妊娠中期

妊娠21週目の胎児の状態とママの状態と注意点

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

妊娠21週は、赤ちゃんの胎動を感じるママも増える時期です。赤ちゃんとのコミュニケーションをたくさんとり、愛情をたっぷりと伝えてあげてくださいね!安定期に入って1カ月が過ぎたこの時期は、妊娠が発覚してから次の季節に移り変わる頃ですよね。

季節の変わり目と、安定期への慣れと油断から、体調を崩すママも多くいます。もう一度気を引き締めて、生活態度を見直してみましょう。では、妊娠21週目の赤ちゃんとママの様子についてご説明します。



赤ちゃんの睡眠サイクルが確立し始めます。

寝る時間と起きている時間が、短いサイクルで繰り返されます。

胎動に注意して感じてみましょう。

この頃の赤ちゃんの胎動はまだ弱いので、注意しなければ気付かないことも多いと思います。ゆったりとソファーに座ったり、横になった時に、お腹に手をあてて胎動を感じてみましょう

よく動く時間帯と、まったく動かない時間帯で赤ちゃんの睡眠サイクルを知ることができます。

睡眠時ポーズの癖がある赤ちゃんもいます!

エコー検査のとき、タイミング良く寝ていることが重なれば、そのポーズをよく見てみてください。頭を左右に傾けていたり、手を顔に持って来る、顎を下げてうつむくように寝ている・・・など、毎回同じかもしれません。この頃から、意識しなくても 同じポーズをする『癖』がついている赤ちゃんもいます

まぶたの上下が分かれ始めます。

ずっと閉じていたまぶたの上下が成長し、離して開けることができるようになります。

『光』がわかるように!

まだ開けている時間は短く、少しずつの進歩になりますが、光がわかるようになります。子宮の中は暗闇です。お腹に強い光を直接当てても、光の強さはその1/3~1/4程度にまで落ちてしまいます

そうは言っても、常に暗闇にいる赤ちゃんですから、小さな光にでさえも驚き、反応を示すのです。また、昼間は外に出てお散歩をしたり、夜はママも早く寝る習慣を付けることは、赤ちゃんの体のリズムを整えることにも繋がります

もうすぐエコーに全身が写らなくなる!?

この頃の赤ちゃんは、21週目では身長が25cm、体重が300~500g前後になります。その成長は著しく、エコー写真に全身が写らなくなる日も近いでしょう。

【関連記事】
胎児の成長曲線!週数別の身長・体重・発達まとめ

思い出のアルバムに!

毎回の検診時にもらえるエコー写真を、思い出の記念としてアルバムに残すママはたくさんいるようですね。写真立てに入れて飾ったり、アルバムに収めたり、手帳に張り付けたり・・・。

しかし、エコー写真は感熱紙であることを覚えておいてください。直射日光のあたる場所や、冷蔵庫に張り付けるなどで簡単に色が抜けてしまいます。また、しっかり表面を空気と光から遮断しなければ、年数が経って劣化することになってしまいます。

おすすめの保管方法

スキャナーで読み込み、データ化しておくと安心です。ネットプリントや自宅のプリンターで印刷し、保管に適したアルバムに入れたりラミネート加工すると長期保存に耐えられるでしょう。また、データを活用してフォトブックにするのも素敵なアルバムになり、おすすめです!



体型の変化に不安を覚えるママも・・・

妊娠21週目になると、お腹の膨らみが顕著になります。体型が変化することに不安を覚えるママもいるかもしれませんね

お腹の出方は人それぞれです!

細い体でお腹だけがポッコリ前に付き出る人、お腹全体が大きく丸く風船のように膨らむ人縦長に大きくなる人横長に大きくなる人、その形は人それぞれです。

大きすぎるから元に戻りにくいとか、小さすぎるから赤ちゃんが不健康などということはありません。お腹の出方で一喜一憂せず、赤ちゃんが無事に育っているかどうかが大切です。

無理に細く見せようと、締め付ける服を着たり、きつめの下着を付けることは各器官の働きを妨げますので注意しましょう。

産後の体引き締めに効果のあること

妊娠までに膨らむお腹は、皮も伸び、皮下脂肪も付きます。出産後になってから引き締め運動することも、もちろん効果はあります。

しかし、安定期である今からマタニティヨガやストレッチなどを行うことで、余分な皮下脂肪が付きにくく、産後の戻りも早くなります。また、最近は巻かないママも多い腹帯をきちんと巻くことで、お腹のたるみを抑えてくれます。

ベビー用品の準備を始めましょう!

出産間近になって慌てないよう、今のうちにベビー用品を準備してしまいましょう!

必要な物の入手方法から考えましょう。

まず初めに、必要な物リストを作りましょう。その中で、余計な出費を抑えるためにも、次の項目に分けて考えてみましょう。

1、買うべきもの

オムツや衣類などの消耗品は絶対に必要ですね。

2、借りもの

ベビーベッドなど、一時的な大型家具はレンタルを活用すると便利!

3、リサイクル

ベビーカーなど高価なものは、まず中古で探してみると新品同様の物が見つかるかもしれません。

4、代用品

ベビーバスを衣装ケースで代用するなど、買う必要がないもの。1日で済ますことはできないので、パパの手を借りられる週末などを利用して、少しずつ準備を始めましょうね。

【関連記事】
出産前に準備しておくべきだったなと後悔したこと5つ

妊娠22週目の胎児の状態とママの状態と注意点


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします