に参拝する行事です。赤ちゃんが無事に生まれたことを感謝し、これからの成長を願います。生まれてから初めての大きな行事だといえるでしょう。

【関連記事】
生後1ヵ月の外出は大丈夫?注意点と持ち物リスト10

まず、神社を探そう!

お宮参りに行く神社を探しましょう。基本的には、近くの神社で構いません。お宮参りの祈祷をしてくれるかどうか、事前に調べておきましょう。腹帯をもらいに行った神社にするのが一般的です。

その際、腹帯を返納することも忘れないでおきましょう。

誰と行くの?

昔からの習わしでは、父方の両親、母方の両親、両親、赤ちゃんでお参りに行きます。しかし現在では、お互い遠方にいることも多いので、全員が揃う必要はありません。ママとパパと赤ちゃんだけでも大丈夫です。

しかし、必ず双方の両親に確認を取りましょう。行くつもりだったのに!と後で揉めることのないようにしましょう。

日にちを決めよう!

生まれて1ヶ月目とされていますが、赤ちゃんはまだまだ小さく大変な時です。ママの体調も戻っていないかもしれません。無理をせず、赤ちゃんやママの体調を最優先しましょう。季節の良い時に参拝する方が、赤ちゃんにもママにも良いかもしれません。

赤ちゃんの服装は?

祝い着(子供用の着物)が良いとされています。もちろん赤ちゃんはまだ着れません。上から羽織らせるようにして、赤ちゃんを抱いている人の肩に結んで固定します。しかし、最近ではベビードレスにする方も多くいます。

写真屋さんで祝い着をレンタルすることもできますので、利用してもいいですね。私の場合は、兄弟2人とも、パパが赤ちゃんの時に使った着物にしました。思い出になったのでよかったです。



ママやパパの服装は?

赤ちゃんに合わせるのが一般的です。赤ちゃんが祝い着を着るのなら、正装しましょう。ママは訪問着かワンピース、パパはスーツが無難です。しかし、ママはまだ何回か授乳をしなければならないかもしれません。

形式にこだわらず、授乳のしやすい服装でも大丈夫です。

赤ちゃんは、父方のお母さんが抱っこします!

基本的には、赤ちゃんを抱くのは父方のお母さんとされています。ですので、パパのお母さんは着物で正装するのが昔からのしきたりです。しかし、最近では誰が抱っこしてもかまいません。

赤ちゃんが慣れていないと、祈祷中に泣いてしまうこともあります。ママやパパが抱っこしても構いません。その際は、パパのお母さんに一言相談するようにしましょう。抱っこするつもりで楽しみにしている場合もありますので、事前の確認が必要です。

祈祷は数分で終わります。

神主様が祈祷をしてくれます。私たちがすることは特になく、静かに聞いているだけです。何組かの家族と合同で祈祷することもあります。赤ちゃんが泣いてしまっても構いません。仕方のないことですので、気にしないようにしましょう。

みんなで、赤ちゃんの健やかな成長を願いましょう。

写真館で写真を撮ろう!

せっかくのお宮参りですので、記念に写真館で写真を撮りましょう。祈祷の後でも前でもどちらでも構いません。写真館によっては、赤ちゃんやママ、パパの衣装をレンタルできます。

レンタルした衣装を着たまま、神社に参拝できるサービスもありますので、問い合わせてみてください。

お宮参りの後は食事をしよう!

ママやパパのご両親が集まってくれたのなら、みんなで食事をするのもいいですね。赤ちゃんを囲んで、楽しくお祝いしましょう。外食の場合は、座敷の方が赤ちゃんを寝かせることができるのでおすすめです。

最後に

お宮参りは、赤ちゃんの初めての一大イベントですよね。一生に一度しかない行事ですので、盛大に祝いましょう。昔からの決まりごとにこだわらず、ママや赤ちゃんの都合に合わせても大丈夫です。

しかし、何事もママやパパだけで決めずに、ご両親にも相談して決めることが大切です。後で揉めないように、連絡はきちんとしておきましょう。

【関連記事】
お宮参りの当日の流れや注意点、おススメしたいこと

ココは押さえておきたい!2児のママに聞くお宮参りの心得と段取り


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

1

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします