妊娠後期

妊娠35週目の胎児の状態とママの状態と注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

妊娠9カ月も、いよいよ最終週です。あと1週間で臨月に入ります。赤ちゃんの成長も最終段階に入っています。ママも、いつ出産になっても良いように、心の準備を整えておきましょうね。

では、妊娠35週の赤ちゃんとママの様子についてご説明します。



赤ちゃんはほぼ生存可能に!

この時期の赤ちゃんは、身長が45~46cm前後、体重は2500~2700gに成長しています。

生存率は90%!!

手首や足首がしっかりと出来上がり、肘や膝にはくぼみが出来ます。その他、胃腸や肺の機能も完成します。

この週に産まれると『早産』と分類されますが、生存率は90%と言われていますので、万が一陣痛が来たり破水しても慌てずに対処しましょう。

皮下脂肪が増えて体脂肪が8%に!

赤ちゃんは、よりふっくらとし、体脂肪も8%にまで増えています。

予定日まで成長します。

赤ちゃんは、小さく生んで大きく育てるのが良い!なんていいますが、それは大きければそれだけ出産が大変だという事実から言われる言葉です。

たしかに、大きければ産道はそれだけ大きく開きますし、ママも大変な思いをしなければなりませんね。しかし、この時期から出産予定日までの残り1カ月。

赤ちゃんは緩やかながらも、まだ成長し続けます。元気であれば大丈夫!健康であることを喜んでくださいね。

ママは血液量がさらに増えます!

出産時の大量出血に向け、ママの体の血液量がさらに増える時期です。

出産時に大量出血が!?

大量出血と聞くと心配されるママもいるかもしれませんが、出産のときには胎盤が子宮から剥がれるために、出血するのは普通のことです。心配することはありません。

ただ、血液量が少ないと輸血が必要になる場合もあるため、この時期に栄養バランスの整った食事を心がけることは大切です。

めまい、立ちくらみに注意!

この時期に血液が増産されるといっても、その濃度が濃くなるわけではありません。反対に、量が増える分薄くなります。

また、その多くが脳ではなく子宮に行き渡るため、頭痛やめまい、立ちくらみを起こすことがあります。階段の昇降には手すりを使い、ゆっくり歩く、立ちっぱなしを避けるなど、生活面では注意しながら過ごしましょう。



手足のしびれを感じることがあります。

妊娠後期には、多くのママが手足のしびれを感じます。

出産が近づいている証拠!

赤ちゃんが成長して大きくなることで、子宮の周りにある血管や神経が圧迫され、しびれの原因となります。また、骨盤が開くこともその周囲の神経を圧迫させるので、しびれにつながります。

これは、出産が近づいている証拠であり、多くのママたちが感じることで、特に心配することはありません。手を握ったり開いたりで刺激を繰り返したり、足を高くして寝ることで症状を和らげることができます。

誰もが経験すること、と言っても、あまりに辛いときは必ず医師に相談しましょうね。

前駆陣痛が起こるかもしれません。

実際の陣痛とは違うけれど、陣痛に似たような痛みを感じることがあります。早ければもっと前の段階から感じるママもいますが、妊娠9カ月~臨月が最も起こりやすい時期だといわれています。

妊娠後期には、多くのママが手足のしびれを感じます。

前駆陣痛と陣痛の違い

陣痛は、痛みが定期的な間隔で訪れ、次第に痛みが強くなっていきます。一方で前駆陣痛は間隔が不定期で、痛みは徐々に弱まっていきます。子宮が収縮することで起こる、いわば陣痛の予行練習のようなものです。

前駆陣痛の場合は、体勢を変えることで治まる確率が高いため、横になるなどで様子を見てみましょう。その違いを抑えておけば、慌てて病院にかけこむ心配はありません。

前駆陣痛から陣痛へ移行することも!?

前駆陣痛は、出産予定日の1カ月前、またはそれ以上前に起きることがあります。人によっては、まったく感じないこともあり、個人差が大きいものです。

場合にとっては前駆陣痛だと思っているところから陣痛へ移行することもあります。間隔や痛みの強さをしっかりと確認しつつ過ごしてください。

痛みが強く長く続くようになったり、規則的に変化していけば、陣痛が起こっているかもしれません。そう感じたときは、すぐに病院に行きましょう。また、判断が難しいときも必ず病院に行ってくださいね。

いよいよ臨月に入ります!

さて、もうすぐ臨月。赤ちゃんに会えるのも、もうすぐですね。

ゆっくり過ごしましょう。

臨月に入ると、いつ陣痛が来て出産が始まるか、誰にも予測がつきません。ママだけではなく、パパも、家族みんなも赤ちゃんの誕生を心待ちにすることでしょう。出産すると、慌ただしい毎日が始まります。

今、この時期にゆっくりのんびり過ごしておきましょう。穏やかに出産を迎えられるように、夫婦のたわいのない会話や食事などの時間を存分に楽しんでくださいね。


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします