妊娠初期 妊婦の健康・食事

妊娠3ヶ月で気を付ける事まとめ!飲酒・たばこ・カフェインの影響など14項目

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!妊娠8ヶ月目に入ったばかりの新米ママです。

今回、初めての妊娠で安定期に入るまでは毎日ドキドキしながら過ごしていました。3人目を妊娠しているママも、やっぱり安定期まではドキドキして過ごしていたそうです!

そんなみんなが不安と期待を胸に抱きながら過ごす妊娠初期、特に3ヶ月目で気を付けることをまとめてみました。



アルコールは赤ちゃんにも届いてしまい流産のリスクを高める

習慣的な飲酒は、流産や低出生体重児出産の可能性を高め、赤ちゃんが異常を持って生まれてくるリスクが高くなります。アルコールは胎盤を通過し、そのまま赤ちゃんに吸収されます。まだ小さな赤ちゃんにとって、ママのほんのひと口が大きなリスクに繋がっていることを忘れないでください。

【関連記事】
妊娠中の飲酒が及ぼす赤ちゃんへの悪影響!酒豪の私が禁酒した理由

たばこは赤ちゃんに酸素や栄養の供給を妨げ早産・流産リスクを高める

喫煙でママの体内へ取り込まれたニコチンや一酸化炭素、シアン化合物が、赤ちゃんに充分な酸素や栄養素を行きわたらせるのを妨げます。その結果、 早産や流産のリスクが高まります。乳幼児突然死症候群とも関係することがわかったそうです。ママに限らず、たばこは身体に良くありません。妊娠前まで喫煙者だったママも、これを機に生活を見直してはいかがでしょうか。

カフェインは血の巡りを悪くし、ハーブティーは子宮収縮作用をおこす可能性も

コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには血管を収縮する作用があり、血の巡りを悪くします。 ハーブティは、子宮収縮作用をおこすものもあるので、専門家や売り場の方に確認しながら飲用するようにしましょう。

重い荷物は持たず、高い所へは無理に手を伸ばさない

これから、ママの体型はどんどん変化していきます。重い荷物は持たないこと、高いところへ無理に手を伸ばさないことは、ママの鉄則です。

虫歯や歯周病を起こしやすくなる早めに歯科へ

ホルモンバランスや体調の変化から、ママは虫歯や歯周病を起こしやすくなります。産後の通院は時間的にも難しいことが多いので、ママになったらまずは歯科検診へ行きましょう。

頻尿になるが出産と共に治る

さっきトイレに行ったのに、すぐ行きたくなる。トイレに入ってもあまり出ない。妊娠中は頻尿になりますが、生理的なもので病気ではありません。出産と共に治りますので安心してください。

おりものの量が増えがちに

妊娠中はホルモン分泌が大きく変化し、おりものの量が増えがちです。時には固まり状のおりものがでることもありますが問題はありません。ただし、痛みやかゆみを伴い、 いつもと臭いが異なる場合には、医師の診断を受けてください。



皮膚が敏感になりかゆみやかぶれが出る事もある

ホルモン分泌の変化が原因で、皮膚が敏感になっています。 お腹などのやわらかい部分の皮膚がかゆかったり、今まで使っていた化粧品でかぶれることもあります。かゆみが酷い時には、医師の診断を受けましょう。かゆみ止めや保湿クリームなど、適切な処方をしてもらえます。

貧血ががちになり立ちくらみなどの症状に注意をしましょう

赤ちゃんはママの赤血球の素となる鉄分も吸収して成長します。そのため、 ママは貧血になりやすい状態になります。立ちくらみなどの症状がでることも。鉄分をしっかり摂ってトラブルに繋がる前に予防しましょう。

妊娠高血圧症候群に備えて予防をしておきましょう

妊娠20週以降、分娩後12週までの間に高血圧の症状がみられる症状をいいます。妊娠高血圧症候群になる原因は様々ですが、身体の様々な箇所がトラブルの要因になり得ます。予防は一概にはまとめられませんが、 下記の項目を意識し、規則正しい生活を心がけましょう。

    【妊娠高血圧症候群を予防するための5つの項目】

  • ① ストレスを避ける
  • ② カルシウムを積極的に摂る
  • ③ 適度な運動をする
  • ④ 塩分を控えめにする
  • ⑤ 動物性脂肪を控える
【関連記事】
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)ってどんな病気?原因は?症状は?

手足がむくみやすくなります

寝ている間は血液がゆっくりと流れます。そのため明け方は特に手足がむくみやすくなります。

めまいが起きた場合は安静にしましょう

妊娠によって増加したホルモンの影響で、立ち上がった時などにめまいを起こしやすくなります。しばらく楽な姿勢で安静にしていれば治まることがほとんどです。貧血や空腹、睡眠不足などが原因のことが多いようです。

動悸や息切れが起きる事もありますが心配はいりません

妊娠すると心拍数が増えます。呼吸数や血液量もどんどん増えていきます。したがって、 妊娠中の動悸や息切れは生理現象なので、あまり心配はいりません。

腹部の痛みを伴う出血は病院へ

原因は様々で、問題のない出血もありますが、だらだらと長く続く出血や、腹部の痛みを伴う出血の場合には、すぐに病院へ連絡をしてください。

最後に

いかがでしたか?ママの身体は赤ちゃんの成長と共に、これからどんどん変化していきます。妊娠3ヶ月目は、ママの身体が赤ちゃんを受け入れるためのいわば準備段階です。つわりのピークの時期でもあります。身体の変化を受け入れて、無理をせず、頑張り過ぎない生活を心がけてくださいね。

【関連記事】
妊娠3ヶ月(妊娠8週~11週)の症状と注意点と胎児の状態

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします