妊娠後期

妊娠33週目の胎児の状態とママの状態と注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

赤ちゃんが子宮の中いっぱいに大きく成長しています。しかし、この成長は出産までもう少し続きますので、お腹はさらに重くなり、ママも新たに気を付けなければならない点も出てきます。

産休に入るママも多いことでしょう。ダラダラと過ごしがちな時期ですので、体調をしっかり管理しながら過ごしたいものです。妊娠33週目の赤ちゃんの様子と、ママの過ごし方の注意点についてお話しします。



子宮の中がだんだん狭くなっています。

赤ちゃんが大きく成長し、子宮の中で動くことが難しくなっている時期です。

赤ちゃんの位置が定まっているか確認!

この時期、赤ちゃんが頭を下にして骨盤内に治まっているのが理想であり、その様子が見られれば逆子になる心配はありません。

子宮の壁にぴったりと寄りかかっているような状態なので、大きく動くことが難しくなり、羊水の中で回転できなくなります。

逆子であれば医師と相談を!

この時期に逆子であれば、帝王切開になる可能性が高くなります。無理に逆子を治す体操等をすればお腹が張る原因につながりますので、体操をすることも医師に相談する必要があります。

逆子でも自然分娩したママもいますし、しっかりサポートしてくれる病院もあります。しかし、逆子の自然分娩にはリスクが伴うのも事実であり、最初から帝王切開で無事に出産することを優先する病院もあります。

分娩方法は医師や家族としっかり相談して決めましょう。

各器官の機能が成熟しています!

赤ちゃんの肺や骨など各器官の機能が成熟しています。出産まであと一歩です!

出産に向けてギリギリまで成長を続けます!

赤ちゃんの産声は肺呼吸が始まった瞬間である印です。そのために必要な肺の機能は、この時期に成熟します。骨も強く丈夫に育っています。

しかし、自己免疫機能や体温調節機能など、まだまだ未完全な部分もあり、出産に向けてギリギリまで成長していきます。

赤ちゃんにとっては『正産期』(妊娠37~41週)に産まれることが最も望ましいとされるので、それまではママも赤ちゃんに負担をかけないように過ごしましょう。



不眠症状に悩まされるかもしれません。

妊娠後期の新たな悩みとして『不眠』を訴えるママが多くいます。

黄体ホルモンの分泌量が影響

妊娠9カ月が終わるまでは黄体ホルモンの分泌量が増え続け、この時期は精神が不安定な状態になりやすいものです。そのため、なかなか寝付けないなど不眠を訴えるママがたくさんいるのです。

無理せず、昼間であっても眠気が襲ってきたときに寝ることで睡眠時間を確保するのが望ましいと思います。どうしても夜に眠れないときは、無理に寝ようと頑張りすぎず、温かい飲み物を飲むなどで心を安定させましょう。

お腹が大きくて苦しい・・・

お腹が大きくて苦しい、これも不眠の原因のひとつです。うつ伏せにも仰向けにもなれず、寝返りを打つことも難しくなる時期です。

股の間にクッションを挟んで横向きに寝たり、布団の下にマットを入れて角度を付けるなど、眠りやすい姿勢を探してみましょう。

オリモノの量が増えます。

ママの体が、出産に向けてさらなる準備を進めています。そのひとつが、オリモノの量が増えることです。

オリモノの状態は!?

この時期にオリモノの量が増える原因は、ホルモンの分泌量が影響しているからです。状態は、粘度が低く水っぽい場合もありますが、逆に粘度が高く黄色っぽいオリモノの場合もあります。

量が多いために、ライナーを付けても間に合わないこともあります。

膣のゆるみも原因です。

もうひとつの原因として、出産に向けて産道が開きやすく、膣もゆるみがちになっていることがあります。ママの体が出産に向けて変化している証拠です。

お腹が大きく、シャワーを何度も浴びるのは難しくなってくる時期です。ウォシュレットを使うなどで清潔を保つよう心がけてください。

自宅のトイレにウォシュレットが付いていない場合は、携帯用ウォシュレットを用意しておくと便利です。

大きなお腹を楽しみましょう。

臨月まで、もう少しですね。大きなお腹でいられる残りわずかな時間を楽しみましょう!出産への不安を解消することにもつながりますよ!

マタニティフォトを!

赤ちゃんが産まれたら、大きなお腹ともお別れです。臨月に入る前に、マタニティフォトを残しておきませんか?抵抗を感じる方もいるかもしれませんね。しかし、お腹を出して撮影するばかりではありません。

この時期限定のマタニティウェアを着用して自然体の写真を残すことも、素敵な記念になります!

写真館では、マタニティ向けのサービスが充実しているところもありますので、気になる方はお近くの写真館に問い合わせてみてくださいね。

【関連記事】
妊娠34週目の胎児の状態とママの状態と注意点

妊娠9ヶ月(妊娠32週~35週)の症状と注意点と胎児の状態

妊娠9ヶ月の旅行や遠出は大丈夫?この時期のお出かけ注意点


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします