妊娠後期

妊娠38週目の胎児の状態とママの状態と注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

妊娠38週目、長いマタニティライフを、ママは本当によく頑張って過ごしてきたと思います。体力的、精神的にも辛い時期があったことでしょう。それもあと少しの時間で終わりです。

赤ちゃんと対面できるのも、もうすぐです!出産が間近に迫ったこの時期、赤ちゃんは出産の準備を整えています。ママは、自分の体の変化に注意しなければならない点があります。その点について、詳しくご説明します。



赤ちゃんは『成熟児』になります。

赤ちゃんの身長は50cm前後に!体重は3000~3300gに成長しています!

成熟児とは!?

妊娠37週以降に、身長が45cm以上、体重が2500g以上になった赤ちゃんを『成熟児』といいます。各器官の機能も充分に発達しており、産まれても元気よく発育できる状態にある赤ちゃんです。

皮膚の色が不透明になっています。

この時期の赤ちゃんは、さらに皮膚が厚みを増し、皮下脂肪もよりたくさん付いています。そのため、皮膚を通して血管が見えることがなくなります。この時点で、お腹の中で発達すべき部分の構造はすべて終えました。

腰回りの痛みやしびれが気になります

骨盤内に下がってきた赤ちゃんの影響で、痛みやしびれが強くなります。早めの対処しましょう。

坐骨神経痛かもしれません!

赤ちゃんが下がり、頭がママの骨盤周囲の神経を圧迫します。また、出産前にはホルモンが多く分泌されるために、骨に繋ぎ目が緩んでズレが生じることも痛みやしびれの原因となります。

腰痛だと思っていたら、実は『坐骨神経痛』ということも!出産に向けて悪化しやすく、妊娠時にいきむことができない場合は帝王切開になる可能性が高まります。医師に相談し、早めに対処しましょう。

温めると効果的!

骨盤矯正ベルトを使っても緩和できない痛みは、温めると和らぐ場合があります。温かいお風呂に浸かり、日中は保温効果の高い衣類を身に付けるなど、下半身を冷やさないよう注意して過ごしましょう。

『破水』があるママもいます。

陣痛が起きる前に『破水』というイメージを持つママが多いかもしれませんが、破水は全員に起きることではありません。しかし、備えておくことは大切です。

破水とは!?

赤ちゃんが大きくなり、出産が近づくことで卵膜が破れてしまうことがあります。中の羊水が出てくることを『破水』といいます。破水は必ずしも起きるものではなく、また量にも個人差があります。

そのため、この時期に多い尿漏れやオリモノと勘違いするママも多いので、その違いを知っておくことは大切です。



破水の特徴

破水は無臭の人もいますし、独特な臭いがする人もいます。しかし、尿とは明らかに違う匂いがするで、「尿漏れかな?」と感じたら匂いで確認してみましょう。また、尿とは違い、自分の意思で止めることができません。

色は透明だったり、少し黄色や緑色がかっているなど個人差があります。

破水が起きても慌てることはありません!

破水は予兆なく突然起きるものだと考えておきましょう。また、破水が起きた後、陣痛までの時間には大きく個人差があります。慌てずに対処しましょう。

破水後の対処法

破れた卵膜から雑菌が入る恐れがあるため、シャワーを浴びることはおすすめできません。下着を取り替えて清潔にし、まずは産院に連絡を取ってくださいね。

すぐに陣痛が起きる場合がありますので、パパや身近な人に連絡をとったり、タクシーを利用するなどで病院に行きましょう。

1人での外出には注意が必要です!

いつ何が起こるかわからない妊娠38週目。1人での外出はできるだけ避けたいものです。近場でどうしても必要があるときは、次のことに注意しましょう。

外出時の注意点

万が一に備えて、母子手帳・携帯電話・保険証は必ず持ち歩きましょう。携帯電話には、タクシー会社の番号を登録しておきましょうね。

自分で電話ができない事態も想定し、緊急連絡先をわかりやすく記載した物を、カバンのわかりやすい部分に付けておくことも大切です。

陣痛タクシーは便利!

24時間365日対応してくれる、マタニティママ専用のタクシーがあります。事前に登録しておく必要がありますが、実際に陣痛が来たときは登録してある産院に向かってくれるため道案内の必要がありません。

救命講習を受けたドライバー、車内が防水仕様で破水に対応、ドライバーが妊婦さんを乗せることに慣れているという嬉しいメリットがたくさんあります。

利用できるかどうかは地域により異なりますが、事前に探して登録しておくと安心です。

【関連記事】
破水と尿漏れの違いは?破水の原因と対処法を解説

臨月での外出で気を付ける事!持ち物は?破水・陣痛がおきたらどうする?

出産の兆候を再確認!!

出産の兆候が見られたとき、慌てず対処することはとても大切です。

ママの気持ちの余裕がいちばん大切!

緊張したり、慌てたり・・・出産には必ずあることです。しかし、それらは筋肉を硬直させ、赤ちゃんに酸素が届きにくくなり、出産を辛くさせてしまいます。気持ちに余裕を持つために、兆候を再確認しておきましょう。

どんなことが起きても、心を落ち着かせることが安産につながります。

【関連記事】
妊娠10ヶ月(妊娠36週~39週)の症状と注意点と胎児の状態

妊娠39週目の胎児の状態とママの状態と注意点


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします