妊娠中期 妊娠後期 妊婦の健康・食事

どうしても消したい!妊娠線って消えるの?出来てしまった妊娠線の対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!中1の娘と5年生の息子がいるママライターです。

ある日、妊娠線が出ていることに気づいてしまったら...ショックですよね。まだまだビキニも着たい!出産しても美しい体でいたい!そんな美の意識が高いあなたに、出来てしまった妊娠線の対処法をお伝えします。



妊娠線は消える?

妊娠線は産後目立たなくなっていく

出産前にできた妊娠線は、皮膚の血液の色が透けて赤紫色をしています。

これが出産後、伸びたお腹の肌が元にもどり、時間が経つにつれて白っぽく目立たなくなっていきます。

妊娠線は完全には消せない

残念ながら出来てしまった妊娠線を完全に消すことはできません。

それは、妊娠線が「真皮」と呼ばれる肌の奥の組織まで断裂が入った状態だからです。

通常、切り傷などは数日すると治ります。これは、「表皮」と言われる表面上の傷だからです。この表皮の傷であれば、通常は28日程度で新陳代謝により傷が治るのですが、真皮の傷は数年かかってしまいます。

そのため、肉芽組織という細胞が増殖して、傷口をふさぎます。この肉芽組織は、周りの細胞よりも色が白いので、ふさいだ跡が白光りします。これが、妊娠線の跡なのです。

レーザー手術という選択肢もありますが...

美容整形外科でレーザー手術などを受ければ、消すことも可能です。でも、その後の治療も長期間に渡り、保険が効かないものが多いので、金額的に現実的ではありません。産前産後から妊娠線をケアすることで、より薄く、目立たなくすることを目指しましょう。

対策①保湿する

乾燥しないように注意

妊娠線で大敵となるのが乾燥です。妊娠中はホルモンの影響で肌は乾燥しやすい状態にあります。保湿することで乾燥を防ぎ、できてしまった妊娠線を改善し、更に広がるのを防ぎます。

妊娠線用のクリーム・オイルを使用

保湿の方法には、クリームとオイルの2種類があります。保湿効果の高さを優先するならオイル、つけ心地や匂いの好みを優先するならクリームを選ぶのがベストです。それぞれの欠点を補った商品の開発も進められているので、つけ心地や匂い、コスト面などで自分に合ったものを選びましょう。

【関連記事】
妊娠線にはクリームとオイルどちらがいい?選び方と効果的な使い方


対策②新陳代謝を促す

内側から治癒力を高めていく

妊娠線は皮膚に亀裂が入った傷のよのうなものなので、肌が再生する力がアップすると、早く目立たなくなります。クリームやオイルなどを外から塗るという方法は体の外側からの対策ですが、こちらは内側から治癒力を高めていく対策です。

体をあたためる

体温が1度下がると、新陳代謝が12%下がると言われています。体をあたためて、新陳代謝力をアップさせましょう。

まず冷たい飲み物よりも温かい飲み物を選ぶことで、体をあたためます。氷の入ったジュース、炭酸などよりも、温かいお茶やココアを選び、お水もできるだけ冷たいものよりも白湯を飲むことを心がけましょう。

また、体をあたためる作用のある食物も有効です。かぼちゃ、たまねぎ、にら、にんにく、ごぼう、大根などは体をあたためてくれます。反対に、きゅうり、トマト、ナス、レタスなどは体を冷やす性質があるので、注意しましょう。

ヨガやストレッチで筋力アップ

新陳代謝を上げるためには、筋力アップも効果的です。

筋肉には、重いものを持ったり走ったりする時に使われる白筋と、呼吸や血液などの循環器を動かす赤筋の二種類があります。赤筋を鍛えると、新陳代謝がアップします。

ヨガやストレッチなどのゆっくり体を動かす運動で、赤筋を鍛えていきましょう。

【関連記事】
妊娠安定期に楽しむ!マタニティビクス・マタニティヨガなどオススメ5つ!

妊娠線は赤ちゃんがお腹にいたという証

完全には消えない姙娠線。でもそれは、赤ちゃんがお腹にいたという証でもあります。

妊娠線を悪いものととらえずに、まずは十分にケアすることで、目立たなくなることを目指しましょう。


ベルタマザークリーム


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします