子供の健康・食事

乳児の「でべそ(臍ヘルニア)」の症状と治療方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!最近ママになりました薬剤師ライターです!

臍(さい)ヘルニアご存じですか?でべその赤ちゃん、もしかしたら臍ヘルニアかもしれません。5~10人に1人の割合でみられ、けして少なくありません。でべそってお母さんは心配になりますよね?でも大丈夫、赤ちゃんにはよくあることです!!

気楽に向き合ってみましょう!!薬剤師として働いてきた経験と、勉強してきたことをもとに今回記事にしましたのでご紹介します。



臍(さい)ヘルニアとは??

生後間もなくへその緒が取れた後に,おへそがとびだしてくる状態を臍(さい)ヘルニアと呼びます。

生まれて間もない時期にはまだおへその真下の筋肉が完全に閉じていないので、泣いたりいきんだりしてお腹に圧力が加わった時に、筋肉のすきまから腸が飛び出してきてしまいます。その時、「でべそ」の状態となるのです。

臍(さい)ヘルニアの症状とは??

臍(へそ)が出ている部分に腸が入っているので、触れると柔らかく、少し押さえるとグジュグジュとした感じがして、お腹の中に戻っていきます。

しかし、泣くとお腹の圧が高くなり、また、腸が出た臍ヘルニアになってしまいます。このように、自然に出たり引っ込んだりすることがありますが、破れそうに見えても破れることはありません

臍ヘルニアの原因は??

でべそって病院の切り方が悪かったり、お母さんのケアの悪さの結果だと思っていませんか??そんなことはありません。

生後しばらくはへその緒が赤ちゃんについていますが、へその緒は乾燥し、自然に取れていきます。この時、体の中ではへその緒が貫いていた穴を閉じるように筋膜や瘢痕組織(はんこんそしき)と言うものが出来て穴を塞いでいきます

しかし、何らかの理由でこの穴が塞(ふさ)がっていない状態で皮膚だけが閉じてしまい、臍ヘルニアとなるのです。この原因はわかっていないのが現状です。

傾向としては、低体重の赤ちゃんに起こりやすいと言われています。



臍(さい)ヘルニアになって、赤ちゃんは大丈夫!??

臍(さい)ヘルニアになったとして、多くの場合は問題ないでしょう。要は、見た目だけの問題になるということです。

しかし臍ヘルニアは病気として扱われ、健康保険で治療可能です。その理由は臍ヘルニア嵌頓(かんとん)と言って、ヘルニアの穴にお腹の中の腸がはまり込む病気の恐れがあるからです。

多くの場合問題ないと言いましたが、この臍ヘルニア嵌頓(かんとん)の可能性は非常に低く2歳まではヘルニアの穴が閉じる可能性が90%程あるのであまり焦って治療する必要はないのです。

臍ヘルニア治療法は2種類!!

その1、二歳までは経過観察(圧迫テープを使いながら)

自然に放置していても治ると言われていますが、圧迫テープを用いることもあります。圧迫テープを用いる場合は皮膚が伸びきる前に、できれば新生児のうちに使用するのがいいとされています。

その2、二歳以降は手術で治療する

2歳を過ぎると自然治癒は見込めません。

  • ・ヘルニアが痛みの原因となっている
  • ・ヘルニアの大きさが1.3センチ以上である
  • ・血流が遮断されている
  • ・ヘルニアが外観を損なうほど大きい

この場合に手術が適応されるそうです。

臍(さい)ヘルニア=まとめ=

いかがでしたか?赤ちゃんの臍(さい)ヘルニアは自然に治ることが多く、怖がることはありません。成長にはなんら影響がないのです。

しかし、将来、臍ヘルニアを気にして過ごすようになってはかわいそうですよね。できるだけ早く医師に相談し、将来気にしなくて済むようにしてあげたいですね!


この記事を書いたママ

あやと

0歳児の育児に奮闘中の新米ママです。薬剤師で仕事をしている傍ら、その経験や薬のお話などについて、ためになるような情報をお届けしたいです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします