子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

生後6ヶ月の身長・体重の平均!男の子は?女の子は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

はじめまして。1歳の娘を育児中のYOKOです。

1歳までの赤ちゃんはめまぐるしいスピードで成長していきますね。特に初育児の「ママ」「パパ」は我が子が健康に成長してくれているか、というのはどうしても気になってしまうものです。

今日は生後6ヶ月の赤ちゃんの体の発育についてお話していきます。



6ヶ月の赤ちゃんの体の成長

6ヶ月の赤ちゃんの平均身長と体重を男の子・女の子別に以下に示します。

男の子の場合身長が63.6〜72.1cm。体重は6.4〜9.6kg

女の子の場合…身長が61.7〜70.4cm。体重は6.1〜9.1kg

が平均となります。あくまで目安とはなりますが、この頃から成長のスピードは緩やかになってきます。身長は1ヶ月に1センチ体重は1ヶ月で約300gの増加があります。

成長曲線から大幅にはずれていたり、成長が止まっている場合は注意が必要なので1度医師に相談してみましょう。

ただ、この頃になると離乳食が始まったり、寝返りやズリバイが出来るようになってくるので特に体重の増加には個人差がでてきます。食欲旺盛なぽっちゃりの赤ちゃんやなかなか身にならないほっそり赤ちゃんと体型も様々です。

体重が増えない大きな要因は栄養面と考えられますが、成長のスピードはそれぞれなのであまり神経質になりすぎないようにしましょう。

逆に太りすぎている場合にも単に食欲旺盛でおっぱいやミルクをたくさん飲むくらいであれば問題ありません。この頃の赤ちゃんは太りすぎているからといって大人の肥満とはワケが違います

動き出すようになるとどんどん体は引き締まっていきますよ。まわりの赤ちゃんを見て不安な気持ちになっていませんか??

成長スピードには3ヶ月の個人差が出ると言われています。体の発育がゆっくりな赤ちゃんもたくさんいるので、少し遅れていても気を落とさずにあたたかく成長を見守ってあげてくださいね。



こんな事ができるようになる

おすわりや何でも口に入れる動きが出る

生後6ヶ月になるとおすわりが安定して出来るようになってきます。おすわりが出来ることで視野が広がり、周りを見渡せるようになります。ママが側から離れてどこかにいこうとすると、泣いてママを呼んだりもします。

どんどん自由に体を動かせるようになってきて、おもちゃや家にあるのもすべてに興味が湧いてきます。手の届く物はなんでも触って口に入れるようとするのでそろそろ家の中のものは赤ちゃんの手の届かない高さまであげたり、収納BOXに入れたりして危険から守ってあげましょう。

寝返りが出来るようになる

90%の赤ちゃんがこの頃には寝返りができるようになります。

体が大きめな赤ちゃんほど寝返りするのにたくさんの筋力が必要となるので、寝返りをするのはゆっくりになる傾向があります。我が子も6ヶ月の際はほっぺが落ちそうなくらいパンパンでなかなか寝返りもできませんでした。

女の子のわりにどっしり感がすごくて、こんな感じで本当に寝返りできるようになるのかと少し不安に思った時もあったのですが、寝返りがはじまるとトントン拍子でつたい歩きまでいきましたよ。足や手を動かすのがだいぶ上手になってきて、両手を合わせたり、自分の足をつかんで遊んだりします。

離乳食が1回食から2回食へと変わる

離乳食は1回食、2回食にすすむ子もいます。まだまだなめらかにすりつぶした状態のものをあげてくださいね。離乳食後のミルクやおっぱいは欲しがるだけあげて大丈夫です。

お口ケア

生まれつき生えている子もまれにいますが、この頃から前歯だけはえてくる子が多いので、そろそろお口のケアをはじめましょう♫

歯が生え始めた頃から使える柔らかい歯ブラシがあるので、赤ちゃん用の歯磨きジェルをつけて磨いて汚れをとってあげてから歯磨きナップでお口の中を拭き取ってあげましょう。

歯茎や舌も拭き取ってあげるとより衛生的です。嫌がる子も多いかと思うのでなるべく”楽しい”という雰囲気をママがつくってあげましょう。

いい子にできれば笑顔でよしよししてあげると赤ちゃんも喜んでくれます。はじめての子育ての「ママ」「パパ」はわからない事だらけで大変ですが、神経質になりすぎず頑張っていきましょう♫

【関連記事】
生後6ヶ月の赤ちゃんが夜泣きで大変!夜泣きの原因と対策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします