女性の健康

つらい…女性の肩こりの原因と3つの対策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。ただいま0歳の娘を育児中の新米ママライターです。

肩こり、つらいですよね。何をしても良くならない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

筆者も慢性的な肩こりを長年に渡り抱えております。

実は、肩こりは男性より女性に圧倒的に多いのだそうです。

なぜ肩こりは女性に多いのでしょうか?

今日は、女性の肩こりの原因と、その対策を3つお伝えしていきます。



女性に肩こりが多いのは筋肉に原因あり

男性より女性に肩こりが多いのは、首や肩の筋肉が少ないことが一つの原因だと言われています。

重い頭をその少ない筋肉で支えることで、首や肩が緊張し、血行不良を引き起こすために肩こりになるのです。

対策⇒姿勢を良くする

肩こりの対策としては、できるだけ首や肩の筋肉に負担がかからないよう、姿勢を良くすることが大切です。

前かがみの姿勢になると首や肩にどうしても余計な負荷がかかり、肩こりになってしまいます。

私たち女性は驚くほど前かがみの姿勢になることが多いのです。考えてみて下さい。

家事や子どもの世話をする時、ほとんど前かがみになっていませんか?料理をする時、掃除をする時、洗い物をする時、手を前に出してうつむく姿勢ばかりです。

また、子どもは自分より小さいですから、子どものことをする時は当然下を向きっぱなしなわけです。

これで肩がこらないわけがないですよね。

肩こりを少しでも改善するために、家事や育児をする時以外はできるだけ意識して姿勢を良くするようにしましょう。

頭を前に出さないことがポイントです。

とは言え、頭を後ろに下げようと思うと、不自然にあごを引いたような体勢になってしまうと思います。

ですので、頭を意識するのではなく、肩を開いて胸を張るように意識してみて下さい。肩甲骨をぐっと背中の中心に寄せるような感覚です。

これで首が正しい位置になり、肩への負担が減ると思います。

女性特有の冷えによる血行不良が原因

女性に肩こりが多い大きな理由として、冷えによる血行不良も挙げられます。

シャツにネクタイといった服装が多い男性に比べて、女性は胸の開いた格好をすることが多く、首周りが冷えやすいのです。

対策⇒筋肉を動かしたり温めたりして血行を良くする

肩こり対策のためには、仕事や家事・育児の合間に首や肩周りの筋肉を動かして血行が良くなるよう心がけましょう。

首や肩を回したり、腕を体の後ろで組んだりと、簡単なストレッチをするだけでだいぶ楽になるはずです。

1日に1回だけではなく、意識してこまめに動かすと良いでしょう。

また、血行を良くするには温めるのも効果的です。

首周りにスカーフなどを巻いて冷えないようにしたり、お風呂でしっかり温まることや、温湿布を利用するのも肩こり対策のひとつの手です。

ウォーキングなど全身運動で血行を良くするのも有効ですが、運動する時には姿勢に気をつけないと逆効果になることがあります。

筆者は以前、長距離歩くと肩がパンパンに張ってしまうという悩みを抱えており、運動は肩こり解消に良いはずなのになぜ逆に肩がこるんだろう…と思っていましたが、

今思うと歩く姿勢が悪かったのだと思います。癖で前かがみになって歩いていて、それが長時間に及んだため、余計に肩がこってしまっていたのです。

それに気づいてから、歩くときに前かがみにならないよう心がけ、肩こりは軽減しました。

運動する際は正しい姿勢を保つようにしてください。

水泳は首や肩の筋肉が鍛えられる効果もあり、肩こり対策の運動としてはおススメです。



女性は自律神経を乱しやすい。そこに原因あり!

女性は妊娠、出産や毎月の生理でホルモンバランスが変化しやすく、それによって自律神経が乱れやすくなっています。

自律神経と首は密接に関係しているとも言われており、自律神経が乱れると首がこったり痛みが出たりすることが多いそうなのです。

そこから肩こりになるというのは想像に難くありません。

対策⇒自律神経を整える


自律神経はストレスの影響を受けやすいものです。

女性特有のホルモンバランスの変化がある中でストレスにさらされると、自律神経はまず乱れます。

日々の生活の中でストレスを感じるなというのも無理な話ではありますが、ストレスを上手に解消して溜めないようにしていきましょう。

おいしいものを食べたり、趣味に没頭したり、ストレス解消法は人それぞれだと思いますが、肩こり対策ということで言えばやはり適度な運動が効果的です。

体を動かすことで血行も良くなりますし、筋肉もつけば肩こりしにくい体にもなります。

また、自律神経の安定のためには、規則的な生活も大切です。

起きる時間、寝る時間、食べる時間を一定にし、生活リズムを整えましょう。

肩こりは普段の生活の中で解決を

肩こり対策というと、マッサージが気持ち良いんですが、それは一時しのぎでしかありません。

肩こりを根本から改善しようとすると、自分の生活の仕方を見直す必要があるんですね。

逆に言うと、特別なことをしなくても、普段の生活に気をつけていれば肩こりは軽減できるということです。

ここで紹介した対策を、是非肩こり対策に役立ててくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします