妊娠中期 妊娠後期 妊婦の健康・食事

妊娠線はなぜできる?その原因とは?どこにできる?できやすい人はどんな人?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!中1の娘と5年生の息子がいるママライターです。

妊娠週数が進むにつれて、お腹が大きくなっていく時、ふと気がつくと、お腹に縦縞の線が!それは妊娠線です。

妊娠線ができる原因や、できやすい場所、できやすい人を知ることで、未然に防いだり、できてしまった際のケアにつなげていきましょう。



妊娠線はなぜできるの?

妊娠線ができる原因は、2つあると考えられています。

原因①お腹の伸びに皮膚の内部がついていけないため

妊娠線は、「肉割れ」と表現されることもあります。

妊娠してお腹が大きくなるのに伴って、皮膚が徐々に伸びていくのですが、伸びやすい表皮に比べ、真皮や皮下組織の一部は弾力性がなく、急激なお腹の伸びについていくことができません。

それが限界に達した時、表皮に亀裂ができて、線となってあらわれます。

これが妊娠線です。

表面上の傷だけなら新陳代謝でいつかは治るものですが、妊娠線ができる時には真皮にまで断裂が入るので、なかなか治りにくくなるのです。

原因②肌の弾力がなくなるため

妊娠中は、「コルチコ・ステロイド」というホルモンの分泌が増加します。このホルモンは、肌に弾力をもたらす繊維を作る細胞「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」の増殖を抑えてしまいます。

結果、皮膚が薄く固くなって敏感になり、新陳代謝が正常に行われなくなります。

こうして弾力を失った肌では、妊娠していない状態の時よりも、断裂が入りやすくなるのです。

妊娠線はどこにできる?

脂肪が厚い場所に、できる可能性があります。

圧倒的に多いのがお腹

妊娠することで、一番肌が伸びる率が大きいのがお腹。赤ちゃんのいる子宮は下の方なので、お腹は丸く均一に伸びていくのではなく、下にたれたような状態で伸びていきます。

妊娠線はお腹の下の方にできることが多く、自分では見えないこともあるので、発見が遅れがち。お風呂あがりなどに自分で鏡で見たり、家族にチェックしてもらいましょう。

油断しているのが胸

妊娠によって、胸も大きくなります。臨月までには2カップ大きくなっているということもあるので、急な膨らみに肌の伸びがついていけなくなります。乳房の下部を中心に、チェックしていきましょう。

ただしケアする場合、胸をあまり刺激するとお腹が張ってしまう危険があるので、刺激をしないよう注意が必要です。

二の腕・ふとももにもできます

どちらもやわらかく、皮下脂肪が多くて脂肪がつきやすいので、妊娠線が出る場合があります。

お腹や胸に比べて、人の目にふれることもある場所なので、特に妊娠線ができて欲しくない場所。胸以上に油断しがちなので、できていないかのチェックは必須です!



妊娠線ができやすい人はどんな人?

経産婦さん

一人目の時に妊娠線が出なかった、と油断する方が要注意。

一度妊娠したことで子宮が伸びているので、前回よりもお腹が急激に大きくなる場合が多くなります。そのため、急激な変化にお腹の皮膚がついていけず、二人目の時には妊娠線が出るという人が多くなります。

初産の時は20~30%だった妊娠線のできる確率が、経産婦さんになると70~80%にまで増えます。

特に、一人目のお子さんが3500g以上で大き目の赤ちゃんだった場合は、子宮やお腹の伸びも大きいので、一気にお腹がおおきくなって、二人目は妊娠線が出た!というケースになりやすいのです。

多産児妊婦さん

一人の子供を妊娠するよりも、二人、三人となる方がお腹が大きくなる割合が大きく、妊娠線が出やすくなります。

妊娠線ができる可能性が高く、またひどく残ってしまうケースもあるので、早目の予防は必須と言えるでしょう。

高齢出産妊婦さん

高齢になると、肌に潤いや弾力性がなくなってきます。そのため、皮膚に強い力がかってもなかなか伸びずに、妊娠線が出やすくなります。

個人差があるので、高齢でももともと肌に弾力がある人は妊娠線が出にくい場合もありますが、出やすいということを把握しておきましょう。

小柄体型妊婦さん

小柄な人は、もともとお腹の皮膚の面積が小さいので、大柄な人に比べると皮膚が強く引っ張られてしまうため、妊娠線が出やすくなります。

乾燥肌妊婦さん

潤いがあって伸縮性のある肌には妊娠線があまり出ません。もともと乾燥肌の人は妊娠線が出やすく、妊娠によって更に肌が敏感になるので、どうしても妊娠線が出やすくなります。

妊娠線には早目の予防を

妊娠線が出やすい人のタイプに当てはまっている!という方は、早目の予防対策をとっておきましょう。

妊娠線のストレスにわずらわされず、その分赤ちゃんのことをたくさん考えてあげられるように、妊娠線の原因を理解し、早目にケアしていきましょう。

【関連記事】
妊娠線予防はいつからはじめるべき?予防方法まとめ

どうしても消したい!妊娠線って消えるの?出来てしまった妊娠線の対処法

妊娠線がかゆい…かゆみを抑える対処法


ベルタマザークリーム


この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします